新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ:研究機関など > JAMSTEC横浜研究所

JAMSTEC横浜研究所の一般公開で、この話題で盛り上がると思っていなかったのが、
大深度地震でしょう。

大深度地震(深発地震)とは、深さ200km以上の深さで発生する地震を指します。
実は、大深度地震は、発生場所が極端に偏在しているのです。
中でも、マリアナ海溝からウラジオストクまでは、不気味なほど一直線に並んで深発地震が
発生しているのです。

大深度地震

これは、気象庁の地震データベースで、深さ300km以上の地震を検索した結果です。

JAMSTEC横浜研究所で私の質問に答えて下さった方が、偶々学生時代に大深度地震を
研究していた方でした。
大深度地震は、緯度・経度で見ると、不気味なほどに一直線に並んでいます。
これほど綺麗に並んでいるので、何がしかの重大な要因があることが推定されますが、
垂直分布を見ると、意外にも一直線ではないのです。

大深度地震断面

マリアナ海溝付近からウラジオストク付近まで、地図上では綺麗に一直線ですが、
垂直方向の分布では、マリアナ海溝から本州直下までは、南ほど深く、北ほど浅くなって
います。
ところが、本州直下で折れ曲がるように深くなっていくのです。
平面上では直線に分布する要因があるのなら、垂直方向の分布はなぜ鞍型になるのか、
不思議でなりません。
JAMSTECの方とは、その辺りの話をさせて戴きました。

熱く説明して頂きましたが、私の頭ではきちんと理解することはできませんでした。

JAMSTECは、深海へのアクセス手段をいくつも持っている研究機関です。
それ故、深海の神秘に触れ、それを私達に見せることができます。

JAMSTEC横浜研究所の一般公開でも、深海生物や岩石を紹介していました。
「君は見たか!? 顕微鏡が映す深海サンプルの魅力」と題されたミニセミナーでは、
深海生物や岩石サンプルを顕微鏡で見せてくれました。
特に、岩石サンプルを光が通る厚さ30μmにスライスして仕上げる技には驚きました。
写真はありませんが、偏光板を通して見る岩石サンプルは、万華鏡のような美しさでした。

深海生物では、コシオリエビやハオリムシ等が紹介されました。

コシオリエビ
上はコシオリエビ、下はハオリムシです。
これらの写真は当日のものではなく、JAMSTECのHPから拝借したものです。
ハオリムシ

コシオリエビも、ハオリムシも、共生生物と共存しています。
コシオリエビは、全身の毛の中に微生物を微生物を共生させ、それを食べています。
ハオリムシは、体内に硫化水素を食す硫黄酸化細菌を共生させています。

このような話を、サンプルを顕微鏡(拡大鏡?)下に置いて説明がありました。
これらのサンプルは、教育目的で貸し出しを行っているそうです。


さて、ミニセミナーを受講後に「地球シミュレータ」を見学して、再びセミナー会場付近に
戻ってきた時、声を掛けられたのです。
「先程は、セミナーを熱心に聞いていただき、ありがとうございます」
声を掛けてくださったのは、ミニセミナーで講師をされた方でした。
JAMSTEC横浜研究所の一般公開中で、声を掛けられたのは、この時だけでした。
(影の薄い私ですが、なぜか声を掛けられました)
この時、ハオリムシの共生がいつ始まるのかで、少しお話を聞かせていただきました。
ハオリムシは、口も消化器官も持たない生物です。
生きるために必要なエネルギーは、共生生物から得ています。
不思議なのは、いつ共生生物を体内に取り込むのかです。
ハオリムシも、幼生の時には口を持っていますが、どうやら共生生物を取り込む経路は
経口ではなく、体表面かららしいのです。
この話題は、人類の腸内細菌に拡がりました。
人類と腸内細菌も共生関係ですが、私には腸内細菌を取り込む経路が不思議でした。
教えて頂いたところでは、母親の腸内細菌と子供の腸内細菌の遺伝子は異なることから、
母乳で渡すのではなく、食物の中の菌を取り込んでいる可能性が高いようです。


私にとって、JAMSTECはディズニーランドよりも楽しい場所です。
横浜研究所の一般公開でも、色々とありました。
例えば、11月12日、13日の高知新港での地球深部探査船「ちきゅう」の一般公開に
誘われました。
本当は行きたかったのですが、丁重にお断りしました。

