豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 日記

11月に入った頃から、新型コロナウィルス感染症の新規感染者が急増していますね。
欧州でも、10月ごろから増加に転じていましたね。

日本は、GOTOキャンペーンを実施し、イベントの人数制限も緩和されてきていました。
これを見ながら、感染者が増加するのではないかと危惧していましたが、意外にも新規感染者数は増加せず、横這いが続いていました。
私は、ウィルスが弱毒化したのかもと想像していました。弱毒化していないのなら、政府のGOTOキャンペーンは、感染対策と経済活動のバランスを取った上手いやり方と認めなければならないとも、思っていました。
ですが、感染者数が急増しても対応が後手となっている様子から、政府の施策は偶々上手くいっていただけであることが見えてきました。
政府がバランスを制御できていたのなら、対応は後手ではなく、先手を取ることができ、感染者数の増加は遥かに穏やかになっていたはずです。日々の感染者数が、第二波を超えることはなかったでしょう。GOTOの対応を見ても反応が遅れており、政府が感染と経済活動のバランスを取れていたとは思えません。


では、感染者数が急増した理由は何でしょうか。
新型コロナウィルスの感染力が増したのでしょうか。
感染力の変化はないだろうと、私は推定しています。
なぜなら、欧州と日本の両方で同じ傾向が出ているからです。
現在、欧州と日本の間では、人の行き来はほとんどありません。また、2週間の隔離期間があり、欧州の感染者が日本に新しいタイプのウィルスを持ち込む可能性が低いからです。

となると、何が原因で感染者数が増加に転じたのでしょうか。
気候が影響しているのではないかと、私は見ています。
その根拠として、南半球では、顕著な増加は見られないからです。
オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチンの5ヶ国のデータを見ると、増加率のピークは6〜8月頃にあり、現在は鎮静化の傾向を示しています。
どんな仕組みなのか具体的にはわかりませんが、季節が関係している可能性はあるように感じています。
例えば、湿度が高いとウィルスが空中に留まれる時間が短いとか、外気中での生存時間が短くなるとか、寒冷化で生活様式が屋内中心に変わるからなのか、複数の要因なのか、様々な要因が考えられます。

仮に、季節が関係しているのであれば、これからの数ヶ月は、覚悟して対応していかなければなりません。
気合を入れ直し、日々の感染予防に心掛けていこうと思います。

三菱スペースジェット(旧 MRJ)の事業の凍結が、発表されました。
事業凍結はマーケティング戦略を崩壊させるので、再開されることはないでしょう。


当ブログでも、MRJの設計思想について、書いたことがあります。
設計思想自体がフラフラしていたように感じ、それを記事にしました。
設計思想のフラつきの要因の一つは、エンジンの選定にあります。
ギアード・ターボファンが出現し、設計開始後にエンジンを替えたのではないかと、想像しています。そして、無理矢理、STOL性能向上を口実に搭載することを決めたのではないでしょうか。結果的に、STOL性能をエンジンに頼り、スポーツカーのような推力重量比となってしまいました。
ほぼ同規模のBAe146(ギアード・ファンターボ4基)や、ライバル機のエンブラエルE175ESとの比較でも、10%以上も推力重量比が高いのです。
一方で、MRJの主翼は後退角がBAe146やE175ESより深く、それほどSTOL性能を重視しているようには見えません。

胴体の設計にも、アンバランスを感じます。
胴体を細くし過ぎたため、中央翼が胴体下に張り出しています。
ボギー式主脚を収納するために、ある程度の厚みが必要です。胴体を細くしつつ、客室の天井高を高く設定したため、中央翼が胴体下に張り出す形になったのだろうと思います。
この設計は、貨物室が無い、メンテナンス性が低い(配線や配管の整備はキャビンの床を開けるはず)などの欠点も併せ持ちます。



スペースジェット(MRJ)に代わる事業が再開される時、世界は現状のスペースジェットを必要とはしないと思います。
それを踏まえて、新世代の小型旅客機を想像してみたいと思います。

