豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 日記

2ヶ月余り前の12月6日、新型コロナウィルス感染症の新規感染者数と重症者数を予測しました。
この時の予測では、感染者数のピークは1月4日ごろ、感染者数は3230人、重症者数のピークは1月15日ごろ、重症者数は760人くらいと予測していました。 
この時は、「これより少なくなることを願う」と書きましたが、結果は大きく上回りました。


さて、計算と実際の差ですが、実際の値で計算したところ、感染者数のピークは1月14日、感染者数は4632人、重症者数のピークは1月23日、重症者数は933人となりました。
実数は、感染者数は1月8日に7844人、重症者数は1月26日に1043人を記録しています。
感染者数は、曜日の差が最大で2倍もあり、感染拡大期には3倍程度まで広がることもあります。週平均を基準にすると、週の最大は1.3〜1.5倍になります。データのばらつきもあります。
それでも、計算値との差は大きすぎます。
計算方法自体の問題は大いにありますが、グラフを見ると、問題は他にもあることがわかります。

第3波は、実際には、第3波と第4波に分けられそうです。第3波が収束しない内に、第4波が始まったように見えるのです。
地方自治体には、2つの波がはっきりと分かれるところもあります。
典型が、愛媛県です。大阪府も、二つの山に分かれます。それ以外にも、複数の県で同様の特徴が見られます。
一つ目の山は、『勝負の3週間』と言われた時期と概ね一致します。
二つ目の山は、年末年始とほぼ一致します。
感染動向を見ると、年末年始の感染者は、帰省に関係するものが少なくありませんでした。これが、第三の山を作る要因の一つになっている可能性があります。

そこで、第3波に第4波を重ねる計算をしてみました。すると、実際の感染者数や重症者数の変化とよく一致しました。
再計算の結果は、感染者数のピークは1月14日、感染者数は6034人、重症者数のピークは1月24日、重症者数は983人となりました。曜日によるバラツキも考慮すると、実数にかなり近い結果となっています。
やはり、第4波もあったようです。

さて、これで死者数の推移も予想すると、2月7日がピークとの結果が得られました。
計算方法に科学的な根拠は薄いのですが、この計算結果が正しいなら、医療機関にも光が差して来ると思います。

東京都も大阪府も、「今は緊急事態宣言を解除するとかではない」と明言しました。
私も、同意見です。
医療機関が一息つけるように、私たちは最大級の感染予防を続けなければなりません。

今も、世界中で、森喜朗氏の発言が問題になり続けています。

森喜朗氏の発言は、次のようなものでした。
女性がたくさん入っている理事会は時間が掛かる」
この発言が、「女性蔑視である」との問題でした。
これは、これで、問題ではあるのですが、そもそも侮辱的な発言であることが、私は気になっています。

例えば、「女性」を「男性」に置き換えてみましょう。
男性がたくさん入っている理事会は時間が掛かる」
これは、女性蔑視にはならないと思います。
一方で、「男性蔑視だ!」と言われることは、たぶんないでしょう。
だからと言って、このような言い方は、良いものではありません。

「女性」を「黒人」に変えたらどうでしょうか。
黒人がたくさん入っている理事会は時間が掛かる」
これは、「人種差別だ!」と大騒ぎになるでしょう。それこそ、暴動になりかねません。
「白人」に変えたら、「人種差別」とは言われないと思います。
でも、気分の良いものではありませんね。

「韓国人」に変えたらどうでしょうか。
おそらく、「日帝の残滓だ!」と韓国や中国で大騒動になりそうです。
「日本人」に変えたところで、批判のネタは変わっても、似たような感情になるはずです。


