厚生労働省が各医療機関に対し、原因遺伝子や臨床情報について、国立がん研究センターに設置されている「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)への登録を義務付ける方針を固めたそうです。
原因遺伝子を調べる遺伝子検査等は、来年度から保険適用される予定で、同時に登録が義務化されることになります。

ゲノム情報を集約・保管し解析することで、ゲノム医療を加速する事が目的です。

臓器別に治療法がある従来のがん治療とは違い、がんゲノム医療は遺伝子変異に対応して治療します。
同時に、ゲノム医療によって開発された医薬品は、審査期間を短縮して、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用する方針なのだそうです。


私の体調は、現時点では何の問題もありません。
ですが、再発した際には、良い治療薬が開発されているといいなと思っています。