四国電力の伊方原発3号機が、再稼働しました。
本日(2016年8月13日)午前6時半に臨界に達し、15日には発送電を開始する予定になっています。

私は、原発再稼働に賛成である事を、自ブログで明確にしています。
単純に再稼働に賛成しているのではなく、二酸化炭素を大気中に捨てる事と、核廃棄物の処分や事故のリスクを天秤にかけて、「原発は再稼働すべき」と考えているのです。
地震予知に否定的な私が原発再稼働に賛成の立場を採るのは、不自然に思う方もいるでしょう。
ですが、事故のリスクを超えるメリットが再稼働にはあると考えているのです。

さて、今回の伊方原発の再稼働では、地元の愛媛県だけでなく、隣県の大分県からも反対派が伊方原発前に集まったそうです。
どこの誰が再稼働に反対しても、問題はありません。
ただ、そう遠くない将来に起きるであろう本格的な温暖化の責任が自分たちにもある事は、忘れてはなりません。


最後に、温暖化の責任は、原発再稼働派の私にもある事を、明確にしておきたいと思います。
原発を再稼働しても、温暖化を遅らせる効果しかありません。
温暖化を止めるには、日本人なら、エネルギー消費を4分の1に減らさなければなりません。
原発を再稼働しても、真の二酸化炭素削減目標の一割にも届かない以上、再稼働に賛成しても温暖化の責任から逃れられないのです。