心残りはありますが、JAMSTEC横浜研究所の一般公開の話題は今回で終わります。

JAMSTEC横浜研究所の一般公開に行って来ました。
 
JAMSTEC横浜研究所


色々と聞いて来ましたが、
最も気になっていた地球シミュレータの演算桁数について書くことにします。


当ブログではサクラ開花予想を公開していますが、問題になり始めているのが有効桁数です。

わたしは、EXCELのマクロでプログラムを組んでいます。
そのため、有効桁数は、倍精度の15桁です。
繰り返し演算すると、有効桁数は少なくなっていきます。
そのため、倍精度であっても、有効桁数が足りなくなる場合があります。
倍々精度が使えれば、私の使用範囲であれば問題がないのですが、
EXCELマクロでは倍々精度をサポートしていないので、有効桁数を意識してプログラムを作っています。

地球シミュレータ


そんなわけで、地球シミュレータ🌎の演算桁数を聞いて来ました。
回答は、「研究者が選択しています」とのこと。
つまり、倍々精度や8倍精度など、必要に応じて計算精度を選択しているそうです。
ですので、単精度で計算する場合もあるようです。

また、別の場所でも、類似の質問をしてきました。
こちらは他の話題も含まれるので、別の機会に書こうと思います。
 

年に一度の私のアミューズメント・パークは、16時30分で閉園しました。
これで、私の一年は終わりです。
 

当ブログの主題は、温暖化に備えることです。
ですので、JAMSTECでの興味も、気象に関わる展示が主になります。

最も話が弾んだのは、メタンガスの温室効果です。

メタンガスの温室効果は、二酸化炭素の20~30倍と言われており、二酸化炭素に次ぐ
温室効果ガスとして注目を集めています。
このメタンガスの影響をシミュレーションしている研究者とお話しさせて頂きました。
パリ協定など、メタンガスの影響調査の重要性が高まり、現地調査とシミュレーション部門がタッグを組んで取り組んでいるそうです。


気象M高度化研究P

ところで、このお話を聞いている時に、ある国の旧国名が出てきたので、驚きました。
もし、その方が当ブログに気付かれたなら、この話題に赤面されるかもしれません。

もしくは、私の容貌が旧国名をイメージさせたのでしょうか。




閑話休題

ここで最も知りたかったのが、演算桁数がシミュレーション結果に及ぼす影響でした。
メタンガスを含む温室効果ガスの影響をシミュレーションする上で、演算精度について
聞いたところ、演算桁数の影響より、環境モデルの精度や不足の方が結果に影響するとの
ことでした。


シベリアで、永久凍土からのメタン放出を調査されている方も加わり、
「ぬかるんでいるので、一人では足が抜けなくなったら怖くて調査できない」とか、
「マンモスの肉を食べたことはあるか?」でも盛り上がりました。

映像で、永久凍土の中の池塘から採取したガスにメタンが含まれていることを明示的に
示すため、ビニール袋に溜めたガスに火を付けるシーンがあった。
でも、その火の付け方が、適当と言いますか、ビニール袋の隅をハサミでちょいと切り、
蝋燭に火を付けるごとくライターで火を付けるのです。
でも、その炎は蝋燭とは比べ物にならないほど大きいのです。
「もっと安全な火の付け方をすると思っていました」とシミュレーションを担当する研究者と共に驚きました。


ここが、私が最も長居した場所となりました。

写真は、戦利品です。
と言っても、それなりに対価は払っていますから、戦利品とは呼べませんが。


しんかい6500ペン

御覧の通り、しんかい6500にメンダコが乗っています。

誰が考えたのか存じませんが、メンダコが目立っていました。
耳があるタコは、可愛いですね。
ちなみに、耳に見える部分はヒレだそうです。
そう言えば、タコの祖先にあたるイカも、この辺りにヒレがありますね。




次の写真は、ビオトープに繋がる小川です。

ビオトープへの川

この川(水路)についても、質問してきました。
「水はどこから流れてくるのか?」
最初に質問した方は、知っていそうな方を探してくれました。
「たぶん循環しているのではないか?」との事でしたが、結果はハッキリしませんでした。

横浜研究所の北側


これは、敷地の北側を流れる川です。
海が近いので、逆流するのか、「この川は満潮になると水深が深くなります」と書かれた
看板もありました。
ビオトープに塩水が混じるのは良くないので、ここから取水していないはずです。
実際、取水するような箇所も見当たりませんでした。

敷地の東側と西側は、工場に隣接しているので、ここから流れ込むとは思えません。
西側は、道路を挟んで台地ですので、敷地内に湧き水が無いとも言い切れませんが、
可能性は低いと思われます。


そこで、航空写真を見てみたのですが、不鮮明ながら敷地の中を一周するように水路が
巡らされているように見えます。
どうやら、ビオトープから水を汲み上げ、水路でぐるっと一周させているようです。



こんなつまらない質問をして、すみませんでした。

↑このページのトップヘ