豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ: 罵詈雑言

安倍首相が、「2020年に新憲法を公布したい」と、言ったようですね。
同時に、「各党が改正案について、どんな考えを持っているのか、聞いてみたい」とも。

安倍首相は、憲法を改正することを前提にした議論をしようと考えているようです。
本来、憲法を改正するか、しないのかが課題ではありません。
日本のこれからにおいて、どんな課題が予想され、その対策として、憲法改正を含めた取り組みを検討し、行動に移すことが大事なのです。課題が存在しない状態での憲法改正は、絶対に行ってはなりません。

憲法には、為政者の権限を制限する役割もあります。
自民党の改正案は、やたらと政治家の権利と国民の義務の拡大が書かれています。
憲法9条の改正も、為政者に軍事力を与えることになり、その軍事力を国民が負担することになります。為政者の権利の拡大であると同時に、国民の義務の拡大と捉える事が出来るのです。

政府与党が憲法改正に意欲的なのは、明確な課題が無い状態で憲法改正だけを議論しようとしている手法を含め、自分達の権限の拡大を目論んでいるためと考えると上手く説明できます。
更に、安倍首相には、憲法を改正した総理大臣という歴史を手に入れる目的も見え隠れします。


先の入管法改正でも、政治家には物事の本質を見抜く力の欠如が明らかになっています。
そんな政治家に軍事力という権限を与えることを、
                 私は、強く強く警戒しているわけです。


もし、憲法を改正すること自体を目的として突き進むのであれば、2020年は来ない方が良いのかもしれません。

国会では、外国人労働者の受入緩和策について議論されていましたが、いつもの通りに中身のない討論(闘論?)となっています。

そもそも何が問題で、どんな対策があり、それぞれの長短を踏まえてどんなバランスで対策を講じていくのか、討論の中には出てきません。『思い付き』の案と『揚げ足取り』の闘いであり、同じ課題で高校生にディベートをさせた方がまともな討論になりそうです。

そんなレベルなのに、メディアが流す報道も低レベルのコメントしかありません。

 

 

そもそもの問題は、人手不足です。

では、なぜ人手不足なのでしょうか。

一つは、労働者人口の減少です。

労働者人口の減少の原因は、団塊の世代の離職と、少子化による若手労働者人口の減少です。これに伴い、全人口に占める労働者人口の比率も低下しています。

もう一つは、効率の低下です。

効率向上が求められる日本において、労働効率(生産性)が低下しているのです。

 


さて、問題が明確になったところで、基本的な対策を考えてみましょう。

まず、団塊の世代の離職への対策です。

これは、企業の定年年齢の引き上げと、年金支給年齢の引き上げで対応します。

現在、年金支給年齢を60歳から65歳への段階的引き上げを行なっていますが、このまま継続して70歳まで引き上げるのです。

これは、即効性が高く、年金の国庫負担も減らせるので、一石二鳥の対策です。外国人労働者の受入拡大の前に行うべき施策でしょう。もちろん、長期的には、労働力の低下を防げないので、現状の対策です。


続いて、少子化です。

こちらは、要因が多岐に渡るので、少子化対策の一言にまとめます。(別の機会に、私の考えを記事にします)

少子化対策は即効性が低く、長期の展望の中で行っていかなければなりません。

現在の外国人労働者受入拡大は、少子化のみを睨んだ対策と言えそうです。イエローモンキーの代表格である与野党の政治家は、本質を見極められないので、場当たり的に外国人労働者受入を思い付いた与党と、労働者不足の原因を少子化と思い込み、揚げ足取りしかできない野党の論争となるのです。

 


実は、外国人労働者を受け入れると、労働力不足は深刻化する可能性があります。

労働力不足の原因には、労働生産性の低下もあるのです。
これを改善せずに、外国人労働者を受け入れた場合、言葉や文化の違いによるロスが加わるため、更に労働生産性が低下し、労働力不足を改善できない可能性も残ります。

日本の労働生産性は、先進国の水準以下です。
国別生産効率
(参考⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/21139598.html

