400℃の法則(400どのほうそく)
 【意味】2月1日以降の平均気温の累積が400℃になる頃に桜が開花するとする法則。
 【関連】600℃の法則

4ーメトキシランセオチン
 【意味】フラボノイド系化合物の一つ。
     抗がん作用があるとされる。