早晩性(そうばんせい)
 【意味】栽培期間の早生、中生、晩生を示す傾向のこと。
     低緯度では早生、高緯度では晩生の傾向がある。