東京医科大学入試において、女子受験生の得点を一律に減点していたと、報道されています。これが事実であれば、許されない行為です。


私は、男女に能力の差があるとの認識を持っています。
半年前には、「理系分野における性差」と題した記事も書いています。
・リンク⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/23662793.html

また、「リケジョ」や「ノーベル賞を日本人女性はなぜ受賞できないのか」と題した記事も書いてきました。
・リンク⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/21135107.html

    ⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/23685735.html


医学は、男性が得意とする分野で、反対に女性は不得手な世界です。
ですが、臨床検査医や小児科医のように、元々女性が持っている能力が活かされる医療分野もあります。ある意味、女医は貴重な存在なのです。

東京医科大学は、結婚・出産等で職場を離れる可能性が高い女医の比率を下げ、系列病院の医師の確保を目的としていたと、報道されています。
「必要悪」とする意見もありますが、完全に間違っています。
系列病院の医師の確保が問題なら、それは系列病院自体で考えるべきです。せっかく、医師になりたい意思と能力を備えているのに、大学側の謂わば個人的な都合のために、性別で選別するのは論外です。



現場では「女医3人で1人分」と言われているとか。
出産・育児・子供の病気等々、女性ゆえの課題が多いためなのでしょう。
男性が女性に代わって出産する、授乳するといったことは不可能であり、女性を支えるためにできるのは、仕事を代替することが主となるはずです。育児においても、母親でなければならないことは少なくなく、父親でなければならないことはほぼ存在しません。
それゆえ、女性の負担が増えてしまうのです。
女医が働きやすい職場に改善するのと共に、男女の収入格差は容認すべきだと思います。
男性医師の立場から見るなら、女医より多くの仕事をこなしても収入が同じならば、納得できないでしょう。男性医師も、妻子を抱えているなら、少しでも多くの収入を得たいはずですし、それが医師の奥様にとって、育児や仕事に出るための保育費に充てられるので、女性としての利益に繋がります。仕事量と収入の関係が一致しないなら、それはそれで大きな問題です。
また、医師であれば、患者からの視点から考えることも必要です。



東京医科大学のような事例があると、その反動から、行き過ぎた女性保護の傾向となりがちです。メディアは、攻撃的な報道をするあまり、一方的な主張することが往々にして見られるので、気になっています。

本当に大切なのは、
生涯を通した幸福度に性差があってはならない 
のだと、理解しなければなりません。