豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 日記

私は、中道を任じています。
そのせいか、左派からは「右寄りだ」と言われ、右派からは「左寄りだ」と言われます。
と言うことは、私が中道である証拠でしょう。

学生時代に、こんなことがありました。
「君は、右なのか、左なのか、はっきりさせた方がいい!」と、ある学生運動家から言われました。
その方は、しっかりした考えを持つべきとのアドバイスのようでしたが、私は次のように反論しました。
「中道は、綱渡りのように、左右のバランスを取る必要がある。そのためには、両方の言い分を理解し、かつ両方の長所を活かせる解を見つけなければならない。
右か、左かというのは、綱から右に飛び降りるか、左に飛び降りるかを選ぶようなもので、相手の長所を棄てることになりはしないか」
その方は、懐の深い方だったのでしょう。
理解を示してくれました。



近年、世界でも、日本でも、極端化が進んでいるように感じます。
政治家のトップが、偏った発言を繰り返すようになりました。それも、堂々と大きな声で主張するので、ついつい引き込まれてしまいがちになります。

そんなトップが、やたらと増えてしまいました。
アメリカのトランプ前大統領。
イギリスのジョンソン首相。(間も無く退任)
ロシアのプーチン大統領。
ウクライナのゼレンスキー大統領。
北朝鮮の金正恩総書記。
中国の習近平首席。
ブラジルのボルソナーロ大統領。

退任しましたが、韓国やフィリピンの前大統領や、ミャンマーの軍事政権等、危ない指導者が非常に多い印象です。


このような極端な主張をする人物には、一定の支持者が存在します。
このような指導者の力強い発言によって、支持者自身が極端な主張を始めています。

しかし、極端な主張の多くは、特定の人々を差別、あるいは排除するもので、現代においては受け入れがたい内容です。
それでも、ある程度の集団によって、過激な言動を繰り返すため、これに反対する者も声を荒げざるを得なくなっています。

これが、怖いのです。

元々は、一部の人々の小さな主張だったものが、権力者が声高に主張したことによって、極端な主張が市民権を得てしまったのです。

綱渡りを例にすると、一方に傾きながらも、他者が反対側に引っ張ることでバランスを保っていた複数の人々を、権力者が綱を揺すったために、バランスを保てなくなり、片側に落ちてしまったのです。
同時に、バランスを取るために反対側へ引っ張っていた人々は、相手が居なくなったために、反対側へと落ちてしまったのです。

綱から落ちてしまうと、元の綱に戻るのは非常大変です。
そうなると、バランスを取るために協力し合っていたはず両者は、互いに協力しなくなり、単に自らの主張を通そうと、綱の下で争うようになります。

こうなると、これらを扇動し、利益を得ようとする者が現れやすくなります。
扇動するために、主張は先鋭化していきます。対立する集団も、対抗措置として、反対意見を先鋭化させていきます。
最終的に、先鋭化した主張のどちらかが残り、暴走します。



ここまで、他人事のように書いてきましたが、実は日本でもこれが起きています。

綱を揺すったのは、安倍晋三氏です。
これにより、右寄りの考えを持つ人々が、先鋭化していきました。

これを外からコントロールしているのが、中国です。
日本が先鋭化すれば、紳士然としてきた戦後日本のイメージを破壊し、アジアのリーダーから引き摺り落とすことができます。上手くすれば、支配できるかもしれないのです。
そこで、綱が揺れるように、軍事的な嫌がらせを繰り返してきたのです。

日本の綱は、激しく揺れ、特に防衛論は極端化していきました。
世界9位の防衛費も、丸腰のように言い、他国への攻撃兵器の増強を訴え始めました。
先の参議院選で大勝した与党は、これを先鋭化させつつあります。

中国は、ほくそ笑んでいることでしょう。
もう一押しで、砦であった憲法9条も改正され、シルクハットとステッキを捨ててアーミーナイフを見せびらかす日本が現れます。
こうなれば、国力で上回る中国は、イメージでも日本を上回れます。それは、徐々に世界に浸透していきます。
アーミーナイフを見せびらかすような輩は、それに頼った行動しかできないので、イザとなれば、どつき合いに持ち込めば潰せます。何せ、3倍の軍資金(日本が倍増後の軍事費の比較)と腕力(GDP)、10倍の兵隊(兵士数も人口も)、20倍の体重(国土の面積)があります。中国側に、負ける要素がありません。
紳士に向かって斬り付けるなら、兵士が嫌がる可能性もあったし、どうやらステッキを使った護身術にも長けているらしいので、兵士の士気は下がるリスクもありました。
でも、アーミーナイフを見せびらかす日本が相手なら、アジアの平和のために言えば、中国の兵士の指揮も上がります。