国家間の労働生産性は、為替で変化しますから、円安になると見た目の労働生産性は低下します。ですから、エンゲル係数を基準にしてみると、日本はアメリカの半分以下、ドイツの6割程度、イギリスやフランスの9割程度という低い水準なのです。食品が安いアメリカは兎も角、欧州各国との比較でも差があるのです。
食糧を輸入に頼る日本の場合、極端な円安は避けたいところです。しかし、円高では輸出が伸び悩んでしまいます。どうしても、高い労働生産性を維持しなければならないのです。
労働力不足を外国人労働者に頼ろうとすれば、今後は激化する東アジアでの労働力獲得競争に巻き込まれ、ますます労働力不足と人件費の高騰に悩まされることになります。

真の問題は、労働力不足より、労働生産性の低下にあるのです。
その原因は多岐に渡り、対策も数多く存在します。
ここでは、一般的な視点とは異なる角度の例を一つ紹介しておきます。
それは法令の整理です。
日本の法制度は、継ぎ接ぎだらけです。そのため、弁護士ら法律家でさえ分野毎に専門化せざるを得ない事態になっています。ですが、法律は国民一人一人が守らなければならない決まり事です。国民が理解しやすい形態に整理すべきなのです。それができれば、遵法も容易になり、労働生産性も少し向上するのです。
もう少し詳しく知りたい方は、下記のリンクを御覧ください。
(リンク⇒http://imutakatumi.officialblog.jp/archives/20664767.html



政府案では、日本には都合の良い制度です。

逆に盛れば、外国人にはメリットが少ない事になります。外国人労働者の奪い合いになったなら、中国や韓国の後塵を拝するかもしれません。
政府案で労働力不足が解消すると考えるなら、間抜けな施策と言わざるを得ません。

当ブログでは、2100年のあるべき日本の姿も模索しています。
今回の労働力不足にも対策案を書いていきますので、御期待ください。

麻生財務大臣は、東大卒の北橋健治北九州市長を「人の税金を使って学校に行った」と批判しました。

では、会計監査院が指摘した1156億円もの無駄は、『人の税金を無駄にした』ことにならないのでしょうか。最高責任者である麻生財務大臣から、合理的な説明を聞きたいものです。

1156億円は、過去最小だそうですが、これは政府の予算が正しく使われなかった額であって、予算の中にある無駄を指摘したものではありません。

また、調査で明らかになった額であり、調査から漏れた分もあるはずですから、実際の無駄はこれ以上でしょう。

 

さて、1156億円の無駄ですが、44.3万人の国立大学生に分配すると約26万円/人になります。

文科省の資料によると、2016年の文系では、私学と国立大との学費の差は21万円ほどなので、財政の無駄をなくすだけで、国立大の学費は賄えます。

因みに、麻生財務大臣は私学の政治経済学部卒、北橋北九州市長は国立大の法学部卒ですから、どちらも文系です。

 

個人的には、現在の国立大の学費は、高過ぎます。

サラリーマン家庭では、国立大であっても二人の子供を大学に進学させるのは、金銭的に厳しいところです。

一人の子供を国立大に進学させると、四年で国産大衆車一台分の学費がかかります。二人なら二台分です。

これは、かなり厳しい金額になります。

「頭が良いなら、お金があるだろう」との考えは、正しくありません。

例えば、ノーベル賞受賞者の多くは、一般人とほぼ同等の収入でした。精々、「ちょっと良いかな?!」といったレベルです。

収入と頭脳の相関は、あまりありません。

国立大の学費は低く抑え、優秀な人材を産み出す力とすべきです。

 

日本は、高い教育レベルで国を発展させました。

これは、途上国の規範となっています。

大切な教育を、自民党政権は国立大の学費を大幅に上げ、優秀な人材を潰してきました。

一方で、設立基準を緩和して無駄な公立大(国立を除く)を乱立(公立大の6割は新設立基準による設立)させ、間接的に国庫から出金しています。

その無駄には言及しない財務大臣は、如何なものでしょうか。


あえて、全文を書きます。

毎日新聞のノーベル賞速報の全文です。
(既に更新はされています・・・)

『スウェーデンの王立科学アカデミーは3日、今年のノーベル化学賞に、米国と英国の3氏を選んだと発表した。
日本からの今年の受賞決定は、1日に発表された京都大高等研究院の本庶佑特別教授(76)=医学生理学賞=だけとなった。
授賞式は12月10日、ストックホルムで開かれ、賞金900万スウェーデクローナ(約1億1500万円)が贈られる。』

ノーベル化学賞は、どなたが受賞したのですか?
何が評価されたのですか?

