豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 罵詈雑言


『カルト問題SNS対策室』さんのTwitterに、次のようなツイートを見つけました。

「科学的根拠があるように装って、科学的でない主張をすることは難しくありません。一般の人向けの宣伝に、聞いたことのない専門用語や初めて見る固有名詞が多用されているものは、ニセ科学やニセ医学の可能性が高いと思って警戒しましょう」


なるほど、以前、スピンオフブログに「EM菌 電磁波のない世界」と題して書いたように、『EM菌』では、専門用語として『電磁波』を持ち出していましたね。
その記事にも書いたように、全ての電磁波をシャットアウトすると、日常生活が成り立たないどころか、地球生命の存亡の危機に陥ります。
「電磁波は防ぐ」ことが何を意味するのか、わかっていないのでしょう。わかっていて「電磁波を防ぐ」と言っているなら、明らかに詐欺です。



閑話休題
これを書かれた方は、基本的に『カルト系』を想定しているようですが、私にはTVを中心としたメディアにも当てはまるように感じました。


メディアは、常に新しい言葉を探しているようです。
ですが、言葉の意味を理解しているかというと、どうも理解はしていないようです。
理解はしていないのですが、理解した気になって、色々と言います。

例えば、ダイエット論です。
聞き覚えのない物質名を持ち出し、ダイエット効果があると言い放ちます。
ところが、最も肝心な質量保存則やエネルギ保存則は、完全に無視されていました。
質量保存則とエネルギ保存則を理解していれば、色々な物質名を知らなくても、ダイエット方法はわかります。
逆に、どんな物質を使おうと、質量を体外に排出する方法を知らなければ、効果は期待できません。

『メルトダウン』も、違和感がありました。
『メルトダウン』は、本来は炉心溶融全般を指す言葉ですが、メディアでは、『全炉心溶融』の意味として使いました。
メディア関係者が『メルトダウン』を使い始めたのは、事故の数ヶ月後でした。おそらく、メルトダウンを知らなかったのでしょう。
知らなかったのに、口撃のネタとして使いました。



意味がわからないまま、報道や口撃に使うのは、ある種のカルトのように思えてきます。

メディアは、真実を報じるのが役目です。
政権監視は、メディアの役目ですが、口撃する必要はありません。
政権が恐れるのは、事実を報じられることです。

第二次世界大戦では、大本営発表が国民に嘘の戦果を伝え続けました。
この時、メディアが「敵機に本土まで侵入されるとは何事か!」と報じていても、意味がありません。
真実の戦果と被害を報じていれば、それで充分なのです。
政権が嘘をつくのは、事実が政権に不都合だからです。
そして、嘘を信じることは、国民に不都合なのです。だから、嘘を押し通すのです。

これを打ち破るためには、下手な口撃は逆効果になりかねません。
政権が嘘をつき通すのは、真実を知られたくないからです。
報道機関の役目は、政権に嘘をつかせないことであり、嘘をつこうとしていないかを監視することです。
真実を基に、どんな行動を取るのかは、個々人の判断に委ねるべきです。
メディア関係者の中には、「馬鹿な国民を教育する」とまで言った人物もいました。
そんな自惚れこそ、政権がメディアを管理するネタになるのです。


当ブログは、メディアに対して厳しい意見を多く書いています。
これは、真実のみを伝えるように、メディアに変わってほしいからです。
今のようなカルト教団のような放送を続けていたら、いずれ政権に揚げ足を取られることになるでしょう。(既に兆しが見られる!)

それを、私は恐れています。

安倍晋三氏の国葬は、法的根拠がありません。
ただ、国葬を利用して、海外要人との会談を行うメリットがあるとしています。

それなら、私が死亡した時も、是非、国葬にして頂きたい。
国葬にして、日本政府と海外要人との会談の機会にして頂ければ、この上のない光栄です。

「うん? 法的根拠?」

そんなものは、必要ありません。
安倍晋三氏の国葬も、法的根拠がありません。
ならば、私の国葬も、同様でしょう。

私は、お国の役に立ちたいのです!



