当ブログは、サクラに縁がありますが、今年は色々とバッドニュースが続いています。
特に、コロナウィルスの蔓延は、心配事です。
このままでは、新型コロナウィルスは収まらず、お花見も自粛要請が来そうですね。
政府の対策は、後手と思い付きですから、この先も見通しは暗いです。
唯一、先手だったのが、今年の 『桜を見る会』の中止ですね。来年以降は復活させる腹づもりのようなので、新型コロナウィルスも来年の春までには収まるのでしょう。


今年のサクラの開花は、東京から始まりそうです。
各気象会社の東京の開花予想は、3月15日から21日の範囲です。
今月下旬ごろから、お花見の季節に入りますが、大人の対応(花見の自粛)ができない人が多いのでしょうね。

東京マラソンでは、応援自粛要請が出ていましたが、実に7万人もの人出がありました。お花見自粛を要請しても、人出が減る程度だと思います。
「若者が無自覚のまま感染を拡げている」と言う専門家もいますが、お花見自粛も強く訴えるべきでしょう。それが言えないなら、「若者が感染を拡げている」との言説も、安倍晋三氏の全校休校に正当性を与えるための忖度に見えてしまいますよ。