5月21日、JAMSTEC横須賀本部の一般公開に出かけてきました。

正門を入ってすぐにあるのは、御製碑。

JAMSTECの碑

沖縄から本土へ疎開する学童を乗せた対馬丸は、
昭和19年8月22日、鹿児島県沖で米国艦の攻撃を受け沈没しました。
それから53年後の平成9年、
政府の依頼を受けたJAMSTECは、悪石島沖の水深870mで船体を確認しました。

天皇陛下はこれをお心に深くお留めになり、お詠みになられた和歌なのだそうです。



JAMSTECは海洋に関係するありとあらゆる分野を扱うため、
生物、地学、気象、工学、船舶と私の好奇心を満足させてくれる素敵な場所でした。

JAMSTECでの細かな話は後々書くことにして、当日の収穫物を紹介しておきます。



水大循環と暮らし

この本は、ミニセミナーに出席した際に戴きました。

なんと、「贈呈」です。


こちらは、お金を出して買った品々です。

お土産

本当は、ライザーパイプ鉛筆入りのペンケースを探していたのですが、
見つける事が出来ませんでした。



JAMSTECは、研究対象が広いので、
好奇心に手足が付いているような私には夢のような場所でした。
11月にも、横浜研究所の一般公開がありそうなので、行ってみるつもりです。