巷の地震予知の全てに共通する問題点の中でも、「評価・検証を行わない」問題は、
完璧に共通しています。
検証すれば、直ぐに地震を予知出来ていないことに気づくはずです。
いやいや、「村井氏は検証結果をネットで公開してるよ」とか、
「早川氏は検証基準まで決めて検証してるぞ」とか、言われるかもしれません。
ですが、科学的ではない基準で評価してみたり、単純な成功率を追い求めているだけで、
地震予知手法の評価に繋がっていないのです。


まず、成功率から見てみましょう。
成功率100%の地震予知は、実は誰にでもできるのです。
一年以内に、日本で、有感地震が発生する
この地震予知は、外れようがありません。
内容的にも、地震予知の三要素を満たしています。
でも、こんな馬鹿馬鹿しい地震予知は、誰も相手にしません。

ならば、これはどうでしょうか。
以半年以内に、関東地方の太平洋岸で、震度5弱以上の地震が発生する
地震予知っぽくなっていますね。
過去半年を振り返ると、この地震予知に相当する地震は、ちゃんと2回発生しています。
更に、東北地方にも、新潟から静岡にかけてのフォッサマグナ帯にも、南海トラフ一帯にも
地震が多い地域に漏れなく地震予知を出しておけば、100%に近い成功率になります。

成功率は、簡単に細工できます。
成功率が高いだけで地震予知ができていると思っている時点で、デタラメなのです。


具体的な例で、見てみましょう。
早川氏については、もう一つの「風の谷の生活」で検証済みなので割愛することにして、
村井氏について、評価・検証ができていないか、見てみましょう。

村井氏の地震予知は、震度5弱以上の地震を予知しています。
対象は、、震度5弱以上になる地域であって、震源を予測する事ではありません。
村井氏自身の検証結果を見ると、2014年と2015年に発生した18件の震度5弱以上
の全ての予測に成功したとしています。これをもって、予知成功率100%としています。
ですが、詳細に見ていくと、正しく評価されていないことが分かります。

まず、予知成功の判定が甘いのです。
「奥羽山脈周辺と日本海側」としていた地震予知では、岩手県沖で地震が発生したので、
予知成功としています。
理由は、奥羽山脈周辺(?)にある北見市で震度5弱を記録したからのようです。
「南関東(駿河湾、相模湾、東京湾に面する地域と伊豆諸島)」としていた地震予知では、
地震速報区域でみると19区域が対象になっていました。
この中で震度5弱は1区域のみで、他の18区域では震度1の区域さえありました。
この地震だけを見れば、成功率は5.3%ですが、単に予知成功として扱われています。
逆に、彼の地震予知から外れていたながら震度5弱を観測した地震速報区域もありました。
村井氏は、2014年と2015年に発生した震度5弱以上の地震を100%予知できたと
言いますが、2014年と2015年で震度5弱以上を観測した40区域の内、34区域の
予知に成功したと言うべきなのです。

もう一つは、予知の三要素が極端に甘いのです。
村井氏の場合、震度5弱以上の地震を対象にしています。
これは、予知対象としては低くないレベルです。
一方、全国の7~8割に地震予知を出し続けています。
期間も、熊本には23ヶ月も出し続けていましたし、東北の太平洋岸は出しっぱなしです。
これでは、地震予知とは言えませんね。


巷の地震予知は、成功率に拘りすぎ、成功率向上の細工を繰り返しているのです。
  地震予知がどうあるべきかを忘れてしまっているのです。

というわけで、次回からいよいよ地震予知研究の手引きに繋がる内容に入ります!


-地震予知研究の手引き(地震予知の目標地点)-