令和に変わり、一段落といったところでしょうか。
春の「平成最後の◯◯」の連呼の後、「令和になって最初の△△」が続いていましたが、流石に飽きたらしく、ようやく落ち着いてきたように思います。

「令和」ですが、発案者とみられる中西進氏は、「和」には先の大戦を踏まえた平和への願いについておっしゃっていました。
そう言えば、「いわ」の「」の字を「」に変えると、「いわ」に変わりますね。
そこで、我が家の国語大辞典を用いて、「いわ」の「」を他の段に置き換えた意味を探してみることにしました。

 えいわ:「英和」。「英語と日本語」の意。
 けいわ:-
 せいわ:「清和」。空が晴れて和やかなこと。
     「清話」。世俗を離れた風流な話。
 ていわ:「鄭和」。明の武将。
 ねいわ:-
 へいわ:「平和」
 めいわ:「明和」。江戸時代の元号の一つ。
 れいわ:「例話」。例え話。
 (※「-」は該当の単語はありませんでした)

これらの言葉は、ローマ字で記述すると、最初の1文字が違うだけなのですね。
例えば、「令和」と「平和」では、「eiwa」と「eiwa」ですから、「」を「」に変わるだけです。
上の中なら、私は 清 和 が好きですね。

私は、地球温暖化への対応として、2013年12月1日にブログを始めました。
最初のブログは、本年3月末で閉じました。
このままでは、2013年にブログを始めたことが消えてしまいます。
そこで、豊葦原中津谷の年号を「清和」と定め、2013年を元年とすることにします。

今日は、清和 7年 9月 15日です。