先月の初めごろは、「温暖化は嘘! 地球は寒冷化している」と話題になりました。
ところが、平年より9日も早く桜が開花し、温暖化の影響との認識が拡がっています。
日本の季節感は、近年の異常気象で崩れ始めています。

少し先の事になりますが、梅雨入りと夏の暑さの関係も、異常気象の一つかもしれません。


一部の人々の間では、「梅雨入りが早いと冷夏になる」と囁かれています。
かく言う私も、この噂に関心があり、例によって調べてみることにしました。
 
梅雨入り・梅雨明けは、1951年から記録が残っていました。
そこで、東京のデータを基に、1951年から2014年までの梅雨入り・梅雨明けと気温・日照時間・雨量との相関係数を求めてみました。
 
イメージ 1
 
その結果、梅雨明けと7月の気温は負の相関がありました。
つまり、梅雨明けが遅いと7月の気温は低めになる傾向が見られるのです。
これは、考えてみると当たり前の話で、7月の下旬まで梅雨明けしないのですから、7月の気温は低くなるのは当然です。
8月の気温とは、ほとんど相関がみられないので、梅雨明けと気温の関係は薄いと思われます。
 
イメージ 2
 
 
 
日照時間も、7月とは強い相関がありますが、8月とは相関がみられないので、実際には梅雨明けとの関係は薄いと思います。
 
イメージ 3
 
 
梅雨入りと関係がありそうな気候は、雨量のようです。
梅雨入りと7月の雨量はほとんど相関がありませんが、8月の雨量は、梅雨入りが遅いほど雨量が少なくなる傾向(弱い負の相関)が見られます。
また、梅雨明けとは7月も8月も弱い正の相関がみられます。
つまり、梅雨明けが遅いと、7月も8月も雨量が多くなるようです。
 
イメージ 4
 
 
総じて言える事は、梅雨入り・梅雨明けと冷夏は、あまり関係なさそうです。



ところで、1963年は、5月6日と極端に早い梅雨入りでした。
本当に、5月初旬から梅雨入りしていたのかと調べたところ、雨量こそ特別に多くありませんでしたが、日照が短く、梅雨らしい曇天が続いていたようでした。
梅雨入りしていたと考えても問題なさそうです。

(意味のない話でした・・・)