そろそろ八重桜が見頃になる事ですね。
でも、ソメイヨシノは散ってしまいました。
散る前に千鳥ヶ渕で撮影したソメイヨシノを見ながら、反省会を続けましょう。

千鳥ヶ渕

前回までの検証で、サクラの開花予想が問題点だらけだったことが分かっていますが、
大きく分けて(?)、気温の予想と、サクラ開花の法則の2点です。
今回は、気温の予測について、少しだけ深堀してみました。


昨年のサクラの開花予想では、2日だけでした。
昨年との違いは、計算に用いたプログラムの他に、計算に使用した気象データの期間が
あります。
今年の気温の予測で使用した気象データは、1953年1月17日~2018年1月16日
でしたが、昨年のサクラの開花予想では、2016年7月1日~2017年2月23日の
気象データを用いていました。
そこで、使用する気象データの期間を短くした場合との違いを検証することにしました。

 気象データ期間=1954年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=1986年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=2002年~  サクラ開花予想日=3月25日
 気象データ期間=2010年~  サクラ開花予想日=3月27日
 気象データ期間=2014年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2016年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2017年~  サクラ開花予想日=3月23日

全体の傾向としては、気象データの期間を縮めた方が、精度が高まるように思えます。
見方を変えると、気候の変化が激しく、長い期間の気象データを用いた方が変化に追随
できなくて、このような結果になっているのかもしれません。