先月のアクセス上位は、興味深い結果になりました。

上位を占めたのは、「動物の歩き方」シリーズでした。
 「動物の歩き方ー1」3位
 「動物の歩き方ー2」1位
 「動物の歩き方ー3」7位
このシリーズで気になっていたのは、「夏休みの自由研究」というサブテーマの効果でした。
「〜 ー1」と「〜 ー2」は、サブテーマが付いていましたが、「〜 ー3」ではサブテーマを付けていませんでした。
結果は、微妙なところです。

上位には、もう一つの傾向がありました。それは、天文関係が多かったことです。
 「ペテルギウスが減光」   2位
 「UFOと地球外知的生命体」5位
 「ボリソフ彗星接近」    6位
いずれも、12月に書いた記事でした。
「動物の歩き方」シリーズが、いずれも10月以前に書いている古い記事であることとは対照的です。

上記以外では、今秋に頻度が高くなった「イノシシ撃退機」は、12月も4位でした。
上位の常連だった「ロータリーエンジンの復権」は、12月は10位と過去にない低調さでした。

意外だったのは、算数(数学)系の記事が読まれたことです。
8位の「夏休みの暇つぶしの数学」の他にも、「2=1なの?」や「算数の教え方」が比較的上位に入っています。

嬉しいことは、「行政サービスの簡略化への道」が9位に食い込んだことです。
実は、上位陣の中で、当ブログの本来の目的に沿った記事で上位に入ったのは、この記事「グレタさんと移動手段別CO2排出量」でした。
12月は、13件の記事を書きましたが、当ブログの本来の目的に沿った記事は5件だけ(38%)でした。
12月のアクセス上位の13件で見ると、6件(46%)が12月に書いた記事でした。
前述の2件以外も読んで頂けたようですが、当ブログの本来の目的が、まだまだ浸透していないようです。


現在、私個人を取り巻く環境は、あまり良くありません。
年始の連休が終わると、ペースが落ちそうです。
御理解いただきたく、お願い致します。