あえて、全文を書きます。

毎日新聞のノーベル賞速報の全文です。
(既に更新はされています・・・)

『スウェーデンの王立科学アカデミーは3日、今年のノーベル化学賞に、米国と英国の3氏を選んだと発表した。
日本からの今年の受賞決定は、1日に発表された京都大高等研究院の本庶佑特別教授(76)=医学生理学賞=だけとなった。
授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデクローナ(約1億1500万円)が贈られる。』

ノーベル化学賞は、どなたが受賞したのですか?
何が評価されたのですか?

この記事からは、全く分かりませんよね。

記事から読み取れるのは、国民のほとんどが知っていること!
本庶佑さんの受賞を知らない国民は、何人いるのでしょうか。
日本人受賞者が本庶佑さんだけだとは知っているし、何人が受章するかが重要なのでしょうか。
毎日新聞は、ノーベル賞受賞者の国籍にしか興味がないのでしょう。


国は、基礎研究費の削減を続けていますし、メディアはナショナリズムに犯されています。
こんな国で、今後もノーベル賞受賞者を輩出できるのでしょうか。
暗い気持ちになります。



さて、今年のノーベル賞では、研究テーマ以外の話題がありました。
光ピンセット等の功績でノーベル物理学を受賞したアーサー・アシュキン氏は、史上最高齢の96歳でした。
同時受賞のダナ・ストリックランド氏は、レーザーパルスに関する先駆的研究が評価されたのですが、物理学賞では55年ぶり3人目の女性受賞者でした。
変異を起こした酵素などのたんぱく質の中から有用なものを効率的に選別する「指向性進化法」を開発した功績でノーベル化学賞を受賞したフランシス・アーノルド氏も、9年ぶり5人目の女性受賞者だそうです。


世界に女性受賞者が出ると、日本人女性はどうなのか、話題になります。
それについては、当ブログでも書いています。



欧米をベンチマークにするだけでなく、合理的に考えなければ、良い方向性は生み出されないと思っています。