【胴体】
定員は100名以下(標準型で80名程度)とします。
このクラスでは、座席は4〜6列です。
新スペースジェットは、5列とします。その理由は、貨物室の確保に関係しています。
バラ積みではなく、航空コンテナの搭載を可能とします。航空コンテナが搭載できれば、離島航路の郵便や小荷物の宅配にも有効です。
搭載するのは、LD3-46WFです。このコンテナの幅は2.44mあり、その幅を確保すると、4列では成立しにくくなります。
そこで、ダブルバブル(円筒を重ねたダルマ型)断面か、楕円断面とし、客室と貨物室を確保します。
ダブルバブルでは、上側の円筒は直径3.4m、下側は3.1mとします。
楕円ならば、長軸直径3.8m、短軸直径3.6mが考えられます。
私なら、ダブルバブルを採用します。
ダブルバブルでは、円筒の接続部が左右に開く力に対して弱点となります。前述の案では、接続部がキャビンの床面の高さになるので、床面で左右を結合し、強度を保つことができます。
なお、ダブルバブルと楕円の他には、エピトロコイド曲線(例:バンケルエンジンのロータハウジング)や、ハイポトロコイド曲線も検討してみましたが、良い形状は見つかりませんでした。
どの断面を採用するにせよ、胴体の断面形状は下に膨むことになります。この膨らみによって、スペースジェットの胴体下面に張り出していた主翼のフェアリングは、段差が無くなります。
LD3-46WFが搭載できる世界最小クラスになるはずです。これに、1500m程度の滑走路長の空港に発着できれば、離島航路で優位性を発揮できます。
搭載個数は、前部貨物室と後部貨物室にそれぞれ2個程度が搭載できるはずです。ただ、機体が小さいために、後部貨物室に大型の貨物扉を設置しにくいので、後部貨物室へのコンテナ搭載は、ストレッチタイプのみとなるかもしれません。

大きな貨物室にこだわるのは、別の目的もあります。
政府も、2050年のカーボン・ニュートラルを掲げました。当然、航空機も対象になります。
航空機の対策は、短距離は電動ファン、中・長距離は水素やメタンかバイオ燃料のジェットが考えられます。
スペースジェットは、中距離ですので、水素かメタン、あるいはバイオ燃料でしょう。
ですが、バイオジェット燃料は、低温の特性に問題があるとされています。すると、候補は水素とメタンになりそうですが、どちらも冷却が必要なので、翼内タンクを利用できません。巨大なタンクが必要になるのです。
エアバスでは、貨物室に水素タンクを設置する案を発表しています。それを真似られるように、最初から大きめの貨物室を用意しておくのです。

【機体サイズ】
機体の全長は、30m程度とします。
定員を全席エコノミーで80名とすると、5×16席です。座席ピッチを80cmとすると、キャビンの全長は13mほどです。これに、前後の乗降口、ギャレー、トイレ等を含めると、キャビンの与圧区画の全長は、18m弱といったところでしょう。機首がレドームとコクピットを含めて4mくらいとすると、機首から後部の圧力隔壁まで22mくらいです。これなら、全長は30m以内にまとめられそうです。

この規模の機体の最大離陸重量は、概ね35〜40t程度です。ただ、パイロット協会の規約で、リージョナルジェットの最大離陸重量を39tとしているので、これを狙います。
このクラスは、翼面荷重が400〜450kg/m2です。将来のストレッチによる重量増を加味して、400kg/m2付近を考えます。翼面積は、95〜100m2となります。
これは、スペースジェットと同等ですので、主翼は設計を流用します。ただし、胴体は全面変更するので、中央翼付近は設計変更になります。
翼長は、30m前後になります。

【エンジン】
次は、エンジンです。
スペースジェットと同じプラット・アンド・ホイットニーのPW1215Gとします。これなら、内翼の設計は、ほぼ流用できます。
この場合、まだ推力過剰気味ですが、3.5mほどストレッチした定員100名の機体が主力になると考えると、妥当な水準になります。

【降着装置】
悩ましいのが、脚です。
更なる大型化を考えると、エンジンの径は大きくなります。また、水素ジェットエンジンを採用する場合、ファンの径がどうなるのか、わかりません。
その際にも、地表からの吸い込みを防げるだけの余裕を確保したいところです。
スペースジェットは、パイロンが短く、これ以上の短縮は難しいところでしょう。将来を考えるなら、主脚を見直しておくのが得策です。
一方、前脚は、胴体の見直しの影響で、設計変更は不可避です。仮に、脚部の基本構造を流用する場合、胴体が下に伸びるので、胴体に取り付ける前脚は40〜50cmくらい伸びたのと同じことになります。

