次の参議院選挙は、実質的に憲法改正を問う選挙になります。



国政選挙は、日本の舵取りを誰に任せるのかを国民が決める仕組みです。

国会や政府は、国の舵取りはしますが、実行するのは国民自身であることを忘れてはなりません。


例えば、軍備増強は、費用は国民の税金から、自衛隊員は国民の有志によって、実現されます。

国は、旗振り役をするだけです。

実際にお金を出し、体を張るのは、国民自身です。

旗振り役の仕事は、国民を正しい方向へ導くことです。

ただ、時として、旗振り役は暴走します。

その典型が、第二次世界大戦時のヒトラーでしょう。


旗振り役を選ぶのが、国政選挙です。



近年、自衛隊員の不足が深刻化しています。

軍備を増強しても、自衛隊員は不足します。

これを解決する方法は、若年層の就職難を作りだすか、徴兵制です。

ただ、就職難にしても、ニートが増えるだけと予想されるので、有力なのは徴兵制です。




ところで、軍備拡大を希望するのは、50歳台以上が中心です。

この世代は、徴兵を免れると考えられます。

また、赤字国債の返済が問題になる頃までには、現役を去るはずです。

軍備拡大を希望する世代は、軍備拡大の『負』の部分から影響を受けにくいのです。


若い世代から考えてみましょう。

親世代までの借金(赤字国債の4人家族当たり約4千万円)を返済していかなければなりません。少なくとも、利子を払わなければなりません。

これを、少ない仲間(少子化)で支払っていかなければなりません。

これだけでもゾッとしますが、親世代は、軍備の倍増に毎年5万円ずつ借金を追加すると言うのです。

どう返せば良いのでしょうか?

トドメは、どうやら軍務(徴兵制)が加わりそうなのです。

追加した軍備を動かすためには人員が必要なのですが、慢性的に人員不足です。だから、強制的に軍務が課せられそうなのです。

これだけでは、済まないかもしれません。

親は、喧嘩する気が満々です。

でも、喧嘩が始まれば、若い世代を前面に押し出し、その背中に隠れるつもりなのです。


まとめると、次のようになります。

・若い世代は、親の借金を背負わされる。

・親は、軍備に新たな借金をするつもりだ。

・親は、子に軍務を追加させる気だ。(その間は、収入が無くなる)

・親は、周辺国との喧嘩を避ける気はないが、喧嘩させられるのは、子世代だ。


こんな状況を改善するには、家族会議(国政選挙)で、親世代の発言権を弱めるしかありません。

家族会議(参議院選挙)を棄権することは、親世代に全面的に従うことを意味します。

即ち、親の借金を背負い、新たな借金も抱え、軍務をこなし、親のために喧嘩することを、自ら承認することを表明することになります。

それを理解した上で、次の参議院選挙に臨んでほしいと、思っています。



自衛隊員の不足は、深刻です。

軍備増強の次に来るのは、徴兵制です。

何がなんでも自衛隊に入りたい若者は、次の参議院選挙は、棄権すればいいでしょう。


選挙を棄権することは、そういう意味だと思ってよいでしょう。