豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 癌日記

本庶氏のノーベル賞受賞によって免疫療法が話題になっていますが、誤解も多いようです。

私は、医療関係ではありません。
ガン経験者ですが、化学療法の経験もありません。
ただ、素人である私からみても、明らかに間違いと分かるものも少なくありません。
そこで、ガチガチの理系人間である私の見方を紹介しておこうと思います。

 

薬は、必ず副作用を伴います。

強い薬ほど、強い副作用を持ちます。

なぜ、強い薬は、強い副作用が出るのでしょうか。
人の体は、様々なバランスで成り立っています。

病気になった際、それを治すために何らかの作用を持つ薬を投与します。
その結果、バランスが崩れて副作用が出るのだと思います。

 


細胞障害性T細胞は、過剰な免疫反応を抑えるために、免疫チェックポイント受容体(PD-1)を持っています。ガン細胞は、免疫抑制を行うリガンド(PD-L1)で免疫チェックポイントに繋がり、細胞障害性T細胞の活動を止めてしまいます。
その結果、ガン細胞は免疫細胞からの攻撃を止めることができ、増殖を続けることができます。

オプジーボは、免疫のブレーキを外してガン細胞を攻撃します。

細胞障害性T細胞の免疫チェックポイント受容体にリガンドが結び付くのを、免疫チェックポイント抑制剤(オプジーボ)が妨害することで、細胞障害性T細胞の免疫抑制が働かないようにします。
その結果、細胞障害性T細胞は癌細胞を攻撃し続けるようになります。
 

ですが、 細胞障害性T細胞は免疫抑制機能を抑え込まれているので、本来は攻撃してはいけない細胞に対しても攻撃するはずです。

それが原因かどうかは分かりませんが、オプジーボにも様々な副作用があります。
副作用については、製造元の小野薬品工業が説明しているので、御覧になるのが良いと思います。

リンク⇒https://www.ono-oncology.jp/contents/patient/opdivo_about/04.html



オプジーボの副作用では、別の研究もあります。

大阪大学の長彰翁氏らの研究では、副作用などが原因でオプジーボの使用をやめた肺がん患者8人の血液を分析したところ、薬の投与をやめた後も20週間以上、薬の影響が続いている可能性があることがわかりました。

今までは治癒できなかった方の一部は、オプジーボで救われるはずです。
ですが、オプジーボは、夢の薬ではなく、万能薬でもありません。
また、新しく開拓されたばかりの治療分野なので、様々な課題が隠れているはずです。
多くの研究者や医師の努力によって、少しずつ改善されていくはずですし、その道の第一歩を踏み出した本庶氏の功績は素晴らしいものです。
ただ、過剰な期待はすべきではなく、主治医としっかり相談しながら、標準治療を基にした治療を進めていくのが、我々ガン患者の利益になると思います。

本庶佑氏とアメリカのジェームズ・アリソン氏に、ノーベル医学・生理学賞を授与すると、発表されました。

受賞理由は「免疫を抑える働きを阻害することでがんを治療する方法の発見」だそうです。


本庶氏は、免疫チェックポイント分子「PD-1」を発見し、これを基にしたガン治療薬「オプジーボ」が開発されています。
本ブログでも、本庶佑氏と「オプジーボ(ニボルマブ)」を取り上げています。

 丸山夏鈴さんが亡くなられました
  (免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」が悪性黒色腫の治療薬として承認)

 卵巣がんに新薬
  (小野薬品工業のニボルマブ(商品名オプジーボ))

 

私の期待が叶い、勝手に喜んでいます。


ノーベル賞受賞者2018

9月21日は、宮沢賢治さんの命日です。
小学校の卒業前、担任から「雨にも負けず」の全文を教えて戴きました。
賢治さんが亡くなったのは、その「雨にも負けず」が書かれた2年後の1933年9月21日でした。
 
「雨にも負けず」が世に出たのは、亡くなった翌年の9月21日だそうです。
没後1年を記念した『岩手日報』夕刊の「宮沢賢治氏逝いて一年」に「遺作(最後のノートから)」と題して掲載されたのが最初のようです。
これに先立つ同年2月16日、賢治の弟・清六さんが「宮沢賢治友の会」に招待された際、持参した遺品の鞄の中から発見され、初めて他人の目に触れたのです。
 
宮沢賢治さんは、37歳で早逝されました。
お墓は、花巻市内の身照寺にあります。
私は行ったことがありませんが、東北を旅行する機会があれば、訪れてみたいとおもっています。
 
イメージ 1
 

厚生労働省が各医療機関に対し、原因遺伝子や臨床情報について、国立がん研究センターに設置されている「がんゲノム情報管理センター」(C-CAT)への登録を義務付ける方針を固めたそうです。
原因遺伝子を調べる遺伝子検査等は、来年度から保険適用される予定で、同時に登録が義務化されることになります。

ゲノム情報を集約・保管し解析することで、ゲノム医療を加速する事が目的です。

臓器別に治療法がある従来のがん治療とは違い、がんゲノム医療は遺伝子変異に対応して治療します。
同時に、ゲノム医療によって開発された医薬品は、審査期間を短縮して、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用する方針なのだそうです。


私の体調は、現時点では何の問題もありません。
ですが、再発した際には、良い治療薬が開発されているといいなと思っています。

多くの報道で御存知の通り、
「ちびまる子ちゃん」の原作者のさくらももこさんが、乳癌のため亡くなられました。

やはり乳癌で、女子プロレスラーの亜利弥さんも亡くなられたそうです。


お二人とも、若くして亡くなられました。
早期発見できなかったのか、治療法がなかったのか、
御本人も、御家族も、口惜しい思いをされているのではないかと思います。

半分の方が癌に罹り、三分の一の方が癌で亡くなる時代です。
早期発見と手術・化学療法等、少しでも回復の機会が増えるようになってほしいものです。


私自身、癌が再発するのではないかと、不安を抱えて暮らしています。

↑このページのトップヘ