元々、スペースジェットは、前脚が短く、地上では前傾姿勢です。
DC8のように、前傾姿勢の旅客機は過去にあります。ですが、スペースジェットの設計初期にエンジンの変更を行ったようで、ファン径が大きくなったので、主脚のみを伸ばす設計変更を行ったのかなと、その痕跡が前傾姿勢に残っているのかなと、私は想像を巡らせています。

閑話休題。
水素ジェットエンジンを採用する際には、機内の燃料タンクから水素を供給することになり、配管の断熱や結露・氷結対策が必要になります。また、翼内タンクを廃し、胴体内のタンクとなると、荷重が胴体に集中するので、主翼の付け根に掛かる負荷が大きくなり、内翼の設計変更は必須です。
なので、その際に必要に応じて主脚を見直せば良いでしょう。
ですので、主脚はスペースジェットを流用することにします。前脚も、基本構造を流用します。これで、地上での姿勢も水平になるはずです。

【ストレッチ】
将来の拡張ですが、定員100名の機体も考えられます。
定員は増やしますが、変更点は胴体のストレッチのみとし、エンジンも主翼も変更しません。エンジンと主脚には余裕があり、バランスはストレッチ型の方が良くなるはずです。
中央翼の前と後を3フレームピッチ延長することで、ストレッチ型を成立させます。
標準型とストレッチ型の棲み分けは、標準型が離島航路、ストレッチ型は短・中距離の地方都市間航路とします。
標準型は、エンジンと翼面荷重に余裕があるので、離島航路にも持ち込めます。また、航空コンテナを搭載できる強みで、ある程度の販路を獲得できるはずです。
ストレッチ型は、STOL性能は劣るので離島への就航は難しくなると思います。ですが、定員が増え、後部貨物室にもコンテナを搭載できるようになるので、乗客が少なくても貨物で多少は補完できる強みがあります。
このように、両タイプの性格の違いで棲み分けられると思っています。



私の特異(得意でもある)パターンですが、『捕らぬ狸の皮算用』で、スペースジェットの再開時の希望を書きました。
C1やC2をベースに開発する案もあります。ですが、FAAの承認を得ようとすると作り直しに近い変更になって、C1やC2を旅客機に改良するメリットはなくなり、デメリットばかりになり兼ねません。

私の妄想を書いた訳ですが、多少は説得力があると信じています。
 

25日、萩生田文科大臣が、「感染者を責めないで」と、児童・教職員・保護者に向けてメッセージを発信しました。
趣旨は良いのですが、遅いですね。
5月の学校再開時には、発信しておくべきでした。

当ブログでは、2月24日の時点で医療従事者とその家族に対する差別について言及しています。
(リンク→
 http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/34414396.html )
私は、激怒していました!
当ブログのスピンオフブログでも、5月2日の時点で触れています。
この時、加藤厚労大臣が「新型コロナの医療従事者への差別や偏見に対して、看過できない」と発言したのです。でも、これも遅すぎですよね。


「感染者を責めないで!」
その通りです。
私は、今のところ、感染していません。
たぶん。
感染を完璧に防ぐことは、不可能です。
私は、なるべく三密を避けて、どこにも手を触れないように行動しています。手指の消毒も、どこかに触れる度にしています。マスクも付けています。
ですが、思い返してみると、うっかりと消毒前の手で顔を触れていたり、PETボトルに触れているのです。記憶にあるだけでも、ミスをしているのです。気付かない内にも、ミスしている可能性もあります。
また、マスクをしていても、他人からの飛沫を防ぐ効果は限定的ですから、偶々ウィルスを含む飛沫が漂っていたなら、感染するかもしれません。
また、仕事をしていれば、三密を避けられないこともあります。更には、家庭に持ち帰り、家族に感染させてしまうかもしれません。
感染を完璧に防ぐことは、不可能なのです。

一方で、感染者やその家族に対して、石を投げ付ける事例もあったと聞きます。
新型コロナウィルスに感染しても、犯罪ではありません。
ですが、石を投げ付けたなら、刑法犯です。
そもそも、そんな余分なことをして、何が解決できるというのでしょうか。下手をすると、石を投げ付けるための様々な行動(移動や三密)で感染リスクを上げることにもなりかねません。感染予防の観点からも、石を投げ付ける行為は、馬鹿げています。

