今年は、大雪が降りましたね。 
世間では、大雪になったことで、地球寒冷化が話題になったほどです。

寒冷化はともかく、地球温暖化の中での大雪については、不思議に思った方は少なくないでしょう。
でも、その理由を説明することは、専門家でも難しいと思います。
なぜなら・・・
 
イメージ 1
 
                   
 
温暖化が進むと、台風は大きくなると思いますか? 
地球シミュレータの結果を基に、台風が巨大化するとマスコミが騒いでいるので、そう思っている方がほとんどだと思います。
でも、違うんじゃないでしょうか。
 
過去の台風を調べてみると、年々台風は弱くなっていることがわかります
日本に上陸する台風も、減っているのです。
そんなはずはないと思うでしょうが、統計データから事実だとわかります。
名前が付いた台風も、室戸台風(1934年)、枕崎台風(1945年)、伊勢湾台風(1959年)、第二室戸台風(1961年)と、すべて50年以上も前の台風ばかりです。
 
温暖化する前のデータだと言う方も居るでしょうが、過去100年間で1℃以上も気温が上昇している事実は、ずっと前に書きました。
気温が上昇する中で、台風は規模も数も縮小方向なのです。
 
地球シミュレータ
 
でも、台風の巨大化は、シミュレータで計算した結果のはずです。
ここで考えなければならないのが、シミュレータの計算精度です。
有限要素法で計算するシミュレータの精度を落とす要因は、入力するデータの精度、計算する点数、計算桁数などがあります。
本当か嘘か、15桁目の誤差が結果に影響するとの話も聞いたことがあります。
気象シミュレーションは非常に難しいので、「温暖化で台風は巨大化する」とのシミュレーション結果が間違っている可能性は残ります。
 
今回の大雪も、いろいろと解説を付けることはできますが、実際のところ、温暖化の中で大雪になった理由を正確に説明することは、難しいところです。
地球温暖化がどう進んでいくのか推定することは非常に難しいことを理解した上で、政府も、私たち個人も、温暖化に対応しなければならないという事でしょう。