新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ: 気象予測

江戸時代末期、ソメイヨシノは偶然の産物として生まれたそうです。
その場所は、染井村だったと言われています。

一部では、韓国の済州島産のエイシュウザクラが似ているため、ソメイヨシノの起源とする説もありますが、明らかに間違いです。これは、ウリジナルと揶揄される韓国の偽起源説の主張に過ぎません。
DNAの解析でも、他の手法でも、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラであることが明確になっています。

さて、その染井村ですが、現在の東京都豊島区駒込にありました。
そこには、ソメイヨシノ発祥の地を示す碑があります。

染井吉野桜発祥の碑


横道に逸れてしまいましたが、大反省会を始めようと思います。

これまで、気温の予測精度に問題があることを反省してきました。
今回は、『4730Kの法則』にメスを入れようと思います。

ソメイヨシノは、気温に敏感だとされています。
特に、開花直前は、僅かな気温の違いで、開花日が変化します。
ですが、『4730Kの法則』は、気温に鈍感なのです。
『4730Kの法則』では、絶対温度の積算値で判定します。
絶対温度は、0℃で273Kになりますから、ソメイヨシノが咲くころの気温では290Kくらいになってしまいます。
気温が1℃高くても、開花予想日には1/290しか影響しません。
元々の性質として、『4730Kの法則』はサクラの開花予想に不向きなのです。

もう一つ、精度を向上させられない要因があります。
それは、気温を一日の平均値で代表させていることです。
そのため、昼夜の気温差が大きくなると、昼間の高温で開花が進むことになります。

そこで、1時間毎の気温を取り込み、開花時期との関係をグラフにしてみる事にしました。
それが、下記のグラフです。

3℃超過積算気温
このグラフは、2001年から2018年について、開花日の正午を起点に気温を積算したものです。
単純な加算では傾向を読み取ることが蒸すかしくなるので、次の2点の加工をしています。

 加工1:気温が3℃以上の場合のみ、積算気温に加算する。
 加工2:2001~2018年の平均値で、各年の値を除す。

グラフを見ると、何ヶ所か絞れている部分があります。
しかし、一点にまとまるような箇所はありません。
解析方法にも問題がありますが、気温以外にも日照が関係しているのかもしれません。


色々と解析していきたいのですが、本業が忙しく、中々できそうにありません。
これ以上の解析は、来年のサクラ開花予想2019で時間を掛けて行うつもりです。

反省会は、今回を持って終わりにする事にします。

そろそろ八重桜が見頃になる事ですね。
でも、ソメイヨシノは散ってしまいました。
散る前に千鳥ヶ渕で撮影したソメイヨシノを見ながら、反省会を続けましょう。

千鳥ヶ渕

前回までの検証で、サクラの開花予想が問題点だらけだったことが分かっていますが、
大きく分けて(?)、気温の予想と、サクラ開花の法則の2点です。
今回は、気温の予測について、少しだけ深堀してみました。


昨年のサクラの開花予想では、2日だけでした。
昨年との違いは、計算に用いたプログラムの他に、計算に使用した気象データの期間が
あります。
今年の気温の予測で使用した気象データは、1953年1月17日~2018年1月16日
でしたが、昨年のサクラの開花予想では、2016年7月1日~2017年2月23日の
気象データを用いていました。
そこで、使用する気象データの期間を短くした場合との違いを検証することにしました。

 気象データ期間=1954年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=1986年~  サクラ開花予想日=3月26日
 気象データ期間=2002年~  サクラ開花予想日=3月25日
 気象データ期間=2010年~  サクラ開花予想日=3月27日
 気象データ期間=2014年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2016年~  サクラ開花予想日=3月23日
 気象データ期間=2017年~  サクラ開花予想日=3月23日

全体の傾向としては、気象データの期間を縮めた方が、精度が高まるように思えます。
見方を変えると、気候の変化が激しく、長い期間の気象データを用いた方が変化に追随
できなくて、このような結果になっているのかもしれません。

