豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: お知らせ

本日で、ブログ開設から7周年です。
Yahooブログで始まりましたが、Yahooブログの終了に伴い、ここに引っ越してきました。

7年も続けると、色々なことが起こりますね。
個人的にも、社会でも、こんなことが起こるとは予想もしていませんでした。
このブログは、未来を予測するところから始めているのですが、予想外のことが起きるものです。
なので、予想できることは予想して、備えられることには備えておきたいですね。

と言うことで、まだまだ続けていきますので、今後もよろしくお願いします。

「再開します」と言っても、こんな辺境のブログでは、しばらく活動が滞っていたことに気付く方は少ないでしょう。
ですが、個人的な事情により、 しばらくは何もできていなかったのは事実です。
スピンオフブログ の方は、一歩早く復活していますが、こちらも、来週から毎日曜日の更新を復活させていこうと考えています。



さて、当ブログとスピンオフブログの両方を御覧の方は、「伊牟田勝美は 1人ではなく、複数人で運営しているはず」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。
地球温暖化を書いたり、癌について書いたり、といったところは兎も角も、他にも、地震予知について書いたり、船舶について書いたり、動物について書いたり、宇宙について書いたりと、節操のない内容になっています。また、細かく見ると、当ブログとスピンオフブログで、一方をヒントにしたような内容を他方に書いている例も見られます。
これを1人の人間が書いているとすると、多重人格と言うか、方向性にまとまりがないと言うか、気持ち悪いと感じるかもしれません。
ですが、伊牟田勝美は私一人だけです。決して、池上と村岡と田原の頭文字を取ってイムタとしているわけではありません。
その証拠として、個人的な理由で更新が止まったことは、運営が1人で行われていることの証明になるはずです。

えっ?
家族のような近親者や、組織の中の1部門のように、利害が一致する小さな集団で運営しているならあり得る?
『伊牟田勝美』グループから脱退者が出てしまって内部が混乱して、更新どころではなかった?
グループ・メンバーが、出張や入院、親族の不幸が偶々重なって、更新できなかった?
単純に、メンバーの誰にもネタがなくて、更新できなかった?

まぁ、そうですね。
考えられないことはありませんね。
仕方がないので、今後も伊牟田勝美が1人であることを証明すべく、努力していきます。

「そんなことに努力するな 💢」
(伊牟田勝美グループの誰かの声?!)

最近、『BMIの嘘とiBMI』だけが、アクセス数が極端に多い傾向にあります。
このような現象は、多くは誤検出によるものです。
そこで、「iBMI」で検索したところ、『IBMi』が掛かりました。
『IBMi』は、IBM社のOSの商品名だそうです。当然、登録商標のはずです。

私は、inteIIigenceの意味でBMIに「i」を付けただけです。
誤解を招くことは避けたいので、「i」と「BMI」との間に「-」を追加することにしました。
意図的な一致ではありませんし、個人ブログの記事の一つにすぎないので、これで十分でしょう。

しばらくは、アクセス数の変化を見ていくことにします。

なお、『BMIの嘘とi-BMI』に関心をお持ちの方は、『サイトマップ』から、『科学的好奇心 索引』を経由して御覧ください。
 

【PS】
i-BMIの計算を関数電卓やスマホ、Excel等を使わず計算する場合、次のように計算できます。

 i-BMI=√(身長×身長×身長×身長×身長)
 
平方根は、筆算でも可能ですから、電卓が無くても可能ですし、通常の電卓でも平方根機能は付いていることが多いので、これで計算できると思います。
 

しばらく、ブログの更新を休もうかと思っています。
林の如く静かになろうかと、考えています。
コメントを頂いた場合は、風の如く速やかに公開したいとは考えています。


ブログを休む理由ですが、書きたいことが無くなったわけではありません。
ですが、色々と調べたり、データを整えたり、論理的な説明を加えるための時間の確保が難しくなってきたためです。
現に、最近は文章のみとなってしまっています。

世の中に目を向けても、火の如く新型コロナウィルスが蔓延し、情勢も怪しくなってきています。
それどころか、いつ私が罹患しても不思議ではない状況です。

また、家庭的にも厄介ごとがあり、徐々に状況が厳しくなってきています。

これらから、精神的に弱気になっており、どちらかと言うと『怒り』をパワーにしていたブログへの意欲も下がっています。
毎週日曜日の更新を目標に頑張ってきましたが、これを維持することが難しくなりつつあるのです。


もし、世の中も私個人も問題が解決して、なおかつ私が生き残っていましたなら、なるべく早く気力を復活させようと思います。


まあ、いい加減な人間なので、岩の如く動かない意志というわけではありません。
もしかすると、明日にも復活するかもしれませんが・・・


なお、スピンオフブログも、同様です。

先月のアクセス上位は、興味深い結果になりました。

上位を占めたのは、「動物の歩き方」シリーズでした。
 「動物の歩き方ー1」3位
 「動物の歩き方ー2」1位
 「動物の歩き方ー3」7位
このシリーズで気になっていたのは、「夏休みの自由研究」というサブテーマの効果でした。
「〜 ー1」と「〜 ー2」は、サブテーマが付いていましたが、「〜 ー3」ではサブテーマを付けていませんでした。
結果は、微妙なところです。

上位には、もう一つの傾向がありました。それは、天文関係が多かったことです。
 「ペテルギウスが減光」   2位
 「UFOと地球外知的生命体」5位
 「ボリソフ彗星接近」    6位
いずれも、12月に書いた記事でした。
「動物の歩き方」シリーズが、いずれも10月以前に書いている古い記事であることとは対照的です。

上記以外では、今秋に頻度が高くなった「イノシシ撃退機」は、12月も4位でした。
上位の常連だった「ロータリーエンジンの復権」は、12月は10位と過去にない低調さでした。

意外だったのは、算数(数学)系の記事が読まれたことです。
8位の「夏休みの暇つぶしの数学」の他にも、「2=1なの?」や「算数の教え方」が比較的上位に入っています。

嬉しいことは、「行政サービスの簡略化への道」が9位に食い込んだことです。
実は、上位陣の中で、当ブログの本来の目的に沿った記事で上位に入ったのは、この記事「グレタさんと移動手段別CO2排出量」でした。
12月は、13件の記事を書きましたが、当ブログの本来の目的に沿った記事は5件だけ(38%)でした。
12月のアクセス上位の13件で見ると、6件(46%)が12月に書いた記事でした。
前述の2件以外も読んで頂けたようですが、当ブログの本来の目的が、まだまだ浸透していないようです。


現在、私個人を取り巻く環境は、あまり良くありません。
年始の連休が終わると、ペースが落ちそうです。
御理解いただきたく、お願い致します。
 

↑このページのトップヘ