600℃の法則(600どのほうそく)
 【意味】2月1日以降の最高気温の累積が600℃になる頃に桜が開花するとする法則。
 【関連】400℃の法則