法曹界の法律軽視を感じます。

憲法14条では、「法の下で平等」を謳っています。
ですが、法曹界は、検事や弁護士の実力で、あるいは判事との相性で、判決が変わることを平気で認めています。
一部の弁護士は、TV出演で自慢げに法定闘争のテクニックを紹介する者までいます。
同じ犯罪を犯した者でも、判事や検事、弁護士によって判決が違うのです。
これって、「法の下での平等」を犯していませんか?
 
 
近い将来、集団的自衛権の関連法を憲法違反で訴えた場合、法曹界は正しい手順で正しい判決を導けるのでしょうか。
「法の下での平等」という憲法で宣言された精神でさえ守れない、守ろうともしない法曹界が、前例のない難しい判断を迫られた場合に正常に機能すると考える要素は、私には見えてきません。