地球温暖化懐疑論に共通する問題点は、地球温暖化のみに焦点を絞っている点でしょう。
この問題は、実は地球温暖化肯定派にも共通するところがあります。
そのため、お互いに都合が良い情報だけを用いて相手を非難しがちになり、
議論が噛み合っていないように見えてしまいます。

この状況は、地震予知肯定派と否定派の議論にも見られます。
こちらも、成功率が高いか低いかの議論となり、やはり都合の良いデータを持ち出して、
噛み合わない議論が続いています。


閑話休題

地球温暖化懐疑論のもう一つの問題は、データの利用の仕方です。
データの中の都合の良い部分だけを抽出して、御都合主義の理論を展開する点です。
(これも地震予知肯定派と否定派の議論に似ているのですが、また機会があれば・・・)
全体としては明らかに気温上昇傾向にあるのですが、太陽活動の増減や大気循環の変化に
よって気温の上昇傾向は短期的な変化をします。
地球温暖化懐疑論は、この部分を抽出して「地球温暖化は嘘!」と言っているのです。
同時に、物事の本質に目を瞑ってもいるのです。

地球温暖化は、二次的な問題にすぎません。
問題は、化石燃料の使い過ぎであり、その結果、大気中の二酸化炭素濃度が上昇し、
酸性雨、温暖化、海洋の酸性化と酸欠などを引き起こしているのです。
仮に、地球が寒冷化の傾向にあったとしても、人類が行うべき事柄は変わりません。

化石燃料の使用を大幅削減(ゼロに近付ける)しなければならないのです。