パーセク
 【意味】距離を表す天文用語。
     地球の公転半径を利用した視差が、1秒角になる距離を1パーセクとする。
     約3.26光年に相当する。

ハイブリッド種子(はいぶりっど しゅし)
 【意味】※F1種子の項を参照

パウチ
 【意味】ストーマ(人工肛門)に取り付ける排泄物をためる袋。
 【関連】ストーマ

初冠雪(はつかんせつ)
 【意味】山頂付近の積雪を、麓の気象台からシーズンで初めて確認する事を言う。
     初雪とは異なる。

ハビタブルゾーン
 【意味】恒星からの放射によって、水が液体で存在できる領域のこと。
     太陽系では、地球の公転軌道よりやや内側から火星軌道のやや内側まで
     とされるが、諸説ある。
     ハビタブルゾーンは、水を利用する地球型生命の誕生条件の一つとされ、
     系外惑星の生命探査の目安となっている。
     ただ、土星探査機カッシーニが、土星の衛星エンケラドスから噴出した
     水蒸気から有機物を検出したことから、ハビタブルゾーンの外側でも生命
     誕生の可能性がしてきされている。