四季の始まりがどう変化したのか、まとめてみると、こんな感じです。
 
 春。東京の桜の開花は、50年間で3日早くなった。
 夏。東京の梅雨明けは、50年間で2日遅くなった
 秋。富士山の初冠雪は、110年間で4日遅くなった。
 冬。東京の初雪は、50年間で21日も遅くなった
 
これが季節の訪れの変化を表しているかは怪しいのですが、全体としては暖かくなっているように感じますね。
 
もう少し具体的なデータや、これから追加していく予定です。
 
ここでは、地球温暖化が既に始まっていることを感じてもらえば、私の目的は達成したことになります。
地球が温暖化すると、食料生産量が減少します。
その理由については、少し先で述べたいと思います。