私たちは、何ができるのでしょうか。
感染を完璧に防ぐことは難しくても、確率を大きく下げることは可能です。
ほとんど無防備なスウェーデンと、対策を行っているノルウェーやフィンランドとの比較で、死亡率が10倍の差があります。
(感染者数は検査数に左右されやすいが、死者数は影響が小さいので死者数で比較した)
対策を行うことで、感染のリスクを下げることが可能なのです。
私たちがすべきなのは、感染リスクを下げることです。


ただ、「感染者を責めないで」を拡大解釈して、同調圧力への批判が増え、行き過ぎの意見も散見されます。
例えば、「コロナに感染した芸能人が謝罪コメントを出すから、同調圧力が高まる」との意見をメディアでみました。
この意見には、二つの問題があるように思います。
まず、感染した芸能人で謝罪コメントを出す方の多くは、酒席などで三密になった際に感染しています。仕事や生活の中で感染するのはともかく、「三密を避けるように!」と政府が要請しているのに、遊びで三密になって感染したなら、謝罪するのが常識だと思います。
また、病状を心配してくれた人もいるはずです。感染自体は不可抗力であっても、感染とは関係なかった人が緊急で穴埋めしているのですから、逆の立場ならどう感じるのかを考えると、迷惑をかけたこと、心配をかけたことに対して、何らかの説明、お礼、謝罪などの言葉はあっても、おかしくないと思います。
もう一つは、【同調圧力】≒【悪】のように考えることです。
同調圧力には、一長一短があります。
「他人に迷惑をかけない」との日本人の気質が、同調圧力の原点です。これは、自然災害が多い日本に根付いた日本人の生きる術であり、武器でもあります。
もちろん、マイナス面もありますが、現在の日本を作り上げた要因の一つでもあります。
新型コロナウィルス感染症は、感染すると、日本では2〜3%の方が亡くなる病気です。人の命が関係するので、「他人に迷惑をかけない」ようにする日本では、感染しない、感染させないように行動しようとしますし、そのような行動を他人にも期待します。
このような国民性だから、強制力を持たない緊急事態宣言でも、期待された結果が得られたのです。
同調圧力を全否定すると、強制力を持たない緊急事態宣言は効果がなくなり、強制力を持つ緊急事態宣言に変えるしかなくなります。(現行憲法では変更は難しいようだが・・)
そうなってしまうと、『同調圧力』の代わりに、『権力による強制』がやってくることになるだけです。そんな事態になれば、国民の意思や柔軟さが失われて、結果的に、より『自由』が制限されることになります。
【同調圧力】≒【悪】と考えてしまうと、【権力による強制】≒【正義】となりかねず、思慮としては浅いように思います。

なお、感染者に石を投げ付けるのも、差別を行うのも、単に犯罪であって、同調圧力とはまるで違います。これらは、村八分的なもので、同調圧力ではなく、排除圧力です。
こういったものを許すつもりは、全くありません。
その気持ちは、半年前に「新型コロナウィルスで伊牟田が激怒!!」と書いた時から、変わっていません。

メットライフドームでは、西武ライオンズの紅白戦のような試合が続いています。
先攻は、炎獅子ユニフォーム?
4番は浅村選手。先発には岸選手(現在は抹消中)や涌井選手。中継ぎには牧田選手。
やはり、炎獅子ユニフォーム(?)は強いです。打つし、走るし、昨年までの西武打線そのまま!
後攻の白いユニフォームは、打たないし、走らないし、昨年同様なのは投手陣の弱さくらいでしょうか。

それにしても、西武ライオンズは、主力選手の流出が止まりませんね。
ここ数年でも、打撃陣では中島選手、浅村選手、秋山選手など。
投手陣では、涌井選手、岸選手、牧田選手、菊池選手など。
錚々たるものです。
4番や首位打者、エースが短期の内に抜けてしまったのに、2年連続リーグ優勝とは!
流石に、今年は戦力不足の感がありますが、その分、若手が飛躍するチャンスもあります。そこに期待したいと思います。


さて、阪神甲子園球場では、 甲子園高校野球交流試合が行われています。
春の選抜高校野球に選ばれていた学校が、甲子園で各1試合だけの交流試合を行っているわけですが、甲子園の魔物は、これらの試合にも顔を出します。
高校球児の一生懸命さが、甲子園の魔物の大好物なのでしょう。
シーソーゲームは当たり前。
逆転やサヨナラ、一矢報いるも届かなかったりと、最後の瞬間までハラハラドキドキの展開が続きます。
甲子園の魔物は、微笑むことも、悪さをすることも。
残念なのは、魔物から魔力を与えられたような活躍をする選手(ラッキーボーイ)を、今年は見られないことです。全てのチームが1試合しか行わないので、本格的に魔力を発揮する前に甲子園を去っていきます。
是非とも、来年は、春夏共に甲子園が熱くなることを期待しています。

