新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ: 気象予測

2018年の東京のサクラ開花予想日は、
3月27日

開花予想に用いた法則は、下記の2種類です。

 157℃の法則(改):起点温度=日平均気温 9.94℃ 積算温度= 168℃
4730Kの法則(改):起点温度=日平均気温 8.13℃ 積算温度=5039K

これらについて、
1月16日までの気温実測値から算出した開花予想日は、以下のようになりました。

 157℃の法則(改):3月31日
4730Kの法則(改):3月27日

昨年からの改良点は、気温予測ツールの刷新です。
これに苦労して今日まで発表できずにいたのですが、
新しい気温予測ツールの計算結果に特徴的な周期が現れたことから、
実用レベルに達したと判断し、発表に漕ぎ着けました。
なお、サクラの開花特性は、2017年と同じ手法を用いています。
157℃の法則(改)と、4730Kの法則(改)で計算しましたが、
昨年同様、4730Kの法則(改)を採用することにしました。

さて、本日であれば、2月9日までの気象データを使えるのですが、
4週間も短い1月16日までの気象データしか使用せずに計算しています。
これは、ウェザーニュースと同等の条件で開花予想を出したかったためです。
というのも、ウェザーニュースが開花予想を発表したのは1月18日で、
同日に私も発表するためには、1月16日までの気象データしか利用できないためです。
まあ、自己満足のレベルでしかありませんが・・・


さて、予想した3月27日ですが、気象会社の予想よりも遅めの結果となりました。
さて、今年はどうなりますでしょうか。


今後ですが、三つのテーマで書いていきます。
まず、やり残している「サクラの開花法則の研究」です。
二つめは、開花宣言後の「反省会」です。
三つめは、気温予測ツールで明らかになった発見について、報告したいと思っています。

御期待ください。

サクラの開花予想を行う上で、肝となるのが、気温変化の予測です。
気象予測のニューバージョンを作ったのですが、思ったような仕上がりにはなっていません。
このため、サクラの開花予想が大きく外れた日付となってしまっています。

もちろん、昨年のツールを使うことは可能ですが、サクラの開花予想だけなら、気象会社が数多く出しているので、精度向上が何もできないままに開花予想を出しても意味がありません。
もう少しの間、ツールの改善を続けていきますが、現時点では速報レベルの開花予想も難しく、今週は見送りとします。


まだ、サクラが咲くまで、時間があります。
札幌の開花は、五月連休頃です。
それまで、あがき続けてみます。

1月18日、ウェザーニュースより今年のサクラの開花予想が発表されました。
それによると、各地の開花予想は、以下のようになっています。

  福 岡 : 3月22日
  佐 賀 : 3月22日
  熊 本 : 3月22日
  高 知 : 3月22日
  東 京 : 3月22日
  名古屋 : 3月25日
  大 阪 : 3月27日
  京 都 : 3月29日
  仙 台 : 4月 6日
  札 幌 : 4月29日


例年ですと、この時期には東北以北の予想は誤差が大きくなるので、開花予想は発表しないものですが、今年は札幌まで発表されています。
この予想が、後続の発表でどのように変わっていくのか、見ていきたいと思います。


さて、私のサクラの開花予想は、いよいよ苦しくなってきました。
なんとか、来週の発表に間に合わせたいと思っています。

残り二週間で、サクラの開花日を予想しなければなりません。

ここに来て、開花の新しい法則を見つけ出すことが難しくなってきました。
そこで、新しい法則の探求を一時中断し、気温の変化を予想するプログラムの作成に注力することにします。

開花の時期を推定するための法則は、昨年に使用した三種類の法則を踏襲します。

もちろん、開花の新しい法則の探求は、継続します。
もし、新しい法則を発見したなら、改めて開花の時期の予想をし直します。


一昨年は、サクラ開花予想そのものを断念しました。
そして、今年も新しい法則の探求を中断することになってしまいました。
リアルタイムで行っていることとは言え、当ブログを見て頂いている方の期待にそえず、申し訳なく思っています。

年越しの課題について、検討を続けましょう。

東京、札幌、鹿児島に共通して、落葉時期から開花日までの気温(セ氏)の単純積算値と、落葉時期との間には相関がありました。
落葉日が遅くなると、開花までの気温の積算値が大きくなることを意味しますが、落葉時期と開花日の間にも相関がないこととの間に矛盾を生じます。
昨年は、ここまでの考察でした。

この問題に解答を得るには、落葉時期から開花日までの平均気温が、落葉時期が早いほど高温傾向になっているかを確認する必要があります。
と言うわけで、調べてみると、以下のような傾向が見られました。

  札 幌  : 相関係数 = 0.520
  東 京  : 相関係数 = 0.780
  鹿児島  : 相関係数 = 0.804

かなり高い相関係数があることが分かります。
落葉時期が早いほど、冬季の気温が高くなる傾向にあるようです。

ですが、これでは、サクラの開花予想には意味を持ちませんね。


↑このページのトップヘ