極端化した相手には、極端な主張しか通らなくなります。
でも、力が強い者なら、極端な考え方でも押し通すことが可能になります。

極端な主張は、一時的に集団内で支配的な地位を得られるかもしれませんが、力の支配になるため、より強い集団に飲み込まれやすくなります。
そして、元々の主張も、より強い力によって押し潰されることになります。
その方向性は、反対していた集団にとっても、不都合な事態になりやすいのです。

日本は、その未来を潰しかねない危機にあります。
それは、意見の極端化にあります。
意見の極端化に歯止めをかけ、何とか綱の上に戻したいと思っています。


対話こそが、 大切です。
かつ、対話が最後の手段と考えるべきです。
でなければ、対話への真剣さを失い、いずれ力だけの世界になります。 

そのことを、私たちは忘れてはなりません。 


有名人で鉄道模型を楽しんでいる方は、少なくありません。
タモリさんや石原良純さんらは、鉄道模型ファンとして知られていますね。
音楽家にも、鉄道模型ファンは多いようで、指揮者の秋山和慶さんやピアニストの小林仁さんも、コアなファンだそうです。
海外では、ロッド・スチュアートさんも、鉄道模型ファンだと聞きました。


無名人の私も、有名人に負けてはいられません。
「Nゲージのジオラマを作ろう!」と思い立ったのです。

とは言ったものの、貧乏人で兎小屋に住んでいる私には、有名人のような大規模な鉄道模型は無理です。
何とか、私でも建設が可能な鉄道模型を、考えなければなりません。
そこで、ゲージの選定から入ることにしました。

鉄道模型のゲージ(軌間)には、海外で一般的なHOゲージ(軌間16.5mm)や、国内の主流であるNゲージ(軌間9mm)があります。
ゲージが狭い方が、レール・レイアウトもコンパクトになります。
ですが、Nゲージでも小型レイアウトとされる900X600mmのレイアウトボードでさえ、我が家では置き場に困るレベルです。
かと言って、Nゲージより更に小さなZゲージ(軌間6.5mm)は、精密になるためか価格は高く、品揃えもこれからの分野です。
初心者の私には、Nゲージ以外の選択は無さそうです。
ですが、Nゲージなら置き場はありません。

いきなり、躓いてしまったのです。

そんな訳で、羨望と諦めの中で、色々な方のジオラマをネット上で拝見していました。



そんな私にも、一条の光が射したのです。

それは、オールインワンの小型レイアウトを、ネットで見付けたからです。
それは、『さすらいのハンマー』さんのYouTubeでした。


御覧になるとわかりますが、驚くほど巧みに作られています。

サイズは、500X430mmで、高さ200mm程度の箱に収めることができます。
電池でも駆動でき、持ち運びも可能です。
レイアウト的には、小判形を基本に、3ヶ所に駅を設け、ポイントも3ヶ所あります。
緑のトンネルもあるので、視線を遮ることで奥行きも感じます。

「これなら、できるかも?!」
お金だけでなく技術もないのに、愚かにも、そんな夢を見てしまったのです。

名付けて、『箱縦本線(はこたてほんせん』の『函内駅(かんないえき)』誘致運動です。
線路を敷いた箱を縦にでき、その函の内側に駅まで置くので、箱縦本線の函内駅です。
豊葦原中津谷の最寄り駅になるはず(?)です。



しかし、ブログで公表してしまうと、後戻りが難しくなってしまいます。

まっ、どうせ滅多に訪問者がないブログです。途中で断念しても、バレないか。
(ネット社会の『ポツンと一軒屋』みたいなものだから・・・)


気長に進めながら、公開していくことにします。
 

今回の参議院議員選挙は、憲法改正を問う選挙です。


参議院議員選挙の性格上、直近の政治課題への影響は限定的です。

今回、124議席が改選されます。
非改選議席は、与党が69議席を占めているので、改選議席124の内、55議席(44%)を与党が獲得すれば、過半数を維持できます。
多少、野党が躍進して69議席を獲得しても、現行の政策への影響は少ないでしょう。

