豊葦原中津谷のニニギ

食糧自給率の向上を目指して! (2100年の日本へワープ)

カテゴリ:日記 > 趣味(Nゲージ)


『箱縦本線整備計画』も、レールの輸入元(メーカ)を選定しました。
次なる段階は、用地買収(レイアウトボードの選定)です。

レールを敷設するためのレイアウトボードを、決めなければなりません。


そもそも、私がNゲージを作ろうと思い立つ切っ掛けとなったのは、『さすらいのハンマー』さんのオールインワンのジオラマでした。
そのサイズは、500X430mmでした。
これに近いサイズは、A2(594X420mm)、B3(515X364mm)や、新聞のブランケット版(546X406mm)等があります。

最初は、百均のA2サイズを探すつもりだったのですが、レイアウトボードの裏側の配線を考えると、二重底にする必要があり、その加工も考えなければなりません。
貧乏人の辛いところで、電動工具なんかあろうはずもなく、加工は最小限にしないと、途中で破綻してしまいます。
そこで、ホームセンターでも板材を探すことにしました。
すると、600X450mmの板材に加え、二重底の空間を作る梁材に使えそうな、450X42X10mmの材も見付かりました。

これで、レイアウトボードの大きさが決まりました。
Nゲージのレールをレイアウトし、ジオラマを作るベースボードは、600X450mmに決めました。

これは、標準のレイアウトボード(900X600mm)のちょうど半分の面積になります。



ですが、ここで、新たな難問が現れました。

今回のジオラマは、箱の中に組み込み、片付けやすくするだけでなく、持ち運びもできるように考えていました。
それで、函の重量を計算してみたのですが、意外に重いことがわかってきたのです。
600X450mmで二重底を作ると、厚さ10mmの板なら、梁材を無視しても4kg(比重0.8g/cm3 で計算)を超えます。これに蓋(天板・側面等で構成)や梁材等を加えると、箱だけでも10kg前後になります。
更に、ジオラマ、コントローラ等が加わるので、持ち運ぶには重過ぎるものになってしまいます。
箱を軽くするためには、板を薄くするしかありません。


そこで、全体に板厚を薄くすることにしました。
特に、レイアウトボードになる板は、配線で穴を開けることになります。薄く加工しやすい方が、レイアウトの自由度が上がるはずです。

ですが、スパンが600mm近いと、レイアウトボードが撓んでしまいます。
これを防ぐために、複数の梁を通して補強します。
同時に、梁を境にして二重底の中を区割りし、車両やリレーラー等の収納場所と、配線スペースに活用します。


これで、用地買収は何とかなりそうです。

でも、鉄分が全くありません、
これでは、貧血になってしまいそうです。

・・・?

次回は、少しだけ鉄分を補給できればいいなと、思っています。


Nゲージを作ろうと思い立ちましたが、簡単にはいきません。
まずは、『箱縦本線整備計画』の立ち上げです。
鉄道頭の井上勝の気持ちにでもなって、進めることにします。



まず、どこからレールや車両を輸入(?)するかです。

井上らが頭を痛めたゲージは、私の場合はNゲージで決まっているので、簡単です。
Nゲージの『N』は、ナインの略で、軌間が9mmであることに由来しています。
JR在来線のほとんどは、1067mmの軌間なので、ざっと1/120です。
ですが、面白いことに、Nゲージの車両は、1/150(新幹線は1/160)なのです。
逆算すると、軌間は1350mmです。
これに近い軌間は、京王線や路面電車で使われている1372mmです。
Nゲージは、路面電車と相性が良いのかもしれませんね。



閑話休題
レールの輸入元の選定に戻りましょう。

国内のNゲージのメーカは、KATOとTOMIXが知られています。
それぞれ、レールの規格は異なりますが、接続用の部品を使えば、両社のレールを繋ぐこともできるそうです。
また、車両は、互換性があるので、どちらの車両も、それぞれ他社のレールを走らせることができます。
となると、レールだけを考えて選定できることになります。


