光周性(こうしゅうせい)
 【意味】昼の長さと夜の長さの変化によって、生物が示す現象のこと。
 【実例】電照菊では、菊の光周性を利用して、昼の長さの変化を人工的に調整
     することで、開花時期を人為的に変更する。