豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ:自給自足型農業 > 農作業の注意点

かつては、秋田県や新潟県だけに見られた「ツツガムシ病」ですが、
1980年代以降は、全国に蔓延するようになりました。
多い年は1000人近くの患者が発生します。(昨年は338人)
 
「ツツガムシ病」は、その名の通り「ツツガムシ」が媒介します。
(ツツガムシは、名前と違って昆虫ではなく、ダニ(クモの仲間)の一種です)
症状は、倦怠感、頭痛、悪寒、40℃前後の高熱と共に、
上半身に直径2~3mmの発疹が現れます。
治療が遅れると、数ヶ月の長期入院になり、最悪は死に至るそうです。
治療をしない場合の致死率は約30%もあります。

 
マダニ


 
「豊葦原中津谷」周辺は、山林や竹林に囲まれているので、「ツツガムシ病」や
マダニが媒介する「重症熱性血小板減少症候群(STFS)」等には
充分に注意しなければなりません。
 
自然と共に生きるということは、自然界の感染症とも共に生きること。
嘗めてかからないように、注意したいと思います。


国立感染症研究所 「マダニ対策、今できること」
(リンク先は以下↓)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/2287-ent/3964-madanitaisaku.html
 


毒虫・毒蛇など
 ツツガムシ病

肥料・土壌改良など
 火山灰の中和に貝殻
 「豊葦原中津谷」の水の確保について

 化学肥料について
 化学肥料の原料の輸入状況について

話題
 「魔法の砂」と呼ばれる撥水砂


↑このページのトップヘ