豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 罵詈雑言

ゴーン容疑者は、パスポートを持ってレバノンに入国しました。
彼のパスポートは、弁護士が管理していたはずですが、彼は持っていました。
そのカラクリは、不可解です。

まず、ゴーン容疑者は、4通のパスポートを持っていました。
内訳は、フランスのパスポートが2通、ブラジルが1通、レバノンが1通です。
これらは、裁判所の命により、全て弁護士が管理していました。
ですが、フランスのパスポートを常時携帯する必要が生じ、フランスのパスポートの1通を鍵付きの箱に入れてゴーン容疑者へ返還しています。そして、箱の鍵は、弁護士が管理することになりました。
この変更は、裁判所が承認しています。

ここまでが、ニュースで流された経緯です。


はて、おかしな話です。
箱から取り出せない状態のパスポートであっても、手元に置く必要があったのでしょうか。
パスポートを確認するためには、箱から取り出す必要があるはずなのに、箱の鍵は手元に無いのです。鍵は、弁護士事務所にあるのですから、鍵を受け取るために弁護士事務所へ足を運ぶことになります。これなら、パスポートを弁護士事務所に置いていても同じことです。
箱に入ったパスポートを手元に置く必要性は、ほとんど考えられません。
なぜ、パスポートを確認できない状態でも手元に置く必要があったのか、不可解です。

一方で、箱からパスポートを取り出すのは簡単です。
ピッキング、鍵自体を破壊する、鍵の取り付け部分を破壊する、蝶番を破壊する、箱自体を破壊するなどの強硬手段の他に、提示する必要が生じたと称して鍵を借り、パスポートを取り出した後で鍵を返す、鍵を借りた際に合鍵を作る等も可能かもしれません。
手元に置く必要性に比べると、管理の甘さは呆れるばかりです。

気になる点は、パスポートを返却した理由です。
裁判所が認めたのですから、公的な機関からの要請だったのでしょう。返却したパスポートがフランス政府発行だったので、公的な機関はフランス政府系の組織でしょう。
更に、保釈時には問題はなく、全てのパスポートを弁護士が管理していましたが、途中で状況が変化していて、保釈条件の変更を行っています。このことから、フランス政府系の組織は、ゴーン容疑者保釈後に、パスポートの携帯を要求したことがわかります。
そう考えると、フランス政府が裏で動いたのでは? と勘ぐりたくなります。


ところで、日本政府が犯人引渡し条約を締結できている国は、アメリカと韓国しかないそうです。
多くの国が数十ヵ国と犯人引渡し条約を結んでいるのに対し、日本は2ヶ国のみなのです。
日本との犯人引渡し条約締結国が少ないのは、他国が日本の司法制度に不信感を持っているためだそうです。

ゴーン容疑者が犯人引渡し条約のない国にいる限り、日本に送還される可能性は低いと思われます。
この状況を踏まえると、ゴーン容疑者は最終的にフランスへ移動するのでしょう。
ただ、フランスの関与を疑われないようにするため、当面はレバノンに滞在するのではないでしょうか。


先日、ゴーン容疑者は各国メディアの取材を受けました。
会見では、新情報は無かったようです。
これは、金の流れ自体は起訴事実の通りだからだと思われます。
ゴーン容疑者は、報酬に強い不満を持っていました。トヨタの社長より高い報酬でしたが、それでも少ないと不満を持っていたそうです。
今回の起訴に繋がった内容は、その不満を抑えるための日産の裏工作との噂もあるようです。
いずれにせよ、ゴーンをアテにし続けた日産幹部が招いた事件には違いないでしょう。


私は、日本の司法制度は大改革が必要と考えています。
以前から、当ブログでは、法体系の整理の必要性は書いてきました。
これとは別に、司法の運用にも問題があることを指摘しておきたいと思います。
裁判を迅速に行うように、法律でも促しています。
ですが、日本人のトップダウンは、結果だけを要求するパワハラ型です。この法律も、結果(裁判の早期結審)だけ要求し、根本を正そうとしていないため、裁判所側が苦労しているそうです。特に、家裁の調査官らに皺寄せが集中しているとも聞きます。
このあたりも、メスを入れてもらいたいものです。

今回の事件は、好むと好まざるとに関わらず、日本の司法制度に世界の注目が集まります。
日本の司法制度を改革するチャンスと捉え、大鉈を振るってもらいたいと、願っています。
 

昨夕、韓国はGSOMIA破棄の一時停止を発表しました。
これを受けて、「パーフェクトゲームだ」と評価する日本政府高官がいるそうです。
ですが、現状は、日韓関係を11月22日の状態のままに、韓国政府が止めただけです。
何も、終わっていないのです。
これで、『パーフェクトゲーム』と言うのですから、その鈍感さと無能さに呆れます。
日本の国力は、徐々に低下していきます。
この状況で『パーフェクトゲーム』と 言ってしまうような人物は、日本の未来には不要です。

当ブログでは、2100のあるべき日本の姿を模索しています。
そちらも参考にしていただければと、思っています。 

早々と政府が再建を発表しました。ユネスコも、それを好意的に受け取ったのか、火災を理由とする世界遺産の解除は考えていない(焼失部分は世界遺産ではないが、管理面からの解除は考えられた)ことを表明しています。