この記事からは、全く分かりませんよね。

記事から読み取れるのは、国民のほとんどが知っていること!
本庶佑さんの受賞を知らない国民は、何人いるのでしょうか。
日本人受賞者が本庶佑さんだけだとは知っているし、何人が受章するかが重要なのでしょうか。
毎日新聞は、ノーベル賞受賞者の国籍にしか興味がないのでしょう。


国は、基礎研究費の削減を続けていますし、メディアはナショナリズムに犯されています。
こんな国で、今後もノーベル賞受賞者を輩出できるのでしょうか。
暗い気持ちになります。



さて、今年のノーベル賞では、研究テーマ以外の話題がありました。
光ピンセット等の功績でノーベル物理学を受賞したアーサー・アシュキン氏は、史上最高齢の96歳でした。
同時受賞のダナ・ストリックランド氏は、レーザーパルスに関する先駆的研究が評価されたのですが、物理学賞では55年ぶり3人目の女性受賞者でした。
変異を起こした酵素などのたんぱく質の中から有用なものを効率的に選別する「指向性進化法」を開発した功績でノーベル化学賞を受賞したフランシス・アーノルド氏も、9年ぶり5人目の女性受賞者だそうです。


世界に女性受賞者が出ると、日本人女性はどうなのか、話題になります。
それについては、当ブログでも書いています。



欧米をベンチマークにするだけでなく、合理的に考えなければ、良い方向性は生み出されないと思っています。


「MRJは駄作機か?」と問われたら、私は「YES」と答えたいですね。



多くの民間航空機は、標準型を元に機体のストレッチ(伸長型)を行いながら発展させていきます。

同時に、燃料タンクを拡大して、航続距離も伸ばしていきます。

その典型が、ボーイング737型でしょう。

 

737型の初飛行は、50年以上も前の1967年です。

その後、改良を繰り返し、最新のMAX10では、定員230席 全長43.8mにもなる予定です。

では、50年前の標準型は、どんな機体だったのでしょうか。

737型は、727型を基に、三発から双発に変えて小型化し、未舗装の空港を含む地方空港にも就航できる機体として開発されました。エンジンと外翼、機首は727を流用し、胴体の中央付近を短縮しつつ利用し、内翼、降着装置、尾翼等を再設計して完成しました。

このように、急増と言っても良いくらいの機体でしたが、基の727型が廃止になった後も737型は発展を続け、現在に至っています。


 

では、MRJは、737型と同じように、発展させていける可能性はあるのでしょうか。

その前に、MRJと737のそれぞれの標準型にあたるMRJ-70と737-100との比較をしてみましょう。


       MRJ-70    737-100

 定員       76席      115席

 全長     33.4m     28.7m

 重量     40.2t     49.9t

 翼長     29.2m     28.4m

 翼面積    100m²?      102m²  

 推力     7.1t×2基    6.4t×2基

 航続距離  3740km     3000km    


MRJと737は、全長と翼幅はMRJが、最大離陸重量は737がやや大きいくらいで、大差はありません。大きく異なるのは定員で、MRJの76席に対し、737は115席程度となっています。

この違いの一つは、胴体の太さにあります。MRJの座席は2+2の4列ですが、737は3+3の6列です。

意外なのが、両機種の縦の座席数です。MRJは76÷4で縦19席ですが、737は115÷6で縦20席以上です。

MRJは737より4.8mくらい長いので、5〜6列くらい長く取れるはずですが、実際にはほぼ同じ列数しか確保できていません。

その要因は、客室内にバゲージスペースがあるためだろうと思います。

MRJは胴体が細く、床下収納を削っています。そのため、客室後部にバゲージスペースを確保しています。この容量が、5〜6列分(20〜24席分)に相当するようです。

 

MRJは、70型と90型の2種類があり、将来的には3列程度のストレッチ型(100型?)も用意する予定があります。
胴体をストレッチする場合、胴体の太さ(正確には縦の寸法)が利きます。
その指標をみるために、胴体径と全長を確認しましょう。(MRJ-100は推定値)

        ---  MRJ  ---       --  737  --
       70     80    100      100    900
胴体径  2.96m  2.96m  2.96m    3.76m  3.76m 
全長   33.4m  35.8m  37.0m?   28.7m  42.1m
縦横比 11.284 12.095 12.500    7.633 11.197

