「マインドフルネス」と呼ばれる脳の活性方法があります。
NHKのサイエンスZEROでも紹介された手法です。
マインドフルネスは、数分間だけで行う精神統一方法と考えれば良いようです。
基本的な考え方は、「気付き」と「目覚め」なのだそうです。

実践方法は、以下のような手順で行います。

Step①
・目を瞑る。
・呼吸に注意を向ける。(※呼吸はコントロールしない!)
  空気が肺に入ってくる感覚に集中する。(心の中で「膨らみ、膨らみ」と唱える)
  空気が肺から出ていく感覚に集中する。(心の中で「縮み、縮み」と唱える)

Step②
・雑念に注意する。
  雑念が浮かんできたら、心の中で「雑念、雑念」と唱える。
  雑念を意識できたら「戻ります」と唱え、Step①の状態(呼吸への注意)に戻る。

Step③
・パノラマ的注意を感じ取る。
  体の各部分の感覚に注意を向ける。
  雑念が浮かんでも、浮かべておく感じ。 

Step④
・瞼の裏側に意識を集中し、ゆっくりと瞼を開く。


Step①~④を数分間かけて行うのだそうです。
現代社会では、中々精神を穏やかな状態に持って行くことは難しいと思います。
でも、ほんの数分間だけ時間を割いて、マインドフルネスを行ってみてはどうでしょうか。


私もマインドフルネスをして、来週から「サクラの開花予想」を再開することにします