こんな人が増えそうですね。

「ガンダムのスペックはどれくらい凄い?」と題されたマグミクスの記事を見て、愕然となりました。

出てくる単位の全てを間違えていたのです。
ホント、滅茶苦茶でした。



出てきた単位を列記してみましょう。

1380  kw :ジェネレータ出力
82800 kw :上記ジェネレーターの1時間当たりの出力
1.9   mw :ビームライフルの出力
55000 kg :総推力


こんなところでした。



まずは、『kw』から始めましょうか。

発電能力を書いていることから、『kW』の誤記でしょう。
『kW』の『k』は、単位の接頭語で、『×1000』を意味します。
『W』は、仕事率の単位で、MKS系では、『kgm2 /s3 』に相当します。

問題は、仕事率の『W』を小文字で書いていることです。
これは、大文字で表すことが、SI単位(国際単位)で定められています。
『W』に関しては、小文字の『w』で書いても別の意味に誤解されにくいのですが、後述の『M』は意味が変わるので、大文字と小文字は、正しく書くべきです。
でないと、大変なことになりますよ〜! 



次の『1時間当たりの出力』は、ちょー恥ずかしいレベルです。
言いたくはないですが、この筆者のレベルの低さがわかります。

『1時間当たりの出力』を、「1380kwを1時間継続した場合のエネルギ」と解釈するなら、単位は『kWh』で、数値は『82800』ではなく、『1380』です。
つまり、『1380kWh』です。 
SI単位では、『4968MJ』です。

でもね、この筆者は、全く理解できていないのです。
「1380kwがどういう条件での数字なのかも不明」と書いています。
これは、常用出力なのか、最大出力なのか、明記されていないことを指しているのかなぁ? と解釈できないことはないのですが、その後にこんなことを書いているので、何を言いたいのか、さっぱりわからなくなりました。
「例えば1分辺り1380kwを発電するということなら、1時間で82800kwの出力になります」
どうやら、筆者は『kW』も、『kWh』も、全く理解していないようです。
ちょっと意味は異なりますが、「岩の重さが1分当たり1380kgと言うことなら、 1時間で82800kgになります」と言っているようなものです。
つまり、「条件が不明」なのではなく、「kWの意味が不明(無理解)」なのです。
『W』も「Wh』も、中学の理科で学んだはずですが、どうなってるのでしょうかねぇ

ついでに言うと「1分辺り」の「辺り」は、「周辺」との意味なので、誤字です。
正しくは、「1分当たり」です。(理系に誤字を指摘されるとは・・・)



ビームライフルの『1.9mw』は、悲しくなりますね。

『w』については、前述のとおりですので、省略します。
『m』は、『W』の前にあるので、単位の接頭語です。この場合、『m』は、『ミリ』を意味します。
『ミリ』は、『1/1000』を意味します。
つまり、『1.9mw』は、『0.0019W』の意味になります。
室内照明のLED豆電球は0.5Wくらいですから、200分の1にもなりません。
こんな出力のビームライフルで、ザクだけでなく、宇宙戦艦も撃破していったのです。(スンゲェ!)
200倍以上の出力がある豆電球なら、スペースコロニーも破壊できそうです。 
その豆電球の光を浴びても平気な人類は、ゼントラーディ人よりもタフかも・・・
(おいおい、マクロスじゃなくて、ガンダムの話だろ!!)
 
閑話休題。
後の文から、どうやら『m』ではなく、『M』の間違いのようです。
単位の接頭語の『M』は、『×1000000』を意味します。
『m』とは9桁も違います。実に、10億倍です。
これなら、武器になりそうです。

大文字と小文字では、意味が変わるので、正しく書かなければなりません。
気をつけましょう! 