主語を何に変えても、この発言は許されそうにありません。
つまり、森喜朗氏の発言は、女性蔑視なのかどうかより、氏の精神の中にある侮辱的な思考によって出てきた発言であることが問題なのです。
様々な差別が問題になっていますが、その根源には、自分が属する世界とは違う世界の人々を嫌い、排除または服従させようとする心の問題があるのです。ここを解決しなければ、真の解決にはなりません。
例えば、トランプ前大統領は、性差別と人種差別が問題になりました。このように、一つの差別をする人物は、他の分類でも差別する傾向があるのです。ここにメスを入れなければ、形を変えた差別が延々と続くことになります。

森喜朗氏の頭の中は、平等の精神は薄く、差別的に物事を判断しているのでしょう。
森喜朗氏のこの精神構造が、オリンピックの精神と相容れないことが、最大の問題なのです。
ところが、森喜朗氏に影響力を持つ人々から、氏を擁護する発言が増えています。
多くは、何らかの形で森喜朗氏と利害が一致しているはずですが、外から見ると違和感と言うか、異世界の話のように聞こえてきます。
森喜朗氏の頭の中では、私たち一般人は、うるさいだけの烏合の衆として差別されているのかもしれません。開催されるオリンピックは、森喜朗氏が棲む世界で行われるのでしょう。
正に、モリンピックそのものです。
これでは、誰のためのオリンピックなのか、納得がいかないところです。

ならば、ここは森喜朗氏を会長職から引き摺り下ろし、精神的な支柱になれる人物を推すべきではないでしょうか。
でも、大会組織委員会には、それが出来そうにないので、私の東京オリンピックへの関心が薄れていくのです。

東京オリンピック・・いや、モリンピックへの興味は、薄れました。
もちろん、大会組織委員会の森喜朗会長の例の発言もありますが、同時に、オリンピックが彼のためにあるかの印象を受けます。
東京オリンピック・パラリンピックが、世界や日本の人々が望む形ではなく、森氏の望む方向へとズレていきつつあるように思います。
そんな大会には、当然のことながら、興味が失せるものです。

IOCが森喜朗会長の謝罪を受け入れた背景には、両者とも今年の開催を望んでいるからかもしれません。彼を排除した場合、新しい会長が更なる延期を打ち出したなら、IOCとの齟齬を生み出しかねません。そこまで考えた謝罪の受け入れと取るのは、考えすぎでしょうか。


それにしても、ここまで世界中で批判された人物を辞めさせようとする理事がいないことに、強い違和感を感じます。
「森喜朗氏とは一緒に仕事をしたくない」と、ボランティアを辞退する人まで出ています。その気持ちは、わかります。
私も、謝罪会見としながら、居直ったような受け答えをする森喜朗氏が会長を続ける大会は、どこか異世界の競技会のように感じます。感性が一致しないのです。
このままで行くと、歓声も聞こえてこない大会になってしまいそうです。

ただ、注ぎ込んだ税金については、納得のいく説明は求めていきます。
政府は、任命権がないことを理由に逃げていますが、予算の責任は政府にもあります。
そこは、逃れることができないことを、政府は理解しなければなりません。
 

若い皆さん、助けてください

高齢者を新型コロナ感染から守ってください
そのために、若い皆さんも外出、特に飲食を自粛してください



若い皆さん、助けてください
医療機関や飲食店などを守るために、国債を発行させてください
若い皆さんが、将来、使うはずだった財源を、今、ここで使わせてください



現職の政治家になり代わり、お願い申し上げます
どうか、若い皆さんの協力をお願いします



このような事態を防げない政治家を選んだ私たちを、お許しください

若い皆さんの御協力を得て、この難局を乗り越えさせてください


バイデン氏は、アメリカ大統領に正式に就任しました。
地球温暖化を否定、新型コロナはただの風邪と言い切る大統領によって、ホワイトハウスは科学がない時代に送り込まれていましたが、原始時代から現代に戻ってきたようです。

トランプ氏は、バイデン氏の就任式には出席しませんでした。
やはり、トランプは原始人のようで、現代のアメリカの礼儀を知らないようです。


さて、日本政府が、現代人との付き合い方がわかっているか、残る問題かな。

↑このページのトップヘ