憲法改正には、国会議員の2/3以上が必要なので、参議院では166議席が必要になります。
改憲勢力の非改選議席数は、84議席です。
ですので、改選議席124の内、82議席が必要になります。
護憲勢力が43議席以上を獲得すれば、参議院での改憲の発議できなくなります。
ですが、護憲派が69議席を越えない限り、現行の政策への影響は出ない計算です。
かなりの幅があります。 

ですので、現行の政治を期待しつつ護憲を望む方は、安心して護憲勢力に投票できます。
ですが、もし投票しないのなら、自殺行為に匹敵する重大な未来になるでしょう。

是非とも、投票で意思を表明してください。

 

現時点のアンケート調査で、「参議院議員選挙に行く」と答えた人は、僅か59%だそうです。

期日前投票でも、当日の投票でも良いので、
是非、有効な1票を投票してください。



今回の選挙は、憲法を変えるのか、守るのかが、国民に問われている選挙です。

日本国憲法の良い点は、その理念にあると思います。
その理念が最も現れるのが、憲法の前文です。
自民党草案では、ここが大きく変更・削除されています。
例えば、「恒久の平和を念願」が削除されています。
また、不戦の誓いとも言える部分が削除されています。 
一方で、「国を守る責務」が追加されています。

現行憲法の素晴らしい理念からは、後退する内容です。


とにかく、今回の選挙は、憲法改正の要否を問う選挙です。

今回の選挙結果は、憲法改正を通じて、私たち国民の生命に大きく関わります。
だから、ここで投票を棄権するということは、自らの生命だけでなく、未来の子供達の生命まで、選挙後の国会に委ねることを意味します。


是非とも、投票に行ってください。
悔いを残さないために!

当ブログを読むような方には、赤字国債の使い途は、釈迦に説法でしょう。
でも、語らせてもらいます。


赤字国債は、借金ですから、赤字国債で得たお金は、返済しなければなりません。
なので、赤字国債による収入は、原則として、回収可能な政策に投入すべきです。

政府は、「防衛予算を倍増させる」としており、その財源を赤字国債に頼る計画です。
防衛予算は、国内企業にも多額の装備品販売益をもたらしますが、どんなに好意的に解釈しても、年間5兆円以上の法人税の増収にはなりません。
日本企業の最高納税額は、トヨタの約6600億円です。
これを踏まえると、5兆円の税収増は、有り得ないことがわかります。従業員の所得税増を加える等、最大限に考えても、増加分が1兆円にさえ届くとは思えません。

となると、防衛予算のために発行する赤字国債の償還は、どうやって行うのでしょうか。
現政権は、そんなことは考えていません。


赤字国債は、累積額が莫大になっているため、国内企業は買う余力がなくなっています。
なので、政府は、国内の銀行に一時的に引き受けてもらい、最終的に日銀が引き取っています。
これは、第二次世界大戦中に日本政府が戦費確保のために用いた手段に酷似しています。
財政は、危機的状況なのです。
だから、私は消費税増税に賛成でした。
ただ、消費税だけでは不足しているので、所得税や法人税も、増税すべきと考えていました。法人税を増税する場合に障害になるTPPにも、反対していました。
それなのに、現政権は、「防衛予算に毎年5兆円分の赤字国債を追加発行する」と言うのです。

狂気の沙汰です!

日本の経済も未来も、潰してしまいます。
中国が日本を攻める際には、武力なんか、一切必要ありません。
食糧自給率やエネルギ自給率が低い日本は、海上封鎖でも潰すことができます。
更には、日本が発行した赤字国債を利用する方法も、考えられます。
中国国内の赤字国債を売り浴びせるとか、一時的に円相場を操作し、赤字国債の取引に影響を与えるのでも良いでしょう。
これなら、一切の実力行使はありませんから、日本は武力による応戦は不可能です。
つまり、防衛予算という重荷で、自分で自分の首を絞めることになります。


今回の参議院議員選挙では、私は過去に投票したことがない政党に投票するつもりです。
いつも違う投票行動になるくらい、この選挙は、未来の日本への影響が大きいと考えています。


私と似た考えを持つ方も、全く異なる考えを持つ方も、今回の参議院議員選挙には、必ず投票してください。
今回だけでもキチンと投票しておかないと、強く後悔することになる選挙です。

↑このページのトップヘ