風力発電設備は、太陽光ほどではないにしても、風力発電も充実してきています。
2014年度末時点の日本の風力発電設備は、2034基に達しているそうです。
世界全体では、2014年の総設備容量は、約37000万kWだそうです。
 
 順位  国   総設備容量(概算値)
 1位 中国    11500万kW
 2位 米国     6600万kW
 3位 ドイツ    3900万kW
 4位 スペイン   2300万kW
 5位 インド    2200万kW
  :
 19位 日本      293万kW
 
経済産業省が発表した2030年度のエネルギー需要見通しでは、以下のように発表されています。
 
★全エネルギー需要に占める電力の割合 28%
★電力の発電方式別の割合
 ・原子力     20~22%
 ・再生エネルギー 22~24%(内、風力は1.7%分を担う予定)
 ・液化天然ガス  27%
 ・石炭      26%
 ・石油       3%
 
このblogでは、繰り返し書いていますが、太陽光にしても風力にしても、蓄電との関係が気になるところです。