総推力の『55000kg』は、ありそうな間違いです。
通常は『トン』で表現されることの方が多いのですが、厳密に言うと間違いですね。

推力の単位は、『kg』ではなく、『kgf』です。
『kg』は、質量の単位です。
推力は、その質量を地球の重力の中で支えられる力ですから、重力加速度が掛かります。
その場合の単位は、『kgf』で表します。
なので、正しくは『55000kgf』です。

『1kgf』をMKS系に変換すると、『9.80665kgm/s2 』になります。 
この単位は、後で話題にする『馬力』とも関係してきます。
ちょっと、覚えておいてください。 





世の中では、他人の失敗を指摘することを『上げ足取り』と言いますが、裏返ったウミガメのような記事ですので、『上げ足取り』もできません。
(『辺り』を指摘しているところは、『上げ足取り』かな)


単位は、大事です。
例えば、『ドル』と『ユーロ』を間違えたら、どうでしょう。
まぁ、『ドル』と『ユーロ』の差は、大したこともありませんが、『ウォン』と間違えたらどうでしょう。
価値に、約1000倍の差があります。
先程の例では、10億倍の差がありましたから、『1ドル』を『1ウォン』と交換しても、大した話ではないのかも・・・

「上げ足取り」と言う前に、単位の大切さを理解すべきでしょう。


私は、一般の方が『総トン』や『重量トン』、『排水トン』を理解できていなくても、そんなに言うつもりはありません。勘違いしやすいので、仕方ないのです。
(総トンは、容積を表しますが、よく重さとして誤用されます)
これが、船舶関係者や報道関係者が間違えたなら、話は変わってきます。
まぁ、船舶関係者が間違えることはないと思いますが、報道関係者は、よく間違えます。それなのに、一般人に教えようとしているのですから、呆れる以上に腹立たしくなります。

正しい理解は、単位に限らず、非常に大切なのです。






私は、「単位を全て間違えた」としているので、その上げ足なら、取ることができます。

記事の中に出てくる『kN』と『馬力』は、間違ってはいません。
(全部が間違っているわけではなかった!)



でもなぁ〜

『馬力』ですかぁ〜

日本語の『馬力』には、『PS』と『HP』があり、それぞれ僅かに違います。
1.3596馬力/kWで換算しているので、ここでの『馬力』は『PS』でしょう。
おそらく、偶々見付けることができた換算式を使っただけでしょう。
『馬力』は日常的に使いますが、そもそも正式な単位ではありません。
『PS』や『HP』も、SI単位の併用単位にさえなっていません。
『馬力 』ではなく、『W』を使うべきなのです。

この筆者が『HP』の存在を知っていたとは思えませんが、もう少し解説しておきます。
前述の『PS』は、別名『仏馬力』で、地球重力下で75kgの質量を1秒間に1m持ち上げる能力が『1PS』です。
『HP』は、別名『英馬力』で、地球重力下で550lb(ポンド)の質量を1秒間に1ft持ち上げる能力が『1HP』です。
『kW』から『HP』への換算値は、1.341HP/kWです。

古い方の中には、乗用車のカタログが『HP』→『PS』→『kW』と変化していったことを、御記憶の方もいらしゃるでしょう。



もう一つの『kN』は、SI単位ですし、単位としては問題ありません。
解説するなら、単位の接頭語の『k』と、力の単位の『N』に分けるくらいです。

気になるのは、F35Bのエンジン推力を、『182.38kN』としていることです。
『182.38』
何とキリの悪い数字なのでしょうか。

F35Bに搭載されているPW社製のF135-PW-600の最大推力は、41000lbf(ヤードポンド法で記述)です。これをSI単位に換算すると、先程の数字になります。
ポンドをkgに換算し、重力加速度を加味(正しくは抜く?)して、換算します。

それにしても、なぜF35Bなのでしょうね。
F35Bは、STOVL機で、リフトファンを装備しています。リフトファンの接続/断続によって、推力は微妙に違ってきます。
「F35Bの推力」と言われても、どの状態の推力なのか、確信が持てませんでした。
因みに、F35AやF35Cで使われているF135-PW-100の最大推力は、191.27kN(43000lbf)で、F135-PW-600より強力です。
ガンダムとの比較なら、こちらの方が良いように思えます。
(たぶん、『いずも』の取材で、搭載予定のF35Bの資料をもらっていたのでしょう)
「F35Bも、ガンダムも、リフト推力だから、F35AやF35Cのスラスト推力とは違う」との意見もあるかもしれません。
ただ、F35Bのリフト推力は180.82kNですので、182.38kNは間違っていることになってしまいます。
「間違いだ!」言われるくらいなら、「F35Aと比較した方がいい」と言われる方がマシでしょう。





