前回は、「4730Kの法則」を確認しました。
今回は、「300℃の法則」を確認してみましょう。


記録がある東京の開花日の中で、最も開花が早かったのは、
2013年の3月16日。最も開花が遅かったのは、1984年の4月11日です。
今回も、この2年について、検証してみました。

基本的な条件は、「157℃の法則」等と同じとしています。
気温予測に用いる日最高気温の期間は、前年の7月1日から開花当日までとしました。
開花の予測は、気温予測で13.2℃を超える日を起点とし、実測の絶対温度で積算値が
300℃を超える日を算出します。

では、開花が元も早かった2013年を見てみましょう。

東京2013年300℃の法則


気温の変化(オレンジ色)と予測気温は比較的一致しています。
これを基に計算したサクラの開花日は、3月17日でした。
実際の開花日より、1日遅い結果となりました。

次は、開花が最も遅かった1984年を見てみましょう。

東京1984年300℃の法則

これを基に計算したサクラの開花日は、4月14日でした。
実際の開花日より、3日遅い結果となりました。


では、各法則で予測したサクラの開花予想日と実績の違いを見てみましょう。

            1984年        2013年
・実際の開花日  :4月11日        3月16日
・400℃の法則 :4月14日(3日遅れ)  3月19日(3日遅れ)
・157℃の法則 :4月10日(1日早い)  3月18日(2日遅れ)
・4730Kの法則:4月12日(1日遅れ)  3月17日(1日遅れ)
・300℃の法則 :4月14日(3日遅れ)  3月17日(1日遅れ)

こうして並べてみると、「300℃の法則」は、それほど優れてはいないようです。
それでも、「400℃の法則」よりは、サクラの開花予想には適しているように思えます。