737-900型の縦横比は11.197ですので、最も短胴の70型でも737型で最も長い900型と同程度の縦横比と分かります。機体のストレッチの余地は、ほとんど残っていないと言えそうです。

 

MRJは、ストレッチの余地を減らしてまで胴体を細くして、空気抵抗を減らすことを優先しました。
ところが、胴体が細すぎて中央翼を胴体内を貫通させることができず、胴体下に張り出しています。
胴体は細くても、機体全体としては細くないのです。

キャビン内の通路の高さを確保するために、中央翼は下に押し出される形となっています。

また、主脚のダブルタイヤを収納するスペースを確保するために、中央翼には一定以上の厚みが必要になります。その厚みは、1.5m以上になるはずです。キャビン内の通路床面から胴体外壁最上部までを2.0mを確保すると、中央翼の下面は、胴体最下部より70〜80cmははみ出すことになります。

MRJの胴体下部の張り出しは、ちょうどこのくらいです。

航空機は、少し迎角をとって飛行するので、この張り出しの前面投影面積への影響は小さいかもしれませんが、無用な気流の変化を生むので、胴体を細くしたメリットは小さくなると思われます。

 

私なら、胴体径を大きくして、5列か6列のシート配置にします。

こうすれば、床下収納庫を確保できるので、実質的なキャビンを長く確保できます。

また、床下収納庫に潜り込めるので、床下に配置する配線や配管のメンテナンスも容易になります。

胴体を延長する際に、胴体の縦のサイズが関係します。
将来的に、ストレッチ型を開発する際に、細い胴体は早く限界に達してしまいます。

胴体を太くするメリットは、細くするメリットを上回るように思います。

 

MRJの推力は、離陸重量に対して大きめです。

MRJの離陸重量と推力の比は、70型は0.353、90型は0.374です。一般的な比率は、0.3±10%くらいです。実際、737-800は0.314です。

737型が乗用車なら、MRJはスポーツカーのようです。

これは、上昇力を稼いで、空港周辺の騒音を減らす設計思想と思われます。

一理あるのですが、経済性はどうなのか、疑問があります。

MRJの燃費は、最良に計算してMRJ-90型で0.311km/lです。

737-800型は、0.217km/lですが、定員が2倍以上も違うので、比較対象が悪いとも言えます。例えば。一人あたりの燃費を計算してみると、MRJ-90型は27.4km/l・人、737-800型は41.0km/と、MRJの方がかなり悪いことがわかります。

ちなみに、MRJのライバルとされるエンブラエルのE175-E2の燃費は分かりませんでした。

私なら、もう少し小型のエンジンを選択したと思います。
少なくとも、MRJ-70の開発を中止し、MRJ-70用のエンジンをMRJ-90に採用したと思います。


MRJの開発は、定員数を決めるところから始まったのではないかと思います。

ニッチを見極めて、定員数を決めたのでしょう。

ところが、エンジンを決める際に、ギヤードタービンの新型エンジンに目が行き、無理矢理採用してしまったのではないかと想像します。
機体の基本構想が甘く、トレンドだけを追い、その結果、全体のバランスを欠いた機体になったのではないかと思っています。

他にも、各部を仕上げる技術者の半数は、海外の人材を登用しているようで、開発のノウハウが企業内に残るのか、不安でもあります。


色々な角度から見ても、MRJは駄作機のように、私は思っています。



MRJの開発の問題は、将来を見据えていないことにあるように思います。
MRJの胴体は、本来は50~60席がベースになるサイズです。
一方、エンジンは、倍の120席クラスの機体を飛ばすこともできる強力なものです。
また、内翼も、エンジンと胴体のクリアランスを考えると、小型化は難しいでしょう。

737の開発から分かるように、改良でも新規開発でも、従来機の機種・胴体・外翼を流用することが少なくありません。初期においては、エンジンを流用する事もあります。
ですが、MRJの後継機を開発する際、胴体を考えると更なる大型化は考えにくいところです。
といって、機体の小型化は内翼が問題です。
胴体を細く作ったことで、MRJを今回のみの機体にしてしまったのです。

このような角度から見ても、MRJは駄作に思えてしまいます。


メディアは、ナショナリズムからMRJを持ちあげますが、国家衰退の空気が流れている気がします。


↑このページのトップヘ