どうやら、
この記事は、理科離れが異常に進んでいる筆者が書いたようです。
特に、WやWhは、中学の理科でも学ぶはずです。
(電気代の単位もわかっていない?!)
でも、平気で書いています。 
おそらく、御自身の理科離れを理解していないのでしょう。
 
理科の実力は、ガンダム好きの小学生レベルです。
同時に、小学生が読むべきレベルにも達していません。


こんなレベルなのに、公共のネットに記事を出す(おそらく原稿料を受け取っている)神経がわかりません。
これで、原稿料が入ってくるなんて、世の中を渡っていくことはチョロいのですね。



筆者が理解できているとは思えませんが、単位は、物理の理解を広げる手助けにもなります。

例えば、馬力をMKS系で表すと、『kgm2 /s3 』になります。
推力の『kgf』をMKS系で表すと、『kgm/s2 』と紹介しましたが、単位がよく似ていますね。
馬力の単位を推力の単位で割ると、『m/s』が残ります。
これは、速度の単位です。
馬力の単位の一つ『PS』は、「地球の重力下(9.80665m/s2 )で75kgの質量を1秒間に1m持ち上げる能力」と紹介しました。この中の「1秒間に1m持ち上げる」は、速度の1m/sです。
つまり、馬力は、推力に速度を掛けたものだとわかります。
 
このように、単位は、異なる物理量の関係性を理解する手助けにもなるのです。

これを知れば、単位を正しく理解し、記述することの大切さがわかり、『上げ足取り』なんて言えなくなると思います。
(こんな説明があれば、小学生には難しくても、中学生に有益な記事になる)



怖いのは、このレベルの記事が、無条件に世の中へ出てくることです。
それは、筆者の周辺の人々も、同レベル以下であることを示しています。
政府は、『技術立国』を標榜していますが、私が見る限り、コロナ対策から見えてくる政府の実力も、同レベルでしょう。

真の問題は、自身の理科離れを理解できていないことです。
過去にも書いていますが、『理科離れ』を指摘する政府やメディアの『理科離れ』こそ、この問題の深刻さを示しているのです。


日本は、先進国の座から滑り落ちつつあります。
それを防ぎたいため、当ブログを運営しています。

御興味がある方は、他の記事も御覧ください。





【追伸】
私は、このネットニュースを7月26日の朝に見つけ、下書きをしていました。
改めて確認したところ、単位は訂正していました。ただ、単位の意味は理解していないらしく、「1分辺りの〜」のくだりは、訂正されていませんでした。
なんと、「辺り」も訂正していませんでした。

私が見た時点で、単位の間違いを指摘するコメントで荒れていましたから、慌てて単位を見直したのでしょう。
ですが、単位の意味は理解できていないので、単位の間違いだけを訂正したのです。

表面を取り繕うより、もっと根っこから見直していく必要があります。
そのためには、自らの『理科離れ』を反省するところから始まります。

でもねぇ〜

本人は『理科離れ』を自覚していないどころか、世間の理科離れを救ってやろうと思っているのですから、危機的です。

何とかならないものかと、頭を抱えています。

 

スリランカの内政が乱れています。

スリランカは、日本と同じように島国です。
人口密度も、322人/km2 と、日本(337人/km2)とほぼ同じです。
日本と同じように、米が主食で、ほぼ自給しています。
日本と同じように、食糧自給率は低く、それ故に、食糧危機に陥りやすい国です。


そのスリランカで、食糧危機が起きています。
要因は、複数あるようです。
まず、通貨の下落によって、食糧輸入が困難になっています。
また、地下水汚染の対策として、化学肥料や農薬の使用を禁止したことで、国内の生産力が低下したことも、関係しています。

通貨の下落は、新型コロナ対策の失敗が囁かれています。
(身近でも、似た話が囁かれていますね)
確かに、スリランカは、感染者数の人口比では優秀です。ですが、強権的な対応が、経済を硬直させてしまったと見られています。
(身近では、今以上に強権的な対応ができるように、憲法を改正しようと・・)

