第15弾までの問題は、気温の予測精度が低いことでした。

気温の予測は、正弦曲線で表されるべきですが、正弦曲線の最小自乗法で解けない
(私の数学力では、同一の式の連立方程式になってしまう)ので、三次式で近似する事に
しました。
この方法を用いた気温予測では、2月下旬の気温の高低に影響されやすいため、
3月以降の気温の予測が大きくぶれる事でした。
例えば、1988年は2月下旬が低温傾向にあったため、3月以降の気温の予測が大きく
下方にぶれてしまいました。
対策として、三次式の二つの極値(盛夏と真冬を意味する)が半年の間隔となるように
三次式を改変した最小自乗法を導き出す事にしました。
この計算に手間取ってしまい、今春のサクラの開花に間に合わなくなったのです。


さて、この対策の成果を確認してみましょう。 
まずは、1988年の気温の予測です。

1988年桜開花予想(東京)
上は、対策以前のグラフです。
下は、対策後のグラフです。

東京1988年改良版

対策後の計算結果から推定したサクラの開花予想日は5月2日でした。
実際の開花日は4月10日でしたので、22日の違いです。
使用する気温データの期間の最適化もせず、予定している補正処理もしていないのに
この精度が出せています。
対策前は、9月5日を予想していたので、格段の進歩です。
間違いなく、ハードルを一つ越えたと言えます。



現時点では、検証が終わっていないので、三つの予測手法を検証しなければなりません。
検証方法も、キチンと吟味しなければなりません。

 ただ、遊び心も必要です。
なので、検証を始める前に、どこよりも早い開花予想を次回には実施したいと思います。
(試したところでは、11月15日までの気温データが揃えば、超々速報ができそう!)
御期待ください。