新・風の谷の生活

食糧自給率の向上を目指して!

カテゴリ: 罵詈雑言

最初に言っておきます。
私の考えは護憲です。
それを踏まえて、以下を読んで頂きたいと思います。


民進党の岡田克也代表は、憲法改正をめぐる国会論議について、
「私は9条改正は必要ないと明言しているが、
それ以外は、なるほどと思えるものが出てくれば議論することはないわけではない」
と述べたそうです。
岡田氏は、憲法9条以外には問題がある可能性を認めたことになると、
理解しているのでしょうか。

日本国憲法は、実によくできた憲法だと思います。
憲法改正論は、9条の戦争放棄だけがクローズアップされますが、
基本的人権、思想・信条の自由等、今では当たり前になっている日本の形を作り上げています。
岡田氏は、そういった条文の中には、9条とは異なり問題があるかもしれないとしたのです。
日本国憲法が持つ理念を、どう考えているのでしょうか。
愕然としています。

政治的にもみても、下手な戦術です。
議論するなら、問題の有無を明確にする作業から始めるべきです。
特例を作ってしまうと、他との扱いの矛盾を突かれ、総崩れになってしまう危険があります。
実に情けない政党ですね。


憲法改正派が3分の2を締めてしまったのです。
日本国憲法の全ての条文について一つずつ検証し、問題の有無を真摯に議論すべきです。
そして、問題があるなら、国民に内容を丁寧に説明するべきでしょう。


今回の参議院選挙では、憲法改正を議題にしたのではなく、アベノミクスの信を問う選挙でした。
ですので、憲法改正を前面に置いた総選挙があるべきかなとは思っていますが、
憲法改正派は、絶対に総選挙はしないでしょうね。
となると、2018年12月までが勝負です。

まあ、民進党には憲法を守る能力はありませんね。
別格に扱っている9条さえも、全く守れないでしょう。
護憲派の私の中には、絶望的な空気が流れています。

参議院選挙の投票が終わりました。
今から開票です
ここまで読む間にも、既に多くの議員に当確が出ていることでしょう。

さて、みなさんは納得のいく投票ができたでしょうか。
私は、妥協に妥協を重ねた投票になりましたが、選挙権を行使してきました。

私の考えは、護憲+原発再稼働+増税です。
どれも、ニュースで話題になる大きな問題です。
三つの条件ですから、三つを揃えるには政党は八つあれば良いことになります。
ところが、10程度の政党があるにも関わらず、三つの条件を満たす政党はありません。
仕方がないので、三つの条件の内、二つの条件を満たす政党を探す事にしました。
三つの内の二つを満たすので、3通りのパターンがあります。
つまり、8分の3の確率で私の考えと合致する政党がある筈です。
ところが、ところが・・・これでも私の考えと合致する政党が無いのです。

結局、妥協に妥協を重ね、三つの条件に優先度をつけ、その一つを基に投票しました。


さて、10も政党があるのに、なぜこんなにも偏ったマニフェストになるのでしょうか?
与党側の問題は、改憲に拘っりすぎ、争点隠しを行ったためではないでしょうか。
野党側の問題は、独自の考えが弱く、反政権の主張ばかりを行ったためでしょう。
与党も、野党も、未来の日本の在り方を本気で考えているようには思えません。

だからこその「風の谷の生活」ですが、問題ですよね。

世間を騒がせている(?)未来人ですが、本物なのでしょうか?

「未来人」は、2062年からやってきたのだそうです。
また、これまでにも何度か現れています。
最初は、2010年11月14日に現れ、東日本大震災を警告したのだそうです。
最近では、4月15日に再来を約束していたため、熊本地震と絡めて話題になりました。
更には、5月17日、7月18日に再来すると伝えているそうです。

という事は、自由に時間を遡る事ができるわけですね。


この「未来人」、出現時期に大きな特徴があります。
次の出現日を予測する際、必ず未来の日付を予告しているのです。
つまり、時間の流れが順当すぎるのです。

私が「未来人」なら、最初は2062年から遠くない過去を選びます。そして、慣れるまでは、徐々に過去へとタイムトラベルの距離を伸ばしていきます。
慣れれば、面白そうな時代を探して、色々な時代にランダムにタイムトラベルをします。
最初に訪れた時代から徐々に2062年に近づいていくような時代の選び方はしません。
仮に、警告を与える任務を帯びているとしても、一度で済ませないのはなぜか、との疑問が浮かびます。

