以前、話題にした温排水について、簡単にまとめてみました。
 
まず、計算の前提条件を列記しておきます。
 
1.熱効率は、発熱量から取り出せる電力の割合とする。
2.各発電方式毎の熱効率は、以下のように決める。
   原子力発電=30%、火力発電=40%、コンバインド発電=60%
3.ボイラーの熱効率は、85%とする。
4.ボイラーの排熱は、全て排気として大気に放出されるものとする。
5.ボイラーの排熱、及び発電力以外のエネルギは、温排水になるものとする。
6.コンバインド発電は、一段目をガスタービン、二段目を火力発電とする。
  一段目の排気は、全て二段目のボイラーに利用され、効率は85%とする。
 
この条件で、温排水として捨てられる熱をグラフにしてみました。
 
イメージ 1
 
一目でわかるように、原子力発電の温排水の量は、他の発電方式に比べ、圧倒的に多いことが分かります。
コンバインド発電に比べれば、二倍をはるかに超えます。
温排水だけを考えれば、原子力発電が最も環境負荷が高いことになります。
 
さて、火力発電(コンバインド発電を含む)の弱点の一つは、二酸化炭素排出量ですが、今回は、それを無視して話します。
 
前述のように、温排水の量は、原子力発電が極端に多いのですが、地球環境に排出される熱としては、少し状況が変わります。
まず、原子力発電では、温排水以外の排熱は、基本的にありません。
ですが、火力発電では、10~15%が排気ガスの形で大気中に熱を放出します。
また、発電した電力も、照明であれ、動力であれ、冷暖房であれ、大半は最終的に熱の形で環境に残ります。
これらを考えると、実質的には、熱に関しては、熱効率に比例して環境に負荷をかけていることになります。
 
それを踏まえても、原子力発電は、排熱に関しては最も環境負荷が高いことになりますが、差はいくらか減ってくることが分かると思います。
 
あとは、
二酸化炭素の問題、放射性廃棄物の問題、事故時の問題などを
総合的に考えて、どの発電方式を選ぶのか、
それぞれが考えるべきだと思います。