新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ:地球温暖化 > 原子力発電

原発再稼動を望む私を知る方には不思議に思えるかもしれませんが、大間原発訴訟の判決はショックなのです。

私が原発新設に慎重なのは、主に二つの理由からです。
一つは、原発が寿命を迎え、廃炉にした後です。
現状の廃炉方法では、原発の敷地内に新たな遮蔽物で囲まれた地下保管庫を作り、核燃料を除く原子炉本体やコンクリート等の遮蔽材を保管します。
おそらく、百年単位で定期的に地下保管庫を更新する必要があるはずで、(地上部分を公園などに整備することは不可能ではないが)半永久的に更地に戻すことはできないと思われます。

もう一つは、原発の敷地が事実上の核燃料最終処分場を兼ねてしまう可能性が高いことです。
現時点で、日本国内には核燃料最終処分場は存在しません。また、核燃料最終処分場が建設される見込みも立っていません。
一度、核燃料が原発内に持ち込まれたなら、再処理で一時的に外部に出ることはあっても、最終的には敷地内に戻されることになります。

つまり、原発は、事実上の最終処分場を兼ねることになってしまうのです。

 

一方で、私は再稼動には賛成の意見を持っています。

既に稼働している(過去に運転実績がある)原発は、再稼動の有無に関係なく、廃炉作業では地下保管庫に原子炉等の放射性廃棄物を保管するしかなく、使用済核燃料を敷地外に搬出できる見込みもないのです。

ならば、再稼動して、可能な限り二酸化炭素排出量の削減に役立てた方が、日本の将来のためにメリットが大きいと考えているのです。

 

 

さて、大間原発ですが、私なら核燃料の搬入禁止の訴訟を考えます。

核燃料搬出の計画が存在しない以上、事実上の最終処分場の扱いになります。

「最終処分場の建設を認めたわけではない」として、「最終処分場の建設と大間原発の核燃料と廃炉時の放射性廃棄物受入の契約成立まで、核燃料搬入禁止」を求めるのです。

 

でも、私は原発再稼動派ですから、訴訟を起こせば、被告は、その部分から切り崩してくるでしょう。

それに、安全性を争点にしない私を受け入れる原告も居ないはずです。

原告側は原告側で、最終処分場問題を絡めた訴訟は、大間原発の最終処分場化に繋がると考えるでしょうから、あくまでも安全性に特化した訴訟を続けるはずです。

ただ、安全性に対する要求値が、原発だけ『悪魔の証明』と同じ考え方になっており、どんなに安全性を追求しても「想定外は起こり得る」の一言で否定するので、議論にならなくなっています。

一方で、原発側は論理的に安全性を積み上げていっており、真っ当な裁判が行われる限り、反対派の意見は通り難いのは当然でしょう。

今回の裁判においても「銭亀カルデラ」を持ち出していますが、このカルデラは直径2kmほどの小さなものです。

その割には、噴出物の量は3~4km³とされています。

これは、カルデラの容積(約0.15km³)と矛盾します。

概ね、カルデラの容積と噴出物の量は一致するので、20倍も違う噴出物の推定値に誤りがあると考えるべきです。

そう考えると、大間原発周辺にテフラが無いのも頷けるところです。

 

このように、原発に被害が出るように自然災害の規模を無制限に拡大していき、それをもって原発を止めるべきと言っても、「何が何でも原発を止めたい」と考えている裁判官に行き当たるまで、勝訴の可能性はありません。

つまらない『無限の安全』を求めるのではなく、現実に即した判断をして、私のように「再稼動は賛成だが、新規は反対」といった考えに傾いてくれることを願っています。

 

高温ガス炉と呼ばれる原子炉があります。
この原子炉については、一度触れたことがありますが、
詳細な記事を見つけたので、リンクを貼っておくことにしました。
 
 
Science Portalより
 

以前、話題にした温排水について、簡単にまとめてみました。
 
まず、計算の前提条件を列記しておきます。
 
1.熱効率は、発熱量から取り出せる電力の割合とする。
2.各発電方式毎の熱効率は、以下のように決める。
   原子力発電=30%、火力発電=40%、コンバインド発電=60%
3.ボイラーの熱効率は、85%とする。
4.ボイラーの排熱は、全て排気として大気に放出されるものとする。
5.ボイラーの排熱、及び発電力以外のエネルギは、温排水になるものとする。
6.コンバインド発電は、一段目をガスタービン、二段目を火力発電とする。
  一段目の排気は、全て二段目のボイラーに利用され、効率は85%とする。
 
この条件で、温排水として捨てられる熱をグラフにしてみました。
 
イメージ 1
 
一目でわかるように、原子力発電の温排水の量は、他の発電方式に比べ、圧倒的に多いことが分かります。
コンバインド発電に比べれば、二倍をはるかに超えます。
温排水だけを考えれば、原子力発電が最も環境負荷が高いことになります。
 