日本とスリランカは、似ている部分が少なくありません。
スリランカの現状を、対岸の火事としていたなら、いずれ日本にも降りかかります。


日本とスリランカの違いは、教育レベルや、他人に迷惑をかけない国民性があります。
また、対外純資産や自国通貨が基軸通貨であること等も、日本に有利に働いているのでしょう。
ただ、日本の国債発行残高は莫大であり、中央銀行(日銀)が半分近くを買い支えている点でも異常です。
また、政府短期証券を含めると、海外に160兆円を超える借入があります。
一つ間違えると、国債の売り浴びせ等で、円は暴落するかもしれません。
そうなれば、たちまち食糧危機に陥ります。
あるいは、莫大な政府債務と中央銀行による国債の買い支えをネタに、円を基軸通貨から外すことを主張された場合、それだけでも円は暴落するリスクがあります。

本当に、スリランカの現状は、対岸の火事ではありません。
スリランカは、食糧自給率でみれば、日本より遥かに良く、65%程度あります。
日本の食糧自給率は、37%とされており、飼料穀物も含めれば、30%程度しかありません。スリランカどころではないのです。

日本のエネルギー自給率も極めて低く、12%を切っています。
こちらも、円が暴落すれば、やや遅れて大きな影響が出ます。
円の暴落のリスクを下げるためには、高い国力を維持していくことと、累積債務の削減が重要です。
国力は、国内の生産力であり、それを支えるのは高い教育レベルや研究・開発です。
累積債務の削減は、増税等の収入の増加と、軍備削減等の支出の削減です。

過去の日本とスリランカを比較すると、日本は教育に力を入れ、軍備を抑え、経済を育ててきました。
スリランカの国防予算は、GDP比1.9%です。
(これも、永田町からか聞こえてくる話に似ているような・・)
過去の日本の防衛予算は、1%前後で推移してきました。

元々、日本はスリランカに似ていましたが、何だか益々似ていくような気がします。

日本がスリランカのような食糧危機に陥る時期は、目の前まで来ているように思います。


日本は、どう未来を描いていくべきか、考え直す時がきているようです。

安倍晋三氏への殺人事件には、私も衝撃を受けました。

人の命を奪うことは、絶対に許されません。



今回の事件は、とんでもない事件です。
犯人が何を望んだかは断片的にしか公表されていませんし、選挙期間中なので、政治的な背景は選挙が終わるまで公表はされないでしょう。


人の命は、非常に大切です。
安倍氏の命も、プーチンの命も、ウクライナの一市民の命も、ロシア軍の一兵卒の命も、私の命も、貴方の命も、同じように大切です。

私は、癌で入院中に、同じように癌と闘う子供達を見ました。あの子達が、癌を克服して元気になることを、切に願いました。
病気に命を奪われるのも辛いですが、他人の凶行で命を奪われるのは、人の心しだいで防げるだけに、辛さより怒りが勝ります。

安倍晋三氏とは、政治の方向性は大きく異なりますが、このような凶行を、私は決して許しません。


私が憲法改正に反対するのは、国民の命を国家の思惑や維持に使わせないためです。
「人の命は地球より重い」
それは、一兵卒の命も同様です。
だから、最小限の兵力での専守防衛を主張しています。
政敵であろうと、力による主張は認めません。話し合いの中で解決を目指すのが、人類の知恵であると、私は考えます。

一部に、「国を守るために、多少の犠牲はやむを得ない」と言う方がいますが、私は、そんな発言は認めたくありません。
今回の事件は、安倍氏、及び自民党には追い風となるかもしれませんが、安倍晋三氏の死を「多少の犠牲」として受け入れる人は一人もいないでしょう。
同様に、私は、日本国民の命も、「多少の犠牲」として受け入れる気はありません。



今回の事件が、政治家への凶行としてではなく、全ての日本国民に対しての命の大切さとして、受け止められることを願っています。




最後に、安倍晋三氏の御冥福をお祈りします。

↑このページのトップヘ