豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (風の谷の生活)

カテゴリ: 地球温暖化

気象庁は、国際機関などと協力し、
太平洋を4海域に分けて、1990年以降の海水の観測データを調べたところ、
水素イオン指数(pH)は、10年あたり0・014~0・021低下し、
酸性化していたことがわかりました。
いずれの海域も、現在のpHはまだアルカリ性の8・005~8・092ですが、
気象庁は
「産業革命以降の世界平均に比べて、近年の太平洋の酸性化は非常に進行が早い」と
分析しています。



  下図(国土交通省 国土交通白書2013より)は、東経137度に沿ってpHの変化を調査した気象庁のデータです。(前述の研究発表とは関係がありません)
イメージ 2
(リンク⇒http://www.mlit.go.jp/hakusyo/mlit/h24/hakusho/h25/html/n2871c00.html

国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は、
産業革命以降の約250年間に、
地球全体の海洋のpHは、10年あたり0・004低下したと報告しています。
気象庁が発表したデータは、
太平洋の酸性化が加速していることを示しています。


 
当ブログでは、海洋の酸性化についても触れています。
(下記アドレス参照)
 
そのことを、気象庁は、より詳細に研究・発表しました。
もう猶予は無さそうですね。
原発を止める前に、火力発電所を止める活動をしましょう。
 

2014年に発表されたIPCCの第5次統合報告書では、
人類活動が温暖化の主な要因である可能性が95%以上と断定しています。
産業革命後の気温上昇を2℃未満に抑えるには、二酸化炭素の総排出量を
2兆9000億トンに留める必要があるとしています。
既に、1兆9000億トンの二酸化炭素が排出されているので、余地は1兆トンです。
2011年の世界の排出量は350億トンでしたので、30年で許容量に達します。

 
IPCCの報告書にはありませんが、日本に許される排出量はどれくらいでしょうか。
人口比では、約50分の1の200億トンです。
現時点の二酸化炭素排出量の比率では、約25分の1の400億トンです。
GDP比では、約14分の1の700億トンです。
 
これに対して、日本の年間の二酸化炭素排出量は、約13億4000万トンです。
それぞれの猶予年数は、
人口比では15年、二酸化炭素排出量比では30年、GDP比では52年です。
いずれにしても、今世紀末までに猶予を使い果たすことになります。
 
発電由来の二酸化炭素排出量は、約4億5000万トンです。
ですが、震災前と比べると、発電由来の二酸化炭素排出量は約1億トン増えています。
もし、原発を震災前と同等の稼働率に上げると、それぞれの猶予年数は、
人口比では16年、二酸化炭素排出量比では32年、GDP比では56年です。
僅かな差ですが、私には貴重な時間だと思います。
 

世界の環境保護団体で組織する「気候行動ネットワーク」は、地球温暖化対策の前進を
妨げている国を指す「化石賞」を、毎年 発表しています。
2017年は、1位は先進国各国、2位は単独の日本に授与されました。
先進国にも含まれる日本は、ダブル受賞となっています。

日本は、「化石賞」の単独受賞の不名誉を受けました。
日本政府が途上国向けに拠出した温暖化対策のための資金に、石炭火力発電所の
建設支援が含まれていることを理由としています。
日本が建設を支援する石炭火力発電所は、従来の石炭火力発電所よりも高効率です。
確かに、高効率の火力発電所の建設は、現実的な温暖化対策でしょう。
ただ、そんな生ぬるい対策が通用する状況ではなくなっているのです。


地球温暖化は、真の問題ではありません。
真の問題は、地球大気に二酸化炭素が増えていることなのです。
大気中に捨てられた二酸化炭素の一部は、温室効果を起こし、
また一部の二酸化炭素は海水に取り込まれ、海水の酸性化と酸欠を引き起こします。
日本は、2013年度に13億9500万トンの二酸化炭素を大気中に捨てました。
これを少しでも減らさないと、農産物も海産物も不足する時代がやってきます。
 
その時、私の食糧自給率向上のblogが脚光を浴びるのです。
きっと!
 

アメリカの環境保護団体(全米オーデュボン協会)は、北米に生息する鳥類の内、
半数以上の314種が気候変動により生存の脅威に直面していると発表しています。
全米オーデュボン協会の報告書が明らかにしたところによると、
米国の国鳥ハクトウワシの夏季の生息域は、今後65年間で75%近くが失われる
恐れがあるそうです。
カッショクペリカンやカリフォルニアカモメ等も、厳しい状況になるとのことです。
 
この報告は、人類の活動による環境への影響の全てが含まれているようで、
温暖化のみの影響ではなさそうです。
それでも、温暖化の影響は多くの生命を脅かし始めているのは間違いないと思います。


鳥類の生存への脅威は、北米に限定された問題ではありません。
陸生の生物とは違い、鳥類は海を超えていきます。
海に囲まれた日本は生息する動物は固有種が多く、哺乳類では日本に生息する生物種
107種の内、48種が日本固有種です。実に、45%が固有種です。
ところが、鳥類では日本に生息する生物種542種の内、日本固有種は10種のみです。
鳥類は、わずか1.8%しか固有種はいないのです。
アメリカの鳥類の危機は、アメリカに留まらないことを意識しなければなりません。
同時に、原因もアメリカには限られないとも言えます。

地球温暖化の影響は、無視してはならないと思います。

ある大学の教授で、地球温暖化否定論者が居られるそうです。
その方は、「大型の台風が減っているから、温暖化は起きていない」と
説明しているそうです。
 
大型の台風が減っていることは、このblogでも取り上げています。
ですが、大型の台風が減っている事が温暖化している証明だと、私は思っています。
なぜなら、温暖化は温室効果ガスによって地表の熱が宇宙空間に逃げなくなる事で
進むからです。
 
大気上層の熱が宇宙空間に逃げずに留まり、上空の気温が上がると考えると、
海面の熱で上昇気流が起きても、上空の気温が高ければ、海面との温度差が小さくなり、
上昇気流は小さくなります。
台風は、この上昇気流が強いほど発達しやすいので、温暖化が進むと大型の台風は
減ると考えることができます。
 
以前にも書いていますが、
この考えは、スーパーコンピュータのシミュレーション結果に反します。
ただ、人類が誇るスーパーコンピュータをもってしても、かなり荒いメッシュで
計算せざるを得ないのも事実です。
だから、シミュレーション結果が正しいとは限りません。
より高性能のコンピュータができたなら、より高精度で計算できるようになり、
違った結果になるかもしれません。
 
とにかく、コンピュータの性能は、高ければ高いほどありがたいことは確かです。
 
「1番じゃないとダメなんですか? 2番じゃダメなんですか?」
私なら、「1番か2番かじゃなく、もっと高性能なコンピュータが必要なんです」
と答えたいですね。
 
ねっ。
蓮舫さん
 

↑このページのトップヘ