首里城は、ちゅらうみ水族館と共に2019年2月1日から管理を国から沖縄県へ移管されていました。
これに伴い、沖縄県は首里城の使用を大幅に緩和し、催事を行うようになりました。今回も、催事の準備中だったそうです。
今回の出火原因が催事に関連していることが判明すれば、首里城の管理は沖縄県から国に戻されるでしょうし、沖縄県に残るとしても、厳しい使用制限が科せられることになるでしょう。

さて、先日の当ブログで「電気火災」と書いた理由を説明したいと思います。
どんな催事でも、電気・水・ガスのいわゆるライフラインが必要になります。中でも、照明や冷蔵、調理など電気が不要な催事は考えられず、電源確保が必須となります。
携帯発電機を用意することも多いのですが、コンセントなどから電源を取る場合もあります。
もし、正殿内から電源を取るような御粗末な管理をしていたなら、その責任は明確にしなければなりません。
それ故、前回の記事に書いていました。


それにしても、首里城焼失は問題が非常に多い火災です。
なぜ失火したのか。
なぜボヤで消し止められなかったのか。
なぜ他へ延焼してしまったのか。
例えば、出火の確認に時間が掛かっています。熱感知器が出火を検知したのに、人が鍵も持たずに確認に行っています。間抜けなやり方です。

失火の直接的原因と間接的原因、全焼した直接的原因と間接的原因、延焼した直接的原因と間接的原因など、基本的な部分だけでも多岐に渡ります。
おそらく、それぞれに複数の問題が見つかるでしょう。
その全てに対策を示さなければ、再建しても同じことの繰り返しです。
この件は、管理していた沖縄県が真摯に向き合うことが大切になります。

部外者が、憶測を書くことは褒められることではありません。
とうめんは、今後の流れを静観しようと思います。
 

未明の火事で、首里城が焼失してしまいました。
首里城は、琉球王朝の居城であり、琉球王国の歴史を伝える遺産でもありました。
また、『琉球王国のグスクおよび関連遺産群』として、他の4城と共に世界遺産となっています。
文部科学省においては、是非とも、早急に再建の意思を内外に公にしてもらいたいものです。
世界遺産としては城址が対象なのかもしれませんが、ユネスコが登録解除の検討に入る前に、再建の意思を見せてほしいものです。


ところで、気になることがあります。
一つは、失火原因です。
今後、捜査が進むと思いますが、催事の電源を正殿から取っていたためにショートなり過電流なりで起きた電気火災、なんて御粗末な失火ではないことを願います。

もう一つは、火災対策が取られていたのか です。

スプリンクラーは未設置だったそうですが、なぜなのでしょうか。
防火扉や延焼防止の放水装置はなかったのでしょうか。
熱感知器は設置されていたようですが、設置密度に問題はなかったのでしょうか。熱感知器では、物陰の火種は感知が遅れるはずです。
視界外も捉えられる可能性がある煙感知器は、どうだったのでしょうか。
夜間の防犯として、人感センサーは設置されていたのでしょうか。

あまりにも呆気ない焼失を見て、疑問が湧いた次第です。
同時に、スプリンクラーさえ設置していないという、これが多額の費用(100億円以上)をかけて再建した建造物の扱いなのかと、呆れもしました。
寄付した方や納税者に対して、どう説明するつもりなのでしょうか。


最後に、首里城の再建が、政争の具に用いられないことを願っています。
現在、政府と沖縄県は、辺野古移転問題で対立していますが、首里城再建は辺野古移転と分けて検討されるのが当たり前だと思います。
(私は辺野古移転に賛成の考えを持っています)

 熊本城も、一歩一歩、復興を進めています。
首里城も、再建の道を歩んだほしいと考えています。今回の反省に立ち、失火はもちろんのこと、自然災害にも負けない形で再建されることを願っています。
 

回の台風では、多くの方が被災し、避難先から自宅に戻られた方は、現状を目の当たりにされ、辛い思いをされていることと思います。
被災された方々が、1日も早く日常を取り戻すことが出来ることを願っています



さて、敢えて言いす。
今回の災害においても、「川の様子を見に行く」や「田んぼの様子を見に行く」ことで、亡くなったり行方不明になった方が少なからずおられました。
ニュースなどでは、「川の様子などを見に行かないようにしてください」と繰り返し注意を呼びかけていました。
そのような注意を無視した行動は、自己責任では済まされないと、私は思います。

なぜなら、行方不明になったら、消防や警察や自衛隊が捜索しなければならないのです。救出に、多くの隊員が命をかけるのです。
注意を守らない人を
助けるために、命をかけるのです。自己責任では済まされないでしょう


同じことが、逃げ遅れた方にも言える場合があると思います。
大災害でしたが、災害が及んだ範囲は、ハザードマップの記載とほぼ一致していたそうです。つまり、取り残されたのではなく、避難すべきだったのに避難していなかった場合が少なからずあったと思うのです。

避難しなかった理由は個々にあるかもしれませんが、救助に命をかける側の立場で考えていただきたいと思います。


私の親族には、消防の関係者がいます。
避難の呼びかけを無視したり、自ら危険な場所に行った人間のために、我が親族が命をかけるのかと考えると、腹立たしく感じたしだいです

↑このページのトップヘ