「未来人」の出現時期は、タイムトラベルっぽくないのです。


さて、タイムトラベルをする人は、私たちからはどんな風にみえるのでしょうか。

もし、私だけ逆方向に時間を遡れるとします。
私が時間を遡りながら歩いている姿は、あなたにはどう見えるのでしょう。
まず、私は左足を前に踏み出します。1秒遡り今度は右足を前に踏み出します。
これをあなたが見ると、最初に見るのは右足を踏み出している私です。
1秒後は、一歩後退して左足を踏み出している私です。
つまり、あなたからは、後ろ向きに歩く私が見えるのです。
もちろん、時間を遡る私からも、あなたは後ろ向きに歩くように見えるのです。

こう書くと、時間を遡る人は後ろ向きに歩くように見えるだけで、見分けがつかないように思うかもしれません。
でも、
例えば、私が「おらが伊牟田勝美」と言うと、「伊牟田勝美あがろ」と聞こえます。
また、不可逆的な変化は、明らかに異様に見えます。
時間を遡る私がお皿を落としたとします。それをあなたが見れば、お皿の破片が集まって元通りになって私の手元に戻る様子が見えるはずです。

ちょっと面白そうですね。
「未来人」さん。私の前に現れて、時間を遡りながらお皿を落として見せてください。
よろしくお願いしま〜す💖

東京都知事の舛添氏の政治資金の使途について、第三者の調査結果が発表されましたね。

個々の疑義の多くは、「不適切だが、違法ではない」との説明でした。
なぜか、「不適切だが、適法である」とは、一度も言うことはありませんでした。

こうなると、気になるのが、「違法である」と「違法ではない」との境界です。
「不適切」にもかかわらず、「違法ではない」という法律上のグレーゾーンは、
どこまで広がっているのでしょうか?
そして、どこからが違法なのでしょうか?

調べてみると、どうやら政治資金規正法には、使途についての規制はなく、
使用したことを漏れなく記載していれば、違法にはならないのです。
つまり、政治資金は、どんなことにも自由に使用できるようです。
もっと言うなら、今回の第三者の調査は、行う前から結果はほぼ決まっていたのです。
第三者の調査結果で変わる可能性があったのは、
不適切」の単語を付加するか、付加されないのか、だけだったと言うことです。

「不適切だが、適法である」と言えなかったのは、本来は違法性があるのに、
処罰に関する規定が無かったので、「違法ではない」との表現になったのでしょう。

日曜日のフランス戦で、男子バレーボールのオリンピック最終予選は終わりました。
御存知の通り、日本は早々と予選敗退が決定し、7戦中の2戦は消化試合となりました。
とは言え、母国開催ですので、ファンのために手を抜けません。
一方のフランスは、オリンピック出場を決めており、こちらも消化試合。
最終戦は、控えの選手を中心にメンバーを組んできました。
対戦結果は、日本のストレート勝ち。溜飲を下げる結果となりました。


今日のスポーツ関連記事は、男子バレーボールの敗因と今後の強化方法が多くありました。
ただ、内容を見ると、「考えが甘かった」、「最終予選のプレッシャーがあった」、
「もっと海外に出て経験を積むべきだ」等、精神論ばかりでした。
これでは、体格に劣る日本人選手は強くなれないでしょう。

日本は、本来はコンビネーションバレーを真骨頂としていたはずです。
体格には劣っても、スピードとコンビネーションで、高さとパワーをはねのける!
それが、日本のバレーボールでしょう。
アタックは、ミドルブロッカーがクイックに跳ぶ。
ミドルブロッカーが頂点に達した時、サイドアタッカーとバックアタッカーがジャンプを始める。
そして、どちらかのタイミングでアタックを打つ。
こうすれば、相手のブロックは割れ、アタックが決まりやすくなる。
もちろん、こんな早いタイミングでサイドアタッカーがジャンプしてアタックを打つのは、
技術的に難しいし、レシーブを崩されれば出来ない場合もあります。
ですが、基本的な攻撃の形として、このようなコンビネーションバレーを目指すことは、
オリンピックでメダルを取るために必要なのではないでしょうか。
少なくとも、精神論から抜け出せないようでは、未来はないと思います。


さて、最終戦で日本が勝った理由はフランスが控えの選手だったからでしょうか。
私は、それだけではないと思っています。
フランス戦で先発したセッターは、クイックを多用しました。
その結果、フランスのミドルブロッカーは中央に釘付けとなり、オープン攻撃のブロックに
遅れるようになったのです。
それ以前の試合は、9割以上がオープン攻撃だったので、相手チームのミドルブロッカーは
日本のミドルブロッカーのトリックジャンプに引っ掛からず、オープン攻撃のブロックを
固める事ができていました。
その差が、試合結果に繋がった可能性があるのです。


スポーツの世界は、ついつい精神論に偏りがちになります。
精神論から一歩踏み出し、具体的なビジョンを選手に示せるようになれば、
日本のバレーボールの未来も明るくなると思います。

↑このページのトップヘ