パラスポーツに限りませんが、陸上競技は、記録との戦いでもあります。
近年、用具の改良が進み、パラアスリートの記録が健常者の記録に迫り、中には超えているものもあります。
義足の走り幅跳びは、世界記録の8m95cmに対して、義足の世界記録では8m62cmと肉薄しています。
車椅子マラソンでは、健常者の記録を遥かに超えています。

実は、車椅子の記録は、ちょっとした特徴があります。

健常者の記録では、100mが最も早く、距離が長くなるに従って遅くなっていきます。
ですが、車椅子では、様相が異なります。
なんと、100mが最も遅いのです。

健常者の記録でも、20世紀末時点の世界記録では、100mが9秒79に対して、200mは19秒32(100m換算で9秒66)でした。(※女子は、100mが早い)
つまり、スタートからの加速に時間が掛かるため、特に短距離の車椅子競技では、加速区間の影響が強く出るのです。

では、車椅子の距離毎の記録は、どうなっているのでしょうか。(パラリンピック記録)

・100m   13秒63
・200m   22秒81    (11秒41)
・400m   43秒46    (10秒87)
・800m   1分29秒55  (11秒78)
・1500m  2分49秒55  (11秒31)
・5000m  9分42秒83  (11秒66)
・マラソン   1時間20分15秒(11秒41)


なんと、100mが最も遅いのです!
それも、断トツに遅い!!

もう一つの特徴は、距離に関係なく、ほぼ同じ速さなのです。
スピードに乗ってしまえば、距離が伸びても、ペースを維持できるようです。

それにしても速い!

健常者のマラソンでは、キプチョゲ選手の2時間1分39秒です。キプチョゲ選手は、非公認ながら2時間を切ったとも伝えられていますが、車椅子の記録には遠く及びません。
車椅子マラソンの記録は、健常者の400m走のペースを42.195kmも継続しなければなりません。
男子車椅子マラソンのペースは、女子100m走のトップ選手が100mを併走するのもギリギリの速さなのです。



さて、マラソンの世界記録は、大分国際車椅子マラソン大会での記録です。
この大会は、日本初の車椅子が参加できるマラソン大会であると同時に、世界初の車椅子専門のマラソン大会なのだそうです。

この大会の開催に尽力されたのは、日本パラリンピックの父と言われる中村裕博士です。
中村裕氏は、『太陽の家』の設立者でもあります。ここは、障害者の自立を目的としていて、自立の証として、障害者自身が税金を納めることを目標としていたそうです。

先日も書きましたが、私たちは、1人で生きることは不可能です。
でも、誰でも何か一つくらいは、社会に貢献できるものです。
『太陽の家』は、それを実践してきたのだと思います。

車椅子マラソンは、健常者のマラソンより遥かに早いことは、先に書いた通りです。
同じように、工夫次第で、障害を超えた力を出すことも可能なのです。
視野を広げると、誰もが多くの障害を抱えているとも言えます。誰でも、できることより、できないことの方が、はるかに多いのです。
だから、助け合いながら生きるのです。
そのレベルで考えるようになれば、障害は個性でしかなくなると思います。