さて、火力発電(コンバインド発電を含む)の弱点の一つは、二酸化炭素排出量ですが、今回は、それを無視して話します。
 
前述のように、温排水の量は、原子力発電が極端に多いのですが、地球環境に排出される熱としては、少し状況が変わります。
まず、原子力発電では、温排水以外の排熱は、基本的にありません。
ですが、火力発電では、10~15%が排気ガスの形で大気中に熱を放出します。
また、発電した電力も、照明であれ、動力であれ、冷暖房であれ、大半は最終的に熱の形で環境に残ります。
これらを考えると、実質的には、熱に関しては、熱効率に比例して環境に負荷をかけていることになります。
 
それを踏まえても、原子力発電は、排熱に関しては最も環境負荷が高いことになりますが、差はいくらか減ってくることが分かると思います。
 
あとは、
二酸化炭素の問題、放射性廃棄物の問題、事故時の問題などを
総合的に考えて、どの発電方式を選ぶのか、
それぞれが考えるべきだと思います。
 
 

2年近く続いた原発ゼロ期間中、各地で原発周辺の海洋環境が劇的に改善したとの報道が相次いでいます。
 
「それまで浜辺に魚などの死体が打ち寄せられていたのが、川内原発が運転を止めてからピタリと止まりました。劇的な変化でした」とは、反原発団体の弁。
川内原発の稼働中、近くの浜辺には毎日のようにサメやエイ等の大型魚類、クジラやイルカ等の海生哺乳類、ウミガメ等の死体が海岸に漂着していたそうです。
ところが、2011年9月の運転停止以降は、それらが一切なくなったそうです。

※「毎日のように~漂着」は、ちょっと誇張されているように思います。
 クジラが漂着すれば、間違いなくニュースになります。
 ですが、川内原発運転中も、そのようなニュースを聞いた記憶はありません。
 温排水により、周辺の生態系が影響を受けることは事実です。
 それを、曇っていない目で監視することが大事です。
 「反原発」で濁り切った目では、真実は見えてきません。
 
 
海水1度の温度上昇は、気温では3~4度の上昇に相当すると言います。
温排水温度は、取水口の海水温度+7℃までと規制されています。
出力100万kWの場合、毎秒約70tの温排水が出ます。
火力発電所も温排水を出しますが、原発の熱効率は30%程度なのに対して、火力は40~60%なので、出力当たりの温排水の量は火力の方が少なくなります。
(火力の方が温排水温度が低いとの報道がありますが、間違いです)

更に言うと、火力発電所は排気の形で大気に熱を逃がしていますが、原子力発電所は大気に熱を逃がしません。
大気に逃がす熱の問題は、反原発派は無視しているのです。
火力発電所の排気は、酸欠であり、一酸化炭素や亜硫酸ガス等の毒性を持った成分も含まれています。
反原発は、これらも無視しています。
反原発派は、原発だけがで、それ以外はと考えています。
再生可能エネルギー発電所で使用される除草剤もであり、20年後には大量に放棄されるであろう再生可能エネルギー発電所もなのです。
原発との比較を拒み、原発だけを悪者にし、それ以外の問題は全てスルーするのは、如何なものかと思います。


このような偏った考えは、温排水の評価でも起こっています。
火力発電所の温排水対策としては、湾外の外洋までパイプを伸ばす方法があるとされています。
ですが、温排水の影響を、一般の目に留まらない場所に移動させるにすぎません。
一部の報道では、この仕組みを持って「火力の温排水は問題ない」としています。
でも、この手法は、単純に原発にも応用可能なので、明らかに、反原発を目的とした公平性を欠いた報道です。
このような出鱈目な報道が、安全神話を作り出し、新たな危険を産み出すのです。
 
原発は、現時点で必要な発電設備です。
だからこそ、安全性が担保されなければなりません。
安全には、正しい報道、公平・公正な報道が、絶対条件になるのです。
発信する側が感情論で報道することは、大本営発表と何ら変わることがないと、報道に携わる人達は知るべきなのです。
 

原発の設計思想は、「フェールセーフ」ではなく、「フォールトトレラント」だ!
と言う方が居られるようです。
 
「フェールセーフ」とは、
故障時にもシステム全体は安全側へ働く(危険にはならない)仕組みのことです。
「フォールトトレラント」とは、
故障してもシステム全体が停止しないようにする仕組みのことです。
 
この二つを反対の意味のように捕えているようですが、
フォールトトレラントは時として、フェールセーフの一部として機能します。
例えば、飛行中の航空機が、一つの故障で全エンジンが停止するようなら、
危険極まりないでしょう。
ですが、フォールトトレラント設計なら、エンジンは停止せず、
フェールセーフとして働きます。
 
 
原発の設計思想が「フェールセーフ」なのか、「フォールトトレラント」なのか、
私は証拠を持っていません。
ただ、緊急炉心冷却装置を初めとする安全設備の類の多くは、
間違いなく「フォールトトレラント」とは真逆に働く装置です。
その意味では、
原発の安全設備は、少なくとも「フォールトトレラント」設計ではなさそうです。
 
ただ、原発の安全設備で、気になる点もあります。
耐震設計において、
原子炉圧力容器より緊急炉心冷却装置の方が脆弱だと聞いたことがあります。
もし、それが事実であれば、ちょっとおかしいんじゃないでしょうか。
 
 

↑このページのトップヘ