豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ:豊葦原中津谷の辞書類 > 用語集

光周性(こうしゅうせい)
 【意味】昼の長さと夜の長さの変化によって、生物が示す現象のこと。
 【実例】電照菊では、菊の光周性を利用して、昼の長さの変化を人工的に調整
     することで、開花時期を人為的に変更する。
 

自家不和合性(じかふわごうせい)
 【意味】同じ品種同士では交配しない性質のこと。
 【実例】桜や梨は、異なる品種を混植することで、結実するようにする。
     例えば、ニ十世紀と幸水を混植することで、結実させる。


生物農薬(せいぶつのうやく)
 【意味】天敵生物で害虫を駆除する農薬。
 【実例】テントウムシを人工交配や接着剤などで飛べなく改良し、特定の場所で
     アブラムシの駆除を行う。

↑このページのトップヘ