地球に生命が誕生して38億年余り。
これまで、生命は5回の大量絶滅を経験してきました。
そして、まさに今、6回目の大量絶滅が始まっているのです。
 
 
最初の大量絶滅は、約4億4400万年前にありました。
オルドビス期からシルル期へと移る際に起きた大量絶滅で、85%の種が絶滅したとされています。
原因ははっきりしていませんが、6000光年以内で起きた超新星爆発によるガンマ線バーストを受けたことが原因とする説があります。
 
 
二度目の大量絶滅は、約3億6700万年前にありました。
デボン紀から石炭紀へと移る際に起きた大量絶滅で、82%の種が絶滅したとされています。
こちらも原因ははっきりしていませんが、気候の急変(寒冷化)と海洋の無酸素化が原因ではないかと考えられています。
 
 
三度目の大量絶滅は、約2億5100万年前にありました。
ベルム期(古生代)から三畳紀(中生代)へと移る際に起きた大量絶滅で、史上最悪である96%の種が絶滅したとされています。
やはり原因ははっきりしていませんが、スーパープルームとその影響による気候変動が原因と考えられています。
 
 
 
四度目の大量絶滅は、約1億9960万年前にありました。
三畳紀からジュラ紀へと移る際に起きた大量絶滅で、76%の種が絶滅したとされています。
これも原因ははっきりしていませんが、隕石の落下、また大西洋の中央海嶺における火山活動が関連していると考えられています。
 
 
 
五度目の大量絶滅は、誰もが知っているとおり、約6550万年前にありました。
白亜紀(中生代)から古第三紀(新生代)へと移る際に起きた大量絶滅で、70%の種が絶滅したとされています。この時、恐竜が絶滅したことが知られています。
原因は、中米のユカタン半島付近に落下した隕石によるものと考えられています。
 
 
さて、6回目の大量絶滅の原因ですが、人類活動が影響しているとされています。
 
スタンフォード大学、プリンストン大学、カリフォルニア大学バークレー校の研究では、100年間で1万種の生物種のうち2種類の哺乳動物が絶滅すると仮定した結果、20世紀の脊椎動物の平均消滅速度は、生物種の消滅に関する最も控えめに見積もったとしても、人類の活動がなかった頃の最大114倍にあたるペースと、結論付けました。
 
一言付け加えるなら、人類が6回目の大量絶滅を引き起こしたとしても、地球の生命が絶滅することはありません。必ず、生き残る種があり、大量絶滅後の地球に一気に広がっていくことでしょう。
ただ、6回目の大量絶滅後に人類が生き残っている可能性は、ほぼゼロでしょう。
つまり、私たち人類は、私たち自身のために、6回目の大量絶滅を回避する努力をしなければならないのです。