ただ・・・
続きを読む

大阪では、都構想の絡みか、大阪府立大学と大阪市立大学の合併が予定されています。
話題になっていたのは大学名でしたが、先日、『大阪公立大学』と決まったそうです。『大阪都立大学』が希望だったかもしれませんが、『都』になるのか決まっていないので、『公立大学』としたのでしょうか。
大阪は、国立大学、府立大学、市立大学が揃う数少ないところでしたが、これで、全て揃うのは、広島だけとなりそうです。


さて、国立の総合大学の多くは、設置された県名か、県庁所在地名と一致しますが、中には、どちらとも一致しない所もあります。
ちょっと上げてみましょう。

 弘前大学(青森県)
 東北大学(宮城県)
 信州大学(長野県)
 九州大学(福岡県)
 琉球大学(沖縄県)

この中には、メインのキャンパスが県庁所在地にない弘前大学や信州大学も、あります。
特に、長野県はややこしいですね。
国立の信州大学は、松本市にあります。
県庁所在地の長野市には、長野県立大学があります。これとは別に、長野大学があるのですが、ここも公立大学なのです。どうやら、上田市が運営母体のようで、上田市にキャンパスがあります。

変わり種は、奈良県かもしれません。
奈良県には、国立の奈良大学はありません。代わりに、国立では二校しかない女子大学の奈良女子大学があります。

県名とは一致しないものの、県庁所在地名とは一致する大学もあります。

 宇都宮大学(栃木県)
 横浜国立大学(神奈川県)
 金沢大学(石川県)
 名古屋大学(愛知県)
 神戸大学(兵庫県)

日本には、県名と県庁所在地が同じ県は29県ありますが、国立大学の名称も一致するのは、25県もあります。
一致しないのは。青森県、長野県、奈良県、福岡県だけです。

県名と県庁所在地は全部で65ありますが、これらのほとんどは、国立、公立、私立の大学名に使われています。

 札幌市立大学、札幌大学(私立)
 青森公立大学、青森大学(私立)
 宮城大学(県立)、仙台大学(私立)
 神奈川大学(私立)
 石川県立大学
 愛知県立大学
 兵庫県立大学、兵庫大学(私立)
 高松大学(私立)
 松山大学(私立)
 福岡県立大学、福岡大学(私立)
 沖縄大学(私立)

栃木県や前橋市は、それだけを名称としている大学はありませんが、名称の一部に使っている大学があります。

 國學院大学栃木短期大学(栃木県)
 前橋工科大学(群馬県)

上記以外にも、県名や県庁所在地名が大学名の一部になっている場合もありますが、省略させていただきました。

大学名として全く使われていないのは、水戸市、津市、松江市、那覇市だけでした。

まとめると、県名や県庁所在地名は65ありますが、59は大学名にそのまま使われていました。
47の県名は全て大学名となっていて、その内の39は国立大学の名称となっています。
県名とは異なる県庁所在地名は18ありますが、12はそのまま大学名に、2は大学名の一部になっています。

ついでに、現存12天守の所在地の大学も調べてみると、こんな感じでした。
(下記以外にも大学がありますが、省略させていただきました)

 弘前城  :弘前市  弘前大学(国立)
 松本城  :松本市  信州大学(国立)
 犬山城  :犬山市  名古屋経済大学(私立)
 丸岡城  :坂井市  〈なし〉
 彦根城  :彦根市  滋賀県立大学
 姫路城  :姫路市  兵庫県立大学
 備中松山城:高梁市  吉備国際大学(私立)
 松江城  :松江市  島根大学(国立)
 高松城  :高松市  香川大学(国立)
 松山城  :松山市  愛媛大学(国立)
 宇和島城 :宇和島市 環太平洋大学短期大学(私立)
 高知城  :高知市  高知大学(国立)

県庁所在地に国立の総合大学が無い青森県と長野県は、どちらも現存12天守がある弘前市と松本市に国立大学があります。


12天守との関係を書く割には、学科や特色を書いていないので、受験生の参考にもならないですね。

いつものことですが、取り止めのない話をしてしまいました。

↑このページのトップヘ