先日、10000アクセスを達成しました。

私が運営するブログでは、3度目の10000アクセス達成です。


一つ目は、Yahooブログで達成しました。
7年前のことです。
その後、Yahooブログ自体がサービス終了となりました。

二つ目は、当ブログのスピンオフブログで達成しました。
当ブログより後に開設しましたが、先に10000アクセスを達成しています。

今回は、3度目の達成です。




さて、10000アクセス達成の記念に、ネタを一つ書いておきます。




世の中には、『回文』というものがあります。
『回文』とは、頭から読んでも、後ろから読んでも、同じ音になる言葉です。

簡単な回文では、『トマト』です。
『新聞紙』も、「しんぶんし」ですから、回文になっています。
もう少し長いものでは、『この子猫の子』や『竹やぶ焼けた』等があります。


回文を好んで使う方もいます。
作家であれば作中の人名に使ったり、ペンネームや芸名を回文にしていたり、意外にディープな世界かもしれません。

例えば、『東風万智子』さんは「こちまちこ」と読みます。
漢字で回文になる方もいます。
例えば、香西かおりさんです。本名は、『香西香』だそうです。
『山本山』も、回文です。


もっと凝った回文をペンネームにしている方もいます。
西尾維新さんです。
一見、回文になっていないように見えますが、ローマ字表記すると、「NISIOISIN」となり、回文が現れます。


更に凝った回文には、逆再生しても、同じように聞こえるものがあります。
逆再生すると、母音と子音の並びが逆になるため、音が変わります。
例えば、「イカ」を逆再生すると、「秋」になります。
これは、ローマ字表記すると、わかりやすくなります。
先程の「イカ」は、「IKA」なので、逆順にすると「AKI」となります。

西尾維新さんも、ローマ字表記で回文でしたね。
でも、惜しいことに、日本語で発音すると、最後の「N」は、「ン」と発音するので、逆再生しても、「ニシオイシン」とは少し違って聞こえるだろうと思います。

逆再生でも、回文になる御名前はあるのでしょうか。
実は、皆様も御存知の方が、逆再生でも回文になります。
誰の名前が回文になるかは、もう説明の必要はないでしょう。





10000アクセスまでは、予想外に時間は掛かりました。Yahooブログの10000アクセスまでの約6倍です。
ですが、延訪問者数が10000に達したことは、嬉しいことです。

時間が掛かった理由は、色々あると思います。
そのあたりを反省し、今後に繋げていきたいと考えています。