両社のレールを比較すると、いくつかの違いがあります。
私は、基本的に外観を気にしません。
なので、違いは、機能的な部分になります。

KATOは、並走線路の間隔を33mmとしています。この間隔を基準に、カーブレールの半径は、117〜381mmの単線カーブレール等が用意されています。
TOMIXは、並走線路の間隔を37mmとしています。そして、半径243〜391mm等のカーブレールが用意されています。
これとは別に、半径177と140mmのミニカーブレール、更に、半径103mmのスーパーミニカーブレールがあります。

カーブレールに関しては、大きな差は感じませんでした。
並走線路の間隔は、半径140mm程度までなら、33mmの間隔でも車両同士の接触はないはずです。
また、こんなに小さな半径なら、走行可能な車両も小型のものだけになるので、実質的には、33mmの間隔で何の問題もないと思います。


ですが、私はTOMIXのレールを輸入することに決めました。
それは、フィーダの取付の自由度です。
鉄道模型では、車両は線路から電源を得ます。線路に通電した電圧によって、車両の走行を制御します。
なので、コントローラから線路に通電する配線が必要になります。

KATOは、フィーダ専用レールが必要になるそうです。(私の情報が古いかも)
これに対して、TOMIXは、ほとんどのレールにフィーダを挿し込むができます。
小型と言われるレイアウトの中でも、小型に分類されそうな大きさを考えているので、フィーダの自由度は、大切な要素です。
なので、TOMIXを選定しました。

だから、競争入札はしません。
いやいや、まだ、ルートも選定が終わってないし、用地買収もまだですね。


有名人で鉄道模型を楽しんでいる方は、少なくありません。
タモリさんや石原良純さんらは、鉄道模型ファンとして知られていますね。
音楽家にも、鉄道模型ファンは多いようで、指揮者の秋山和慶さんやピアニストの小林仁さんも、コアなファンだそうです。
海外では、ロッド・スチュアートさんも、鉄道模型ファンだと聞きました。


無名人の私も、有名人に負けてはいられません。
「Nゲージのジオラマを作ろう!」と思い立ったのです。

とは言ったものの、貧乏人で兎小屋に住んでいる私には、有名人のような大規模な鉄道模型は無理です。
何とか、私でも建設が可能な鉄道模型を、考えなければなりません。
そこで、ゲージの選定から入ることにしました。

鉄道模型のゲージ(軌間)には、海外で一般的なHOゲージ(軌間16.5mm)や、国内の主流であるNゲージ(軌間9mm)があります。
ゲージが狭い方が、レール・レイアウトもコンパクトになります。
ですが、Nゲージでも小型レイアウトとされる900X600mmのレイアウトボードでさえ、我が家では置き場に困るレベルです。
かと言って、Nゲージより更に小さなZゲージ(軌間6.5mm)は、精密になるためか価格は高く、品揃えもこれからの分野です。
初心者の私には、Nゲージ以外の選択は無さそうです。
ですが、Nゲージなら置き場はありません。

いきなり、躓いてしまったのです。

そんな訳で、羨望と諦めの中で、色々な方のジオラマをネット上で拝見していました。



そんな私にも、一条の光が射したのです。

それは、オールインワンの小型レイアウトを、ネットで見付けたからです。
それは、『さすらいハンマー』さんのYouTubeでした。


御覧になるとわかりますが、驚くほど巧みに作られています。

サイズは、500X430mmで、高さ200mm程度の箱に収めることができます。
電池でも駆動でき、持ち運びも可能です。
レイアウト的には、小判形を基本に、3ヶ所に駅を設け、ポイントも3ヶ所あります。
緑のトンネルもあるので、視線を遮ることで奥行きも感じます。

「これなら、できるかも?!」
お金だけでなく技術もないのに、愚かにも、そんな夢を見てしまったのです。

名付けて、『箱縦本線(はこたてほんせん』の『函内駅(かんないえき)』誘致運動です。
線路を敷いた箱を縦にでき、その函の内側に駅まで置くので、箱縦本線の函内駅です。
豊葦原中津谷の最寄り駅になるはず(?)です。



しかし、ブログで公表してしまうと、後戻りが難しくなってしまいます。

まっ、どうせ滅多に訪問者がないブログです。途中で断念しても、バレないか。
(ネット社会の『ポツンと一軒屋』みたいなものだから・・・)


気長に進めながら、公開していくことにします。
 

↑このページのトップヘ