サクラ開花予想の大反省会も2回目です。

東京周辺は、この週末がお花見の最後のチャンスと言われています。
遠山の金さんが現れそうな桜吹雪が、各地で見られるようです。

六義園の枝垂桜
              (六義園の枝垂れ桜)


前回は、気温の予想精度を確認しました。
気温の予測は、2018年1月16日までの気象データで予測した場合を紹介しました。
今回は、開花日の2018年3月17日までの気象データで計算してみました。

気温実測値と計算値の比較
流石に、実測値をトレースしているので、実測値に近い動きになっています。
予測値とは比較にならないくらいに、実測値に近付いています。
3者を比較すると、次のようになります。

計算結果




さて、肝心なサクラの開花予想への影響ですが、3月17日までの気象データによる計算
結果でサクラの開花予想をしてみました。
サクラの開花予想日は、3月27日!

実際の開花日までの気象データを用いても、サクラの開花予想は変化しませんでした。
つまり、4730Kの法則自体にも、問題があるということです。
むしろ、基準になる日付けの精度が高いことから、気温の予測の根幹部分の問題は少ない
ように思えてきました。


次回は、更に掘り下げてみたいと思います。




私のサクラ開花予想では、明日の3月27日が開花の予想日でした。

昨今の政府は、平気で公文書を偽造し、その資料をもって国会で説明する組織です。
国会で説明したのですから、政府関係者を除く日本国国民全員に対して嘘をついたことに
なるのですが、反省の色はなく、政府全体で隠蔽や黙認を続ける腐った状態です。
その腐敗が気象庁にも及んでいないとは言い切れません。
気象庁の発表の「3月17日に開花した」は嘘で、実は開花していないのかもしれません。

というわけで、靖国神社の境内にある標準木を確認しに行ってきました。
気象庁の弁を信じるなら、3月24日で満開のはずでした。

標準木まで行ってみると、
標準木満開
見ての通りでした。
満開は、誤報ではありません。
政府の腐敗は深刻ですが、幸い気象庁にまで拡がってはいないようです。

ここは、私自身の非を認めて真摯に反省し、なぜ10日もずれてしまったのか、
検証しなければならないと考えた次第です。
私は、政府のように腐りたくはありませんから


さて、サクラ開花予想の反省会です。
サクラの開花を予想する上で基本となるのは、一つは、気象に左右されると言われる
サクラの開花の条件の解明です。
もう一つの基本は、予測日から開花日までの気象の予測です。
この二つのいずれかが崩れただけで、サクラの開花予測は外れてしまいます。

私のサクラ開花予想方法は、気温に特化して開花条件を推定しています。
具体的には、気温が8.13℃を超えた日からの積算気温(絶対温度)が5039Kに
達した日に開花するとの考えです。
隠れたポイントは、「気温が8.13℃に達する日をどのように特定するのか」です。
これは、後日、解析することにして、
今回は、気温の予想について、確認だけすることにします。


気温実測値と予測値

正直に言ってショックなのですが、温度変化の傾向も、ほとんど捉えられていません。
ほぼ、これだけで、サクラの開花予想の失敗が分かってしまいます。

このショックから立ち直れそうにありませんが、更なる準備ができ次第、大反省会を続けることにします。

本日、東京の開花宣言が出てしまいました。
私の予想から、実に10日も早い開花宣言です。

今年は、開花予想が難しい年だったように思います。
それは、主要な気象会社の予報を見れば、それが見えてきます。

例えば、ウェザーニューズは、当初は3月22日としていましたが、
最終的には、3月17日(今年はピッタリ)に5日も変更しています。
ウェザーマップは、当初は私と同じ3月27日としていましたが、
最終的には、3月18日に変わっています。実に、9日もの変更です。
日本気象協会は、当初は3月24日としていました。
こちらは、最終的には、3月20日としていました。

三社の平均で6日も前倒しに変更したにも関わらず、実際のサクラの開花は
平均で1日以上も早かったのです。


と言い訳しましたが、準備が出来次第、数回に分けて大反省会を公開するつもりです。
 

↑このページのトップヘ