マウンダー極小期(まうんだーきょくしょうき)
 【意味】1645年頃から1715年頃にかけて発生した太陽の黒点数が著しく
     減少した期間のこと。