新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ:自給自足型農業 > 病害虫

網走市の畑で「ジャガイモシロシストセンチュウ」を国内では初めて確認したと
農林水産省が発表しました。
 
イメージ 1
 
「ジャガイモシロシストセンチュウ」は、ジャガイモの根に寄生して養分を吸い取るため、収穫量に影響してしまいます。
もともと、ジャガイモは、やせた土地でも高い収穫量があるため、病害虫が付きやすいと言われています。ただ、新しい病害虫が侵入すると、新しい対策が必要になります。できることなら、広がる前に排除したいところです。
この害虫は、土壌を介して広がるため、農林水産省は土壌の移動防止などの対策を北海道庁に要請、発生範囲を特定するための調査を始めているそうです。
ロシアや欧州、米国などに分布し、抱卵した雌が球状に固まると、乾燥や低温に強くなり根絶が難しいそうです。
 
なお、害虫が付着したジャガイモを食べても人体に影響はないそうです。
 
 

イノシシのうめき声を再生してイノシシを遠ざける「撃退機」を福岡県みやこ町の漆谷正義さんが開発しました。
 
果樹農家の要望に応える形で、イノシシ撃退機を制作することになったそうです。
近くの牧場に野生イノシシを捕まえてもらい、その際の「キュイ~ン」という警戒の声を収録、イノシシが嫌う犬の吠え声も収めました。
イノシシ撃退機は、夜間、30秒毎にスピーカーで自動再生します。
重量は3kg程度、ソーラーパネル付きなので電源も不要です。
 
イメージ 1
 
漆谷さんは、三洋電機を退職後、故郷に戻り、地域の人の求めに応じて色々な機械を作ってきたそうです。
田圃の水位見張り器、雷検出器、山間部向け揚水装置、手回しラジオ、手回し懐中電灯等も製作してきました。

漆谷さんは電気の専門誌に連載コーナーを持ち、技術開発の解説をしています。
メールでも、連絡を受け付けているそうです。
 



 
「風の谷」では、湧水はあるのですが、田圃まで水を引き入れられるか、気になっています。
まあ、水田は竹林になってしまっているので、復旧には時間が掛かるはずです。
それに、竹林を取り払っても、漏水の危険があり、困難を伴うと思います。
そんな時には、漏水警報を出してくれる機械があると助かるのですが・・・
 

北九州市と環境省九州地方環境事務所は、特定外来生物の「ツマアカスズメバチ」の巣を、北九州市の下水処理場「新町浄化センター」内で見つけたと発表しました。
長崎県対馬市では2012年に侵入が確認されていましたが、九州では初めてです。

ツマアカスズメバチは、体長2~3cm、全体は黒、腹部はオレンジ、脚先は黄色。
ミツバチなどを食べ、繁殖力が強いのが特徴です。
 
イメージ 1
 
(九州大学大学院 農学研究院 生物的防除研究施設HP⇒  
            http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/ine/ueno/tsumaaka2.html

現時点では、北九州市への侵入経路は不明だそうです。
生息域の拡大を防げるか、今後の対応が大きな意味を持ちそうです。
 

地球温暖化の影響で、日本で採れる果物に病気や害虫、味の変化など異変が出ているそうです。
 
温暖化の効果で、千葉県では南国の果物パッションフルーツやマンゴー、サトウキビなどの栽培が広がっています。
一方、群馬県では、シンクイムシ(ガの幼虫)が広がり、リンゴの栽培に影響を与えています。
全体としては、栽培の適地が温暖化に伴って北上し始めているのです。
温暖化による影響に対して、政府は、温暖化への「適応計画」の案を策定し、果物やコメなどで暑さに強い品種を開発するほか、来年以降、これまで栽培していた果物から、アボカド、マンゴー、ライチなどに転換することを推進していくとしています。
 
 
温暖化は、階段を1段上がることではないはずです。
連続的に、変化していくはずです。しかも、終点が見えていないのです。
何としても、温暖化を止めなければ・・・
 

「風の谷」では、ジャガイモの栽培をする予定があります。
そのジャガイモですが、芽に毒があることは知られていますが、
その毒素の遺伝子が発見されたそうです。
 
理化学研究所、キリン基盤技術研究所、大阪大学等の研究チームが、
ジャガイモの天然毒素の剛性に関わる遺伝子を発見したのだそうです。
ジャガイモの毒素であるαーソラニン等は
「ステロイドグリコアルカロイド」の一種で、
コレステロールからできています。
研究チームは、
「SSR2」遺伝子が作る酵素がコレステロール合成に関与していることを
酵母の実験で発見したのです。
 
ジャガイモの毒素は「α―ソラニン」や「α―チャコニン」で、
食べると吐いたり、下痢や腹痛、頭痛を起こしたりします。
今回の発見を応用することで、この遺伝子が働かず、
有毒成分が少ない品種を開発できる可能性があるということです。
 
遺伝子組み換えでこの遺伝子が働かないジャガイモを作ったところ、
ステロイドグリコアルカロイドの量が通常の1割に減らすことにも成功したそうです。
ジャガイモに有毒なアルカロイドが含まれる理由は特定されていませんがいが、
植物のアルカロイドは昆虫や動物による食害を防ぐ効果があると考えられています。
ジャガイモは、やせた土地で育ち、かつ栄養価も高いので、 
病害虫が発生しやすい作物です。
その自衛機能として、毒素を持つのかもしれませんね。
もしそうなら、毒素を作る遺伝子は、そのままの方が「風の谷」の栽培方法には
むいているように思います。
 

↑このページのトップヘ