ゆく年は、政府の傲慢さが目立つ一年でした。

最初は、昨年からの継続というか、モリカケ問題でした。
森友学園では総理夫人の関与が、加計問題では総理自身の関与が取り沙汰されましたが、うやむやにされています。佐川宣寿前国税庁長官が、国会で「廃棄した」と答弁していましたが、実際には存在していたことが、後日、明らかになっています。ただ、核心部分だけは、存在していませんでした。
二段階で、隠蔽・廃棄されていたと推測されています。

次は、裁量労働制でした。
裁量労働制の改正を行う働き方改革法案において、国会に提出されたデータに間違いが見つかったのです。後に、改竄されていたことが判明し、捏造、隠蔽との疑惑にまで拡がりました。この問題においては、厚労省の担当者が処分されましたが、閣僚の引責はありませんでした。

国会における数の力と、与党の結束を背景に、完全に制圧する事に成功したのです。
これに味を占めたかのように、自衛隊のPKOでも、カジノ法案でも、次々に隠蔽と改竄を繰り返しています。「国会軽視」との意見もありますが、「国会無視」と言うほうが的を射ているように思えます。
それを象徴するのが、国会審議時間です。重要法案の審議は20時間を切り、入管法改正案に至っては、法案の内容を決めないままに国会を通過させるデタラメぶりです。



現在は連立政権なので、本来であれば政権内で党と党の間で調整や抑止が働くはずですが、党内の派閥も連立を組む党からも異論が出ないのです。
これは、異常な状態です。

通常では受け皿になるはずの野党は、ただただ反対意見を言うだけで、中身がありません。それどころか、場当たり的な反対を繰り返すので、自己矛盾も起こるほどです。
理念も何もない反対意見に、国民はそっぽを向いてしまいました。

完全に安倍晋三らに支配された2018年の国会であり、日本でした。



2019年は、どうなるのでしょうか。

国会は、国民に対して開いた国政の窓です。
現政権は、その国会で嘘(改竄)と隠し事(隠蔽)を繰り返した上、白紙信認(例:入管改正法)を奪い取りました。「国会無視」は、「国民無視」です。
これが、2019年も続くのでしょうか。
そうであれば、ぞっとします。まるで、北朝鮮のようです。

私たちができるのは、一党独裁をさせないことです。
2019年7月には、参議院選挙があります。ここで、与党に勝利させないことです。
間違ってはいけないのは、野党を勝利させてはいけないのです。
与党は、国民を企業に売り飛ばしています。
種子法の廃止然り、TPP然り、入管法改正も然り。
野党に至っては、グローバル化をはき違えて、日本を外国に売り飛ばしかねない勢いです。
今は、与党にも野党にも政治をさせてはいけないのです。
それを実現するためには、参議院選挙では与党を勝たさないようにするしかありません。

これが、くる年になります。